井川メンパ千頭大井屋本店 静岡のお茶摘み弁当箱

井川メンパとは檜の曲げ物に漆を塗った野性味溢れる昔ながらのお弁当箱として主に山仕事をされる方々に愛用されてきた静岡県指定郷土工芸品です。井川メンパの継承者である望月栄一氏に2015年1月より弟子入りしメンパ造りを学び、2016年9月より独立し静岡県榛原郡川根本町千頭に移住し制作から販売まで一貫して行う唯一の直営店を開店。井川メンパ大井屋として活動している前田佳則と申します。メンパの修理だけでなく国産まげわっぱの漆塗り修理承ります。井川メンパの通販始めました。よろしくどうぞ

井川メンパをご利用されている方もこれから利用を検討されている方も、井川メンパの造りの良さやお弁当ライフの心地良さが少しでも伝われば幸いです。私は師匠である井川メンパ6代目望月栄一の元で修業し、2016年9月より大井川鉄道終着駅川根本町千頭にて独立開業した井川メンパ大井屋でございます。漆塗りの曲げわっぱとして最高峰を目指し日々精進して参ります。井川メンパの塗り直しは毎年1月に行います。国産まげわっぱの漆塗り修理始めました。井川メンパの通販しております。メールにて承っています。よろしくどうぞhttps://www.facebook.com/ikawamenpa/ https://ikawamenpa.business.site/

やんばいでございます。川根本町千頭の井川メンパ大井屋店主の前田です。こんにちわ。

さてここ数日作業の合間に改装で不要になった野地板を再利用して水作業場の屋根を板張りにしたりなどしております。



夏は熱中症になるほど暑く冬は凍傷になるくらいに寒い水研ぎ場でしたが、これでだいぶ環境改善されました。屋根って実は本当に大事な箇所ですよね。壁よりも屋根かもしれませんね。古民家の優先順位は。これでスタッフ石関も一心不乱にメンパ作りへ突き進んでくれることでしょう。


さて申し上げにくいお知らせです。

静岡のこの山奥も今までの静寂から一変して少しばかりコロナの影がちらつくようになって来ました。
スッタフも増え、改装中ということもあり感染リスクがどうしても自分の範囲外でもあり得る状況になって来たように思えます。そして現在在庫商品がほぼゼロということもあり、予約や修理の受付だけで営業していくことは感染リスク管理としてはちょっと釣り合わないかと思った次第です。

むしろここはいち早くメンパの在庫を復活させることに集中して、コロナが落ち着いてきたら再開という方向性が妥当だと判断させていただきました。

メンパ屋にいくことを楽しみにしていた方申し訳ございません。明日の日曜の営業終了をもって一旦無期限の店舗営業停止ということにさせていただきます。修理の返却を含め全ての対応をストップさせていただきます。どうしてもこまる方はまずは電話で相談ください。

ということで、現在は再開をいつにするか判断はできませんが、5月いっぱいはメンパも完成が難しそうですので完全休業とさせていただきます。6月大井屋のロックダウンが解除され世の中も正常に動き出すことを願っております。

その間はなるべく、ブログやインスタなどで情報発信に努めたいと考えております。ステイホームでお暇な方はぜひメンパ屋の日々を覗き見してください。割と薄着です。よろしくどうぞ


井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

メンパネーム入れサービスについて
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077960438.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング

やんばいでございます。川根本町千頭井川メンパ大井屋店主の前田です。

さて今日は快晴な奥大井。静岡県でもコロナ感染がまた拡がり始めました。紺碧の青空とは裏腹に世の中はだんだんなんだか息苦しいことになってきましたね。そんな時は井川メンパにご飯をぎゅぎゅっと詰め込んで奥大井の自然の中で食べてみてください。諸々払い清められることでしょう。実は大井屋のメンパにはそういうものも込めているのです。わかる人にだけ分かれば良いと思っておりますが、ただのお弁当箱だと思ったら大間違いです。

古来我々の先祖は身土不二の願いを井川メンパに詰め込んだのですが、それはいつの間にか忘却の彼方へと流れて行ってしまいました。自分が大井屋をやり始めて気づいたことは井川メンパは単なるお弁当箱であるけれど、やりようによっては古来あったであろう滋養と健康を司る大事な道具として現代にいきかえらせられるという直感です。

シンナーを捨て、ボンドを返して、柿渋を自前で作り、漆を植え始めたあたりで気づいたのです。


井川メンパは古来において全てがすでに完成していたという事実に。

ただそれがどうしてそうなった?






山村を捨て、都会に沈澱し脆弱に陥った精神性が恐らく原因だろうと思うのです。



山を捨て、後悔したならば山に戻ろう。人を捨て、後悔したなら人を育てよう。種を捨て、息の根を止めても自分だけ生き残ろうとそれをしてしまうともう元には戻れないでしょう。


井川メンパの種はまだ前田の掌にかすかに残るように感じます。これらを全て育て華咲かせるその日はいつきますでしょうや?そんな井川メンパ古代ロマンが止まらない金曜日です。


明日、明後日の土日通常営業いたしますが、申し訳ありません。売れるメンパはあと5組もありません。





ということで



予約、修理の受付、世間話当たりであれば対応可能ですので作業しておりますがどうぞ見に来てね。マスクは着用して来てください。よろしくどうぞ



井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

メンパネーム入れサービスについて
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077960438.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 

やんばいです!静岡の山雅のお江戸と言えば川根本町千頭。井川メンパ大井屋店主の前田です。こんばんわ。


今日も元気にメンパ作りの1日でした。メンパ作りながら2階は現在改装中でして、床の板が貼り終わっていよいよ雰囲気が変わってきました。



日々の制作の進み具合と併せて日々の風景の変化が激しい最近です。毎日刻々と景色が変わる日々にウキウキワクワクで大井屋お仕事させていただいております。

スタッフ石関はいよいよ大井屋合流後初の蒔絵仕事に取り組んでおります。こちらの方ももっと情報発信していきたいのですが、ネタ確保ということでまた後日に見せびらかしていこうかと。




大井屋ではメンパの仕出し弁当をフォークノットさんというところにお願いしております。
自分が作ったメンパで毎日豪華な昼ごはんを食べているという贅沢がなんだか毎日を色濃くし始めているのです。

やはりメンパの伝道師としては作流だけじゃだめですね。自らが使ってどう思ったのかの日々フィードバックが起きて新しいメンパへと還元されていくというのは絶対大事な行為な気がします。

来年、再来年と進化させていくヒントを毎日いただいているようなそんな気がしております。


コロナ厳しい毎日ですが、皆様と井川メンパが今日も揺るぎない縁で結ばれていくことを願って共に生き抜きましょう。明日もよろしくどうぞ

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

メンパネーム入れサービスについて
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077960438.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 

やんばいでございます。静岡の山奥からおはようを全国の皆さんへお伝えしております井川メンパ千頭大井屋店主前田でございます。ぐっどもーにんぐえびバーディー!!!

今朝も軽薄な調子でお送りしておりますが最近めっきり早起きになってきました。毎朝午前5時45分ジャストに目が覚める前田です。どうしたんだろう?43歳にして本気出し始めたからでしょうか?

 ですので朝はまずコーヒー飲んで2時間ほど木工所で作業するのがルーティーンになりつつあります。先日来店いただいた東京のONIBUSコーヒーさん豆送ってくれてありがとうございます。毎日飲んでます。旨し!!
清水の桜コーヒーさんもありがとう。もう先日の分は全部飲んじゃいました。また仕入れようかしらと思っておりますよ。

大井屋は10時半と3時半くらいにブレイクタイムしてますのでコーヒーとお茶はがぶ飲みするのですが、皆さんお客様が結構持ってきてくれるのでいつもいろんな味を楽しんでいます。お茶とコーヒーはとても人生を豊かにしますね。ギャラリー出来たら振る舞いコーヒーとお茶をサービスしていこうかと思っております。ご期待ください!

さて最近また問い合わせが多いです。もう一回お知らせしておきます。

井川メンパ大井屋は水木定休日です。祝祭日関係ございません。ずっとこのリズムandウルースで展開しております。ブルースではありません。ウルースです。ただ心意気はブルースです。


というわけで今日と明日は定休日です。来店いただいてもいないと思います。

では今日も一日よろしくどうぞ

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

メンパネーム入れサービスについて
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077960438.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 

やんばいでございます。川根本町千頭井川メンパ大井屋店主の前田です。こんにちわ。

さて今日もいつものように仕事が始まりましたが、スタッフ石関いよいよ大井屋合流後初の蒔絵仕事に着手し出しました。



蒔絵に関しては大井屋の前田は素人なのでそこは石関大先生のご教示を受けて学ばせていただいております。師弟関係はあっという間に逆転でございます。

大井屋の名前を展示用のメンパに書いてもらいました。そうなんです。石関の合流で本格的に井川メンパネーム入れサービスが始まりました。

井川メンパのネーム入れサービスについて

お値段は4文字まで一律1300円と消費税で1430円ということになります。屋号とかロゴ入れたい人は相談してください。絵になると格段に手間が増えるのでワンポイント3850円ということにしましょうかね?屋号とかある人はぜひ石関にメンパに書いてもらってオリジナリティあるメンパに育てましょう。


ということで井川メンパ大井屋でいよいよ本格的に蒔絵のメンパ生産が始まります。あっという間に売り切れた蒔絵井川メンパですので、今後もいろんな挑戦を石関とともに繰り出していきたいと思っております。まずは日本の定番的な伝統文様をいくつか制作してまいります。スタンダードが出来上がったらもっと面白い世界観に石関は突き進んでいくやもしれません。メンパを育てるのも、石関を育てるのもここをご覧になっているみなさんのお力あってのものでございます。

今後とも井川メンパ大井屋をよろしくどうぞ


井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング
 

やんばいでございます。井川メンパ大井屋店主の前田です。こんばんわ!

さて今日はですね、とっても普通な1日でしたので特にかけることもないので先日お客様からいただいた店内と作業風景の写真が良かったので載っけときます。


R0401193


















大井屋のお祭り曲物蒔絵師こと石関の華ちゃん。応量器塗っとります。応量器とか大井屋の赤石塗りのお皿たちはギャラリーが完成したら販売していこうと思っております。赤石塗りだって?なんだか新しいワード出てきましたけど、あっかーい漆っていう方向性?みたいな塗りになっていくのですが、まあそれはおいおい小出しにしていこうかと思っておりますので楽しみにしといてくださいな


R0401210

















メンパの前田寡黙に仕事しているふりはすごい得意です


R0401190


















石関もだいぶ親方のいじり方を覚えてきたようです。

R0401211


















親方の背中を見て覚えろ系に見えてめちゃくちゃ論理的かつセンシティブな指導で奥大井では有名な前田さんです。わかりやすく覚えやすくがモットーです

こんな感じの店内と塗り部屋をご紹介しておきました。見学は自由なので希望の方はお申し出ください。その日やってる作業はいつでもご覧いただけます。

と言うことでまた明日!!よろしくどうぞ


井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング

やんばいでございます。川根本町千頭井川メンパ大井屋店主の前田です。こんばんわ

先日テレビに少し紹介されましたスタッフ蒔絵メンパ師石関の初出し丸型Sサイズ浅口蒔絵メンパでございますがめでたく本日一旦売り切れました。



と言うことでここからまた少し本格的に蒔絵メンパ生産していくことにしました。
今回のメンパは石関が大学在学中にすでに仕込んでいた分ですので新しい分はこれから作っていくわけですのでまだまだ時間はかかりますが、次回のメンパ制作分で少しご提供できるようにしようかと思います。

ただ今回はおそらくお皿メンパとか小判型のSサイズあたりを蒔絵メンパしていくことになると思います。だから今回の丸型蒔絵メンパゲットした人は結構ラッキーかもですね。丸型の蒔絵メンパは半年から一年位先にまた作ってみたいと思います。



そして大井屋いよいよ販売できる在庫がほぼ何も無いと言うような状況になりつつあります。毎日に必死でカバ縫いやっておりますのでなんとか来月には小判型を大量に提供できるよう頑張っております。

ちなみにこのカバ縫いと言う桜の革で木を縫い留める作業が一番労力というコストがかかっております。なぜなら大井屋のメンパはボンドを使っていないからです。単純にメンパの裏側の縫い目を数えればわかる話なんですが、皆さんそこをあまり気にしていない様子ですねえ。

デパートで売っているからボンド使ってないと思わないでください。もうそう言う権威でモノを買う時代では無いことはご理解いただけてると思いますが、未だデパート信仰で安心している人が大勢いらっしゃるのであえて言うておきたいと思います。

ボンド不使用な井川メンパは大井屋だけです。これ本当です。ぜひ何が違うのか他にもいっぱいあるので当ブログを穴が開くほど探ってみてください。よろしくどうぞ

ではまた明日!”



井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング

やんばいでございます。川根本町千頭井川メンパ大井屋店主の前田です。こんにちわ

さて今日はやはり朝から大勢のお客様がいらっしゃいました。ほとんど在庫が無いので予約注文となっております。そしてお知らせしておきます。


井川メンパ大井屋は現在予約注文はほとんどが半年から一年待ちとなります。 


申し訳ありませんがどうやらもはやこういう状況になってきております。
そして予約はネットやメールでは承っておりません。今までに大井屋をご利用いただいた方のみ対応させていただいておりますが、それ以外の皆様からは店頭のみでの予約受付となります。申し訳ございません。


みてください。この写真に写っているのが現在販売できる残りの在庫です。

もうね、しょうがない。嘘ついてもしょうがない。全然ありません。そしてそんなにすぐに生産できるようなものではありません。全力で毎日制作しておりますが、大井屋のメンパはシンナー不使用、ボンド不使用でやっております。そういう簡単に早くできてしまうメンパは静岡の駅前か駿府匠宿あたりで買ってください。


と言うことで


大井屋のお祭り蒔絵師石関でも見て楽しんでください。


そんなこんなでテレビに出たのにいきなり売り切れ状態ですが、大体大井屋ってそう言う感じです。期待を裏切らない、裏切りっぷりです。

現在の予定では6月前半から中盤にかけて小判型がいくらかまとまって在庫が出来上がります。その後丸型が出せるのが8月後半から9月前半でしょうか?

ただ今年は5年ぶりに桜皮の採取や柿渋の仕込みが入ってきますので、予定どうりかはわからないのが現状です。

今日もお客様に聞かれました。1組作るのにどれくらいの時間がかかるの?
難しい問題です。シンナー入れたりボンド使ったりすれば1日3組はいける計算になりますが、それをやらないだけで1日1組くらいになってしまうものなのです。

ね?よく言うてるでしょ?一日1メンパと。割と本当のことなのです。

と言うことは、、、、年間の生産数大体わかっていただけると思います。
メンパって非常に貴重なのです。


値上げ、、、、す、、、



もう少し頑張ってみましょうね。と言うことで、メンパ欲しい皆さんはもっとロングスパンでメンパの研究と渇望を楽しんでいただけたら幸いです。


ではまた明日!!

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング
 

やんばいでございます。井川メンパ千頭大井屋店主の前田です。

さてこれも少し大事なお話なのでお知らせしておきます。現在井川メンパを生産しているのは静岡の市街地でやっている井川メンパ望月と我ら川根本町千頭大井屋の2軒です。

望月は生産だけでデパートや販売店へ卸しをしているのでお店がありません。

大事なことなのでもう一回言う時ます。


井川メンパの直営専門店は千頭大井屋だけです!!!



ですから


間違えないでください。


メンパの造りやこだわりは全然違うものだと思ってください。詳しくは当ブログをよく読んでみてください。シンナーの使用やボンドは大井屋は一才使わずに生産している唯一の井川メンパです。

と言うことで皆まで言わなくてもわかると思いますが、同じ井川メンパでも心意気がまず違うと思っていただければと思います。

井川メンパは長く使うものですからよく考えて選びましょうね。ではまた


井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 

やんばいでございます。井川メンパ千頭大井屋の店主前田です。おはようございます。


さて先日ちょっくらテレビに出ましたので問い合わせが増えていますので改めてお知らせしておきます。



井川メンパ大井屋は水木が定休日です。祝日は関係無く水木は必ず休みます。ですので水木以外の祝日は関係無く営業しております。


やんばいでございます。静岡県榛原郡川根本町にございます井川メンパ千頭大井屋店主の前田でございます。おはようございます。

さて昨日は事前告知ができませんで申し訳ありませんでしたが、朝日テレビとびっきり静岡という夕方の情報番組にて井川メンパ大井屋とそこで働く新人蒔絵メンパ師の石関華が特集していただき大きな反響をいただいております。そして今回を機に大井屋を認知いただけた方も多数いらっしゃるようですので現在の在庫情報などの問い合わせが多く寄せられているため事前にご案内させていただきます。


2021年5月時点での在庫は小判型が全て売り来ております。どのサイズも一個もございません。
丸型についてもほぼ全て売り切れておりますが、大型の3LとXLとかは10組程度は残りがございますがこちらも風前の灯火といったところでございます。

今後の生産の予定ですが6月前半から中盤にかけて小判型を中心に在庫が出せそうです。今回は丸型をほとんど仕込めていないので丸型はその先つまり真夏になってしまいます。 半年以上先だとお考えください。

そして大井屋の漆は塗ってから90日程度のホールド期間が必要ですので、使い始めは秋以降と逆算いただければ幸いです。かぶれについては良い漆を使えば使うほど可能性が高まります。皆さんがあまりカブれないだろうと思っているのは安物の漆器しか使ったことがないからとも言えます。実際去年何人かかぶれておりますのでご注意ください。

そして丸型に関してですが、現在のスケジュールを考えて予約を停止させていただきます。小判型のみ店頭にては予約受付対応させていただいております。メール電話にては受け付けられませんのでご容赦ください。


石関のスタッフとしての合流もあり今後生産能力が徐々に上がるとはいえ、まだまだ先の話ですので年内は今とあまり変わらない生産力となりそうですので、今後もちょくちょくと休業もあり得ます。随時ブログやインスタグラムで大井屋の活動状況を監視いただければ幸いです。監視って(笑)

 

さて昨日は久しぶりに木工所にて作業を再開しました。薄着で来てしまった石関は寒いので何か羽織るものをということになり、半被着せられて作業することになりました。特に嫌がりもせず来ていましたのでなかなかのお祭り女かもしれません。かっけえな!


ということで今日も木工所に詰めております。木曜は店舗休業日ですのでご注意ください。

井川メンパ大井屋は基本的に通年、祝日祭日関係無く水木定休で運行しております。どうぞそれに合わせてご来店いただけますようにお願い申し上げます。よろしくどうぞ

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 

やんばいでございます。川根本町千頭井川メンパ大井屋店主前田です。こんばんわ。


さてGW真っ只中ですが川根本町は外からのお客様も多く地元はお茶摘み真っ盛りということで全体的に一年で一番賑わっている。そんな時期になりました。大井屋も終日お客様対応となっており、在庫がほぼ無いに近い状態にも関わらずお求めいただけることありがたく思っております。
ただいよいよ本気で何も無くなりつつあります。ほとんどが予約受付対応となって来ております。次回生産分は小判型が中心となっており、丸型はその先での生産になりますのでだいぶと先になってしまいます。どうしても丸が、、、という人は現在ある大振りではあるけれどの中から選んでいただけたら幸いです。


さて、先日違う話のついでにサクッと報告してしまっていた新人スタッフ石関の蒔絵メンパですが改めて紹介しておこうと思います。


麻の葉紋様と青海波紋様の2タイプを丸型Sサイズ浅浅口という手乗りタイプメンパに施したものです。
石関が大学在学中にすでに制作を始めていました。今回大井屋に合流とともにいち早く商品化できたのも水面下で試行錯誤をやっていたおかげです。



漆の正統派のところで学んで来た石関さんですので、前田の大振りな要求にちょっと困ったりしながらも大体予想より良いものを打ち返してきよる気がしております。ということで、今後もちょっと無理難題を投げかけていき、他にはあまり見ないというか許されないような蒔絵のお仕事を作って行ってオリジナリティ満載なメンパを共作していきたいと思っております。


現在青海波はすでに売り切れ麻の葉紋様が2組在庫があります。店頭のみでの販売となります。ご来店の際はぜひ眺めていくだけでも見ていってください。新しいメンパの有り様を皆で作っていきましょう。いろんなご意見ご要望お待ちしております。


さて連休はまだまだ続きます。皆様楽しくお過ごしください。ではまた明日!


井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 

やんばいでございます。井川メンパ大井屋店主の前田です。こんばんわ。

さて本日は接客しつつほぼカバ縫いという手作業の繰り返しでした。






大井屋の井川メンパは全て接着剤不使用でやっておりますのでこの桜カバで持って縫っていく作業が一番コストがかかっております。見えない努力は必要かと思うのです。皆さんのメンパの内側の縫い目数えてみてください。三つか四つくらいでしょ?少ないんです。つまりボンドが入っているんですよソレ。


まあだから何やねんと思う人もいらっしゃるので別にいいのですが、大井屋のはボンド不使用です。そういう事実があるだけなんでどうぞよくみてください。


先日竹職人まっぽんさんから頂いた竹トング。これこれ。こういうの待ってたんです。

大井屋のギャラリーが出来たらぜひ自分と縁がある作家さんから商品を買い取って大井屋がよろしいなと思ったものをメンパらと共に静岡の皆様へ提供できたらいいなと考えております。

食にまつわる民芸品のお店みたいなイメージでしょうか?どうなっていくのか非常に楽しみです。


それといよいよ夏のメンパに向けて諸々動き始めました。
今回は小判型を中心に制作をやっております。丸型少なめです。つまり丸型は半年後にメイン制作となります。ご容赦ください。
小判型の赤石セットを今回から制作を試みております。ソレも浅口の赤石セットですので海野さん以来の組子メンパになりそうです。楽しみですね。ぜひ制作の状況確認には当ブログとインスタをご活用くださいませ。よろしくどうぞ

ではまた明日!

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング
 

やんばいでございます。川根本町千頭井川メンパ大井屋店主の前田です。おはようごぜえます。

今朝は気温も上々の五月晴れ。大井川上流はご機嫌な天気でございます。今日から大井屋通常営業となり店舗を再開しますのでちょっと早起きしてみました。


昨日から静岡出身大分在住の竹職人松本の兄さんが寄ってくれてちょっと工藝とか未来とかの話などをしながら時間を共にさせていただきました。

漆の株を分けさせていただきましたので、大分に持ち帰って育ててくれるそうです。いつの日かこの漆が大木に育つ頃大井屋も九州で漆かきしたりメンパ売ったりで遊び行きたいものです。


さてさてまっぽんさんに漆のかぶれについて説明していたら気づいたことがあったのでちょっとお話ししておきましょうという事なのですが


お客様の中で俺はたぶん漆にかぶれないと思うよ。と謎の自信を見せることがあります。
漆器を使ったことがあるけれどかぶれなかったとかが根拠になっているようですが、それは間違いですよ。かぶれますよという事を言いたいのです。

正確に言うと大井屋のメンパは焦って使うとかぶれますよ。と言う事です。


世に溢れる現代の漆器は実はあまりかぶれについて説明されなくなって来ているのは事実です。なぜかというと漆器と謳いながら本漆という本物ではなく、代用漆というカシュー塗りであったりとか合成漆器と言ってウレタン塗装だったりするものがほとんどだからです。

漆器だと思って使っていたけどそれ本物の漆器じゃなかったという事がむしろ普通になって来たからかぶれないと思っているだけなのです。

本物の漆はやはりかぶれます。それも安物ですといろんな混ぜ物されて成分が薄まっているのでかぶれずらくもなっています。だからあまり積極的な説明がされなくなって来ています。


大井屋の漆は結構強力なものです。スタッフ石関も早速かぶれております。

おじさんの前田はほとんど被れません。かぶれ慣れたからとも言えますが、先祖から受け継いだ被れなれのDNAがある為です。これ割と本当っぽいのですが、先祖に漆被れを繰り返してきた家系の人は漆にかぶれにくいという特質があるようです。それだけで漆塗りとしてだいぶと才能があるということになっちゃうわけです。




大井屋の漆は通常90日程度置いてからのご利用をお勧めしています。実際去年も何人かかぶれたお客様がいましたから本当に気をつけて様子見ながら使っていただきたいのです。本物の漆100%塗りなので。

シンナーや油類や顔料を添加していない完全な漆のみで塗っておりますのでそのかぶれ力も侮れないのです。まあここから夏場にかけては暖かく湿って硬化が早いので45日程度で大丈夫だとは思いますが、ぜひ余裕を持ってご利用を始めていただきたいと思っております。

ということは?

次回生産分が来月で来たとしても?

すぐには使えないってこと?




そうなのです。ですからぶっちゃけるとすでにこの夏利用できるメンパというのは現在の在庫のみということになるわけですね?残酷ですね?メンパって夏本番じゃないすか?あの大井屋の野郎どういう了見だろう?そう思いますよね?



そろそろ大井川に身を投げようかと思う次第です。探さないでください。淵の主になったとでも思ってください。




ですからね。メンパのご利用は計画的に!なんです。アコム?セコム?あの辺とおんなじですね。


現在予約している人も半年から一年待ちという状況になって来たわけで、さらにそこからお預けくらうわけですよ。ですからほんといきなりは何も用意できないのが大井屋の井川メンパでございます。


もう一度言うておきます。メンパのご利用は計画的に!お願いします。




では、また明日一緒にかぶれましょうね♪今日も1日1めんぱでございます。


井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング
 

やんばいでございます。井川メンパ大井屋店主の前田です。こんにちわ。

さて今日は昨夜の大雨から一気に快晴となり、しばし突風もふくけれど暖かい風で心地良い一年で一番気持ち良い季節感でございます。

明日からの店舗再開ということで現在の在庫状況を新商品紹介とともにご案内させていだきます。

メンパに関しては大変申し訳ありませんがほぼ売り切れ状態です。が多少まだ残っているものなどございますのでご案内しておきます。

小判型Sサイズ1組
小判型超ドカベン1組

以上小判型これ以外ありません。南極点からごめんなさい ・・・次回生産は小判型が中心になりますのでどうぞご勘弁ください。恐らく5月末から6月頭にはと思って作業回してますが、正直ギャラリー展開、新人育成とちょっと遅れるかも。。。その時は腹きって大井川に飛び込むんで探さないでください。



展示品塗り直しましたので連休中サイズチェックと予約は承っております。よろしくどうぞ


丸型の在庫です

丸型3L  3組
丸型XL 1組 
丸型2寸LL 4組
丸型2寸XL 2組

丸型3S 2組
丸型浅口XL 3組

16センチお櫃 1組

という全て合わせも20組もない惨敗状況です。ただこの5月からメンパではない新商品が出てきます。

大井屋新人スタッフ石関による蒔絵メンパ


丸型S浅浅口という手乗りメンパの天板に蒔絵で伝統的紋様を書き、さらに大井屋特製天日黒目漆をかけた重ね塗りのメンパ。何かの記念やプレゼントに最適だと思います。

青海波紋様と麻の葉紋様の2タイプをまずは生産しました。今季限定4組
蒔絵メンパ 1組12100円税込です。こちらの商品は通販対応できません。店舗のみでの販売をまずはさせていただきます。生産力が上がってきた通販も考えていきたいものですがもう少しだけ様子見させてください。

朴木2段小箱9900円税込も復活しました。在庫7組ほどございます。

全ての愛すべき酒飲みの為の漆塗りの升は現在売り切れ中です。もう少しお待ちください


それから今回よりいよいよ千頭カトラリーとして栃木のカレーパスタ皿や銘々皿も店頭での販売を開始しました。詳しくはインスタグラムをご覧ください。

ということで目まぐるしく変わり始めておりますが、店舗はいつも通り祭日関係なく水木定休日でそれ以外は営業というスタイルでございます。

ぜひメンパを見に、大井屋の新しい漆器を見に遊びによってください。

もちろん修理の受付も行なっております。よろしくどうぞ

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 

やんばいでございます。井川メンパ大井屋店主の前田です。こんにちわ。

さて本日は雨の奥大井となりました。今夜はこれからもうちょっと土砂降りとなるようです。
自然というものは面白いサイクルですね。雨が降るたびに少しづつ気温が上がっていく。冬に向かう時はその逆で雨が降るたびに気温が下がっていく。大きな自然の流れの中にもいろんなサインと兆候があるのだろうと思います。

我々は近代にそういうものへ向けていた目を目まぐるしく変わっていく世の流れに奪われ、あえて忘却という方法で持ってそれに対応して来たのかもしれません。古より続いた自然との共存共栄を置いておくことで生まれたスペースでデジタルデバイスに対応するというようなことなのかもしれません。


そんな時代の中で私共が漆を扱うことは先祖からの一つの訓示のように感じます。置きわすれたなら拾いなおせよという思いが降ってくるようなそんな気分です。



漆の木から花が咲きました。今年はどうだろう?しっかり受粉して結実してくれるのか。楽しみに毎日眺めているのです。

大井屋は漆かきにも取り組んだ経緯があるのですが、メンパとその軸を共にするにはまだまだ時間が必要です。漆木を育て、植え、管理しその恩寵をメンパに還元するサイクルを作るまでにあといく年かかるのでしょうか?なんとも見えない未来を如何にして現実に持っていくか?大井屋はここから数年かけてなんとか道筋を立てたいと考えております。

漆かきを教わった高橋康夫さんからのこんな言葉を思い出しました。

漆を掻いていると蟻やミツバチがたくさんやってきて、どうやら漆を舐めとっているように見えるのだということを。

先祖からの伝承によればそれは蟻は漆を巣に持ち帰り補強材料としているということ。蜂も蜂の巣の根元に漆を使っているということ。昆虫達の世界ではどうやら漆はとても大事なマテリアルとして彼らの生活に食い込んでいるようなのです。

そして漆はひょっとすると自分の生存戦略の上に漆を自然界に提供しているのではないだろうか?と最近考えるようになりました。どういうことかというと


一般的に漆の液は漆の木が自分の傷を癒すために瘡蓋のように自衛の為に使っているとされて来ました。確かにそういう部分もあるのかもしれません。ただそれらの現象は必ずしもその一義で起きているとは思えないのです。
自然界の中で漆という木がそれほど痛めつけられるというのはそれほど頻繁ではないからだと思うからです。

では本質的にはなぜ漆は漆液を身に宿しているのか?


昆虫らにそれを提供することによって受粉を行っているとも読み取れる気がするのです。
多くの昆虫らが集まる環境にこそ受粉というサイクルが適合してくることは割と他の植物でもあると思うのですが、それが甘い蜜だったり果実だったりするものです。ただ昆虫により魅力的に感じてもらうには家の補修に使える漆を提供しているという見方も出来る様に思うのです。


いずれにせよ昆虫という世界と植物界という世界はとても親和性のあるものだと思います。漆を如何にして育てるか?答えは文献の中ではなく自然の真理の中に隠されているように感じるのも大井屋流かもしれません。


久しぶりに食べた井川メンパ最中。井川で復活しております。ぜひ皆様もどこぞでゲットしてください。


メンパ用しゃもスプーンもできました。メンパにご飯を詰めるに最適な大きさだと思っています。
曲げしゃもじなんかもいいですが、あれはお櫃用なのです。メンパにはメンパに適した大ぶりなスプーン。しゃもスプーンがよろしかろうと思います。ぜひ大井屋本店にてゲットしてください。



大井屋2階のギャラリー改装が勢いついて来ました。意外に早く完成するかもしれません。まだまだここからいろんなことが激変してくる大井屋の活動をぜひ今後も応援いただければ幸いです。

ではまた明日

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 

やんばいでございます。静岡県の曲げわっぱ井川メンパ千頭大井屋店主の前田です。こんばんわ

さて今宵も温泉をバッチリ決めて今日の疲れは今日のうちにが出来たので余力で持ってブログでも書いておこうとビール飲みながらイマココなメンパ屋です。どもども

休業中とはいえ予約していたメンパを取りに来られたり、修理品の引き取りに来られたり、近所の人がお裾分け持って来てくれたり、なんとなく見かけたので入って来ましたなお客様も今日はたくさんおられましたね。なんだかんだそういうのやってるとあっという間に1日が過ぎてゆきます。これがまた制作とお店の両立を為す難しさとは言え、お客さんと話しをするのは大井屋嫌いじゃ無いからますますメンパ出来るのに時間が掛かるわけです。すいません



天気も良かったのでお店の前で桜のカバを仕立てておりました。大井屋はボンド不使用で井川メンパを作っていますのでこの桜かばの仕立て方もかなり独特になって来ました。ボンドに頼らないと言うことは太古のメンパのようにカバは分厚く切り出す必要があります。

そうなってくると全てにおいて道具立てや手順が変わってきます。望月メンパで修行した時はもちろんボンドを使っていました。でもそれは私は間違いだと思い、大井屋創業以来ボンド不使用を貫いて来ました。年々そこに対するフィードバックも増えて、現在の縫い方やかばザクラの仕立て方は大きく変化して来ています。そう言うマニアックな曲げわっぱの真髄が知りたい人は私を訪ねて来てください。ネットには流さない大事なやり方をお伝えします。

そもそも工藝においては正解、不正解は無いと思うのが大井屋です。あるのは嘘か真かという点です。制作において誠実であることはメンパにとって不可欠なメンタルアティティードです。PMAというアレを思い出しますね。


そういう嘘か誠かは人によって全く意に解さない人もいるわけで、ですからそこを誇るつもりもありません。だから言いたいのですが、大井屋はボンドなんかに頼らず桜カバだけで曲げわっぱ作っているという事実を広く皆さんに知って欲しいのです。


話は変わりまして、現在大井屋2階をギャラリーへ改装しております。日々ドッカンドッカンやってます。施工は川根本町のうずまき工舎スズキのけんちゃんです。今週はけんちゃん親方の大活躍で2階があっという間にスケルトンになりました。今後どんな変化を遂げていくのか?本当に楽しみです。



新人石関の合流、ギャラリー増設と大きな変化が訪れております。ここからの数ヶ月で大井屋は大きく変化していきます。5年の間温めていたいろんなアイデアが結実してくることでしょう。皆さんも目が離せませんね?一日2回はブログチェックが必要かもしれません。コロナで時間余ってしゃあないあなたはぜひ大井屋ブログ目をかっぽじってのぞいていてください。後悔はさせません。うるしにはかぶれるかもですが


よろしくどうぞ



井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください

やんばいでございます。静岡のミラクルな伝統的弁当箱井川メンパを作って手売りに近いような売り方しております井川メンパ千頭大井屋の店主前田です。おはようございます。

さて大井屋近辺が最近お忙しくなって来ております。この4月より大井屋にスタッフとして合流した石関さん。早速日々漆を塗る感じの毎日を過ごしております。



メンパも塗っていますが、修理で持ち込まれた桶に漆を塗ったりもしております。親方前田横からああでもないこうでもない主に漆とは関係無い政治、経済、民俗、宗教という話を繰り出されながら意味もわからず聞き流しながらこの子は順調に漆を塗っていけるタフネスを持っているなあと親方は思うわけです。いや邪魔しているわけでは無いんですよね。これからの大井屋の未来を共有するためにはどんなことを考えていてというのを知っておかないと歩む先がブレてします。今はむしろそういうお互いの指針を調整するそんな仕事始めの時期となっております。

まだはっきり決まっていませんが、もう少ししたら静岡の朝日テレビで大井屋の前田と石関が出ます。先日撮影をしてくれてなんやかんやをしゃべっておきましたので、今後の井川メンパ大井屋の展望についてまた興味のある人はみてください。多分夕方のとびっきり静岡という番組になるとは思います。



さてそんな新世代漆職人を抱えた大井屋が最近考えていることを少しお話ししておきます。


漆の学校を出ていざ漆の仕事に就こうとしてもコロナで就職先が無いとか、あったとしても未だに師弟制度のような雇用条件で給料は無いに等しいと。そういうことが現状の漆器業界周りに置きているということが見えて参りました。正直に申しますとこういうのは本当に正し直す必要があると思うのです。
そういう悪癖を若い人は受け入れざるを得ない現状を変えるにはどうしたら良いのか?少しお話ししておきます。ですから焦って前例を受け入れずに様々な情報を収集してどこかにたどり着く方法、そしてそれを引き出す運というものを信じることをまずはお勧めしたいのです。

自分も井川メンパの望月工房に修行しましたが給料0、フルタイム、ノルマあり、もちろん生活は自活ということを受け入れざるを得ない中1年間という修行期間であればという条件で受け入れました。そして刃物を使う仕事ですので怪我のリスクも負うのですが、労災などはかけてもらえないので怪我してもその後の人生お前の責任だよというそういうひどいものでした。

ただその一年後どうなったか?

仕事のできるようになった人材を失いたくなくなったのかしきりに工房に残ってくれても良いというのです。それは正直大間違いだろうと私側からすれば思ったのです。組織として事業として成長させる場合は抱え込む職人は自らが自らのリスクを背負ってこそ未来の雇用関係が産まれると思うのです。ですから当初の約束通り1年で卒業、、、とはいかずもう3ヶ月無給で働けというのでしょうがねえそれも受け入れたわけです。だから皆さん前田が結構乱暴な人間なんやなと感じるかもしれませんがそうではなくそういう事実をネットに落とさない限りいつかそこで怪我する若者が出るかもしれないので言っているのです。実際望月の親方が去年怪我してます。そろそろ引退すべきです。そういう意味で。これ以上銭に執着して若者を傷つける結果になれば大井屋はちょっと黙っていられません。そういう意味で。




こういうことがどういうことかというと、無給に近い弟子制度を取ると正直親方側にはなんのリスクも無くメリットしかない。であるから、仕事を積極的に教えようという行動に出ない。技術は盗むもんだなどと言い出すのが良い例だと思います。怪我して一人前と言うのも何も考えてないから出る言葉です。



はっきり言えます。自らの子に何かを教える時にそれを盗ませますか?



箸の使い方、食器の洗い方、服の着替え方。親は子にそういうのは見て覚えろだとか盗めだとか赤子に言う馬鹿はおりますでしょうか?
うるしの技術、メンパの技術を見せてやるから勝手に覚えろでは前田のようなメンパキチガイ以外にはなしようもないだろうと言うことです。まあ実際ですから自分も振り返ってみるに修行明けた、移住した、制作を始めた、という時点で望月さんより超えていたわけは絶対無くせめて時間がかかっても同等を目指し、そこから数年で自らで持って井川メンパとは?民藝とは?曲物とは?ヒノキとは?漆とは?柿渋とは?桜とは?という全てのマテリアルの再検証再検討や漆の植栽や、木工漆工の自学を繰り返して来たわけです。遊んでいたわけでは無いのです。ていうかほぼ遊んで無いんです実わ。

幸にしてなんとか古代の井川メンパの製法技法が見えて来た気がする中で、それをどうやって繋いでいくか?非常に大事な選択だったわけです。
甕から落ちる水を全て移すが如くなどとは言いますが、まさに全てをまずは移してあとは自分なりで磨いていくと言うのが正しいのです。それが本来の師弟の有り様でしょうと思うのです。じゃないとどんな工芸も数世代持たないのだろうと思うのです。育ってきたら使ってやるというのはどうやったらそういう上からになれるのでしょう?メンパの始祖でもあるまいに、僕らは何百世代も前の天才の発想と技術を継承し模倣し発展させているだけなのだからそう言う風に考えること自体おかしなことなのです。


別に文句、恨みを言いたいのでは無いのです。それではダメだからこういう風に変えていこうと言うのを良い例だと思って忖度無く喋らせていただいておるわけです。

補助金などを使って職人を養成すると言う方法もありますが、それにおいても要は親方側にはなんのリスクもないわけですから技術の継承というのは分子レベルでは行われないわけです。ぬるっとサクッと表面だけを教えるで留まるわけです。それが師弟制度の根本的破滅要因だと大井屋は確信しています。
そして金銭的に優遇された修行期間を持ってしまった人は、その後の金銭的現実に絶望して工藝の道を去ってしまう。そう言うことになりやすいのも補助金のばらまきだと大井屋は思っています。

当たり前なことです。親方は給料ちゃんと払え。人並みとは言わずとも自活できるくらい払え。そして一生懸命教え込んで早く戦力にして共に戦っていくということなんです。目的を達成することが大事です。補助金をもらうことが大事では無いのです。大井屋は井川メンパを軸にそうやって漆で持って生き抜く人材を今後もゆるりと募集していきます。ユルボっていうアレです。ですが今年一年は石関さんに教える育てるで時間が無いので来年以降合流したい人材です。
今日明日こっちに来たいというてもそれは自由ですが眺めているだけになっちゃうと思います。でもこういう種蒔きは早いうちからが大事だと思うのでお話ししておきました。


大井屋の生活は面白いと思います。でも大事なことが一つ。ちゃんと人生かけてメンパをやりぬく、振り抜く覚悟が大事なんです。そこにおいてはなんの制約もありません。経歴、職歴、年齢、性別。そう言ったものは一才合切加味しません。どんな人間なのか?その一本勝負が大井屋流です。

今後漆を植えて、それを自らでメンパに還元していくという大きなサイクルを作り出そうと心には決めております。ですからメンパに限らずとにかく漆をマテリアルとして利用して生き抜きたい人こそ大井屋に合流願いたいと強く思うわけです。別に竹細工職人でもいいと思いますよ。それはそれで前田いろんなことやらせると思うので



では、新人の皆さん。時間は有限であります。今生で前田とすれ違えるのであれば一度なり二度なりとすれ違ってみましょう。その程度の時間であればいくらでもご用意させていただくつもりです。よろしくどうぞ



井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング

やんばいでございます。静岡県榛原郡川根本町千頭井川メンパ大井屋本店店主の前田です。こんにちわ。

今日は朝から石関は漆塗り、親方前田は発送、接客、水研ぎ。そして2階ではうずまき工舎のけんちゃんが大改装。畳剥がして運んで壁なんかをぶっ壊したりしてました。

お昼ご飯はいつものフォークノット千頭店からメンパ仕出し弁当を頼み3人で食べました。


やはりメンパ飯はみんなで食べると尚のことうまいものですね。これからはしばらく3人ランチになりそうです。

そしてお客様に発送する商品を眺めていて改めていいもんやなと思ったのが漆塗りククサ

ボロボロだったククサ。生き返りました。中は厚塗り、外は木目が透ける木地呂塗り。塗り代3000円でした。これはメンパユーザーだけの特典サービスお仕事なのでククサだけ塗ってねは承っておりませんご容赦ください。
さまざまな方面より大井屋オリジナル漆塗りククサを依頼され始めたので今年中にはなんとか商品として出したいと思っております。秋以降に時間が取れそうかな。やってみたいな大井屋ククサ。ぜひ楽しみにしていてください



大井屋オリジナル商品といえば手彫り曲げしゃもじシリーズです。改めて見るとこれもいいもんだねえ。

値段を少し安くしました。大が3800円小が3300円とさせていただきました。これもだいぶ数が減って来たので次回生産でガッツリとまた作りたいものです。

そういえば漆塗り枡もまた売り切れとなっております。こちらもなんだかだんだん人気がすごくなって来たですね。酒飲みによる酒飲みの為の純粋無垢な漆酒器として今後も安定供給に努めたいと思っております。えへんえへん。



そんな感じで大井屋の2021年4月は怒涛の新展開となって来ました。千頭カトラリーに蒔絵という要素が持ち込まれ、それを展開する為のギャラリーへと改装が始まる。もはやドキドキしかございません。今後も逐一どうや!どうや!とばかりに進捗を見せていきますのでどうぞ楽しみにしていてください。


それにしても展開が早く前田もちょっと気を引き締めて参りたいと思う所存です。今後もよろしくどうぞ

ではまた明日

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 

やんばいでございます。井川メンパ大井屋店主の前田です。

今日も暖かった千頭です。ここ数日日中の気温が夏かよという感じに上がっておりますが、湿度は薄くとても気持ちの良い日々となっております。
そして昨日は水曜定休ということと大井屋さんクルー一同今月お休みがほぼなくこれは少し休んでおこうとなりまして、スタッフ石関ともに前田も休日とさせていただきました。ただメンパ仕出し弁当は休みであろうが食べたいわんぱくな大井屋クルー(まだ二人しか存在してないのですが)

大井屋の目の前大井川まで椅子とテーブルを持ち出しランチミーティングとなりました。


湿度最高、気温最適、景色至極。三拍子揃ったこういう瞬間というのは一年の中でも珍しいかもしれません。文句無いお昼ご飯となりました。ちなみにこのメンパ飯は千頭のfolkkontさんというメンパでも仕出し弁当をつくってくれるお店が近所にありそこから毎日配達してくれるのです。超絶おすすめです。まだ仕出しだけなので一般の人は食べれませんが川根在住の人はぜひ相談してみてください。毎日お昼ご飯が最高になりますこと間違い無しです


メンパ飯の一番正しいのは、まさにこういう自然の中で食べる姿でしょうと作る側から思うわけですが、やたらと自然の景色に馴染むのがまた井川メンパかと思うのです。

草木国土悉皆成仏という言葉があります  

自然の世界にも仏性がある。つまり全てには仏性がある。人間だけに与えられたものでは無いのが仏性である。というような意味ですが、まさにメンパとはこういう森羅万象に溶け込む精神性を表現している弁当箱だと思うわけです。

ちょっと難しいですが、井川メンパはただのお弁当箱ではありません。


山川草木の端端に至る意識の残滓に耳を傾けてこそメンパの真髄が見える気がするのです。
手の指に触れる風、頬を照らす陽の温もり、草木が薫る匂いの中にも全ての恩寵が込められていることに気づかせるのは野に出てからこそ気づく真理だと思います。


メンパはあなたを自然の中に誘うでしょう。


都会のオフィスにいたとしましょう。メンパと連れ立っていったあの山の峰の記憶。あの川べりでの蒼い景色。木漏れ日に染まる木立の下。そういうあなたとメンパとの記憶はどんな瞬間にもどんな場所にでさえも訪れることでしょう。私はそういうつもりで大井屋の井川メンパを作っています。


こういう意味を理解するのは場合によっては難しいかもしれませんが、よく見てください。よく味わってください。また何度でも大井屋に問いかけてください。その繰り返しこそがあなたのメンパを育てていくことになるでしょう。お店を早く再開しまた皆様と会える日々を楽しみにしております。

ではまた明日!

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 

やんばいでございます。井川メンパ千頭大井屋店主の前田です。おはようございます。

さて昨日は川根本町全国1番の気温の高さ夏日となりました。暖かいなと思ったけどまさかそこまでいくとは。でも安心してください。カラッとしているのでまだまだ過ごしやすいですね。これが来月再来月とまたうだるような暑さとの戦いが始まると思うとちょっとめんどくさい。。。体調管理にはメンパ飯。ぜひご利用ください。


そんな暑くなりゆく季節に争うかのような大井屋店舗拡張セルフリノベーションが始まりました。



いつもお世話になっております川根本町の渦巻公社ことけんちゃん工務店と一緒にみんなで改装を始めました。まずは全ての壁と天井と畳を剥がしてスケルトンを目指していきます。毎日少しづつ変容していく様子をお知らせしていきたいと思います。

一体何を始めたのか?気になりますよね?
実は大井屋が昨年度より取り組んでいた無添加オーガニック漆のカトラリー制作がどうやら別軸で動き始めたということです。井川メンパを追求していく日々に気づいたいろんな現代漆器への矛盾と問題点を世に問い提供していくという考えに至った前田くん。ならいっそそれはそれでナチュール漆のお店をつくっちまおう!!というパッションに突き動かされギャラリーに改装していき始めました。

けんちゃんと前田の親方がざっくりと「あそこの壁を窓つけて〜床をこんな感じにして〜いや、ここのサイズがさ〜」という非常に曖昧かつトレンディなやり取りをしている会話を聞いていたスタッフ石関華。翌日何も言わずにイメージ図を書いてきたのですが、、、、と


ちょ、有能やないか君!まさにおじさん達の適当を補完する完璧なイメージ図がそこにはできていたのです。石関さんは高校の時に建築科だったそうで、こういうのはまあササットできてしまうようです。

なんだろう?この師弟関係が一瞬で逆転していくのは気のせいでしょうか?(笑)

ということで改装に関してはすでに新人石関さんがディレクターとなり動き始めました。けんちゃんも施主の前田をすっ飛ばしチーフディレクター石関に仕様を確認し出すという雰囲気になりました。あれ?俺これひょっとして毎日ビール飲んで眺めてさえいれば完成するんじゃ、、、というような展開です。




スタッフ石関にメンパに蒔絵を試作で描かせてみましたらばさっそく面白いものが出来てきました。手始めに伝統的紋様を描かせてみたんですがいきなりいろんなところから反応があり、これは、、、イケる!親方前田確信を得ましたので、ギャラリーのコンセプトがほぼ石関ワールドに展開され前田はむしろ間借りさせていただくような感じになりそうです。

メンパを軸にこの奥大井の自然、文化、歴史、人間模様などを色濃くメンパや食器に刻み込むそういう時代がこようとしておりますことをここに宣言しておくので、7月くらいに完成するだろうギャラリーでの展開もぜひ皆様楽しみに応援いただけますようにお願い申し上げておきます。


さて前振りが長くなりましたが5月の連休の営業についてです。

4月は休業とさせていただき安定して新しい試みにエネルギーを向けられました。ありがとうございました。ですので5月は店舗営業を再開いたしますが、在庫状況は依然として品薄です。丸型の3LかXLというもはやミニお櫃くらいのビッグサイズしかございません。ですのでわんぱくの方のみに販売できそうです。
それ以外の展示品見てみたいとか、修理に持ち込みたいとかの方はご来店くだされば展示品にてご案内そしてご予約を承ります。ただし何度も言っておきたいのですが、大井屋は予約は承れますが納期はありません。基本的に半年から一年待ちの現状とお考えください。本当にそのくらいの状況になっています。ご理解いただけた方のみご来店ください。よろしくどうぞ

連休中は祝日関係なく、いつも通り水木定休にて営業いたします。カレンダーを確認してからご来店ください。またコロナ感染症の拡大に伴い急遽休業をする可能性もございます。当ブログにて最新情報をお伝えしておりますので必ず確認してご来店ください。よろしくどうぞ

ではまた明日


井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング

やんばいでございます。井川メンパ千頭大井屋店主の中年小太り店主の前田です。おいおいっす。

実は明後日で43歳になるようです。そして誕生日といえば私が大井屋の敷地と古家を不動産契約した日。あれからもう丸5年となりました。廃屋に近かった店舗兼住宅を一人でペンキ塗ったり壁に板貼ったりとメンパ作るふりしながらここまでやってきました。


看板を掲げるにすら丸5年を要するという愚鈍さを併せ持つ大井屋。ただこの看板をあげたということは、つまり本気で井川メンパの真髄を世にブレイクアウトさせていこうという決意の表れだったりするのです。



自分でも思うのですが、メンパで飯食うと幸せになります。なぜかって?

美味いだけじゃない。手触りや唇が触れた時の触感。軽さ。心地の良い匂い。記憶の断片に染み入る母や父や伴侶の愛。そういうものをメンパを使えば皆さんに提供できると大井屋は結構本気で信じているのです。だって自分がそうなんだから。。。


井川メンパ5人衆の話

このログはもうだいぶ前に書いたはずなのに今だに結構読んでいる人が日々いるようで、恐らくそれだけ潜在的には井川メンパを志したい若者がいるだろうこと。この中年小太りおじさんはわかっているのです。だから言いたいのですが、やりたいのであればやれるように自らで動けということです。

スタッフ石関は一年半をかけて大井屋にアタックをかけて自らの道を切り拓き、千頭に移住してきました。そこまでの心意気があってこそ初めて未来のメンパが見えてくるのです。

よく修行できないか?将来雇ってもらえないか?というアプローチが来るのは割と実はあるのです。
ただよくよく観察しているとほとんどの場合、自らを律して動いているわけではなく家族に連れてこられたり移住転職のついでに安パイとしてだったり、心の底で本気というのが見えてこない人がほとんどでした。正直に言わせてもらうと井川メンパはそれほど軟弱な生き方ではなく、白刃の上を素足で歩くかの如くに自らを導ける人間でなければ到底生き抜いては行けないそういう困難を伴うものなのです。

ただ自分は自分と同じ人間を求めてはいない。同じようなタフネスさや人生観は求めていないのです。あなたが本来持っている自分の人生観や精神の有り様で井川メンパを共有できる人材を求めているのです。
技術などというものはメンパの始祖から代々受け継いだものであるし、そういうものは誰にだって理解はできるのしさせていくのですが、ことその先にあるであろうそのメンパ職人の心のずっと奥の方にあるナニカが見えてこない限りにはやる必要もやらせる必要もないと思うのです。



 
見ていないようでいて、見ている。見ているようでやっぱり見ている。そういうのが俺のこれからの仕事だろうと思うのです。


何度でも言っておきたいのです。井川メンパは私のものではない。ましてや望月さんのものでもない。家族を想いながらいつまでも使い続けていく皆さんのものです。これは絶対だと思っています。


それが感覚的にでも理解できるかどうか?そういうのがとても大事なのです。


子を育ててわかるのです。守り、伝えることはできるけれどもどういう道を歩むかは親が選べるものではないのです。そこを操ろうとする前に親は確かな自分を見せて子の道標としてだけ佇むだけしかできないのです。

井川メンパが今後どのような歩みをするか?それを意図的に俯瞰しながら導くということは可能ですが100年先に実際どうあるかなどは私がどうこうできるものではないのです。5年やってみてわかったこと。寿命さえあればなんとか盤石に持ち込める感じが見えてきたように思います。あと30年ほどは寝ないつもりでやり切っていきたいものです。いや気持ちの問題です。決意表明ですからね。。。。


ということで今日も1日1メンパでごぜえました。また明日!!

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング


 

やんばいでございます!井川メンパ千頭大井屋店主の前田です。こんにちわ。

さて今日もなんやかんややっておりましたがあっという間に1日が終わりそうです。

でもってちょっと申し訳ないお知らせです。年末くらいから古い菓子器をリメイクした四角い角メンパを7.8組ほど販売させていただきましたが、菓子器ですのでそもそも汁もれがする構造だったのに前田気づきが至りませんでした。申し訳ありません。

ですので底の補修と塗り直し対応をさせていただきたいと思っております。該当されている方はメールでメールでお知らせください。米だけ詰めてる分には問題ありませんが、汁もれが恐らく起きていると思うので無償対応をもちろんさせていただいております。

ということでどうぞ前田宛に連絡いただければと思っております。大変申し訳ありませんでした。どうかこの連絡が届きますことを願っております。よろしくどうぞ。

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 

やんばいでございます。川根本町千頭の井川メンパ千頭大井屋店主の前田でございます。おはようでございます。

昨日は早速新人石関さんにテレビの取材が入り大井屋は1日密着取材を受けておりました。時々取材を受けるのですが丸一日というのは初めかな?なかなかのボリュームで自分のことではないとなるとなんだか逆に気遣いがあったようで夜はぐったり(笑)おじさんも大変です。


静岡ローカルではありますが、県民の皆さんがよく見ている夕方の報道番組です。詳しくはまた詳細が確定しましたら後日ご案内しますので興味のある人は楽しみにしていてください。

さてここ最近は三日おきくらいに雨が降る奥大井。ちょうど筍の季節で川根本町は実は竹藪がかなり多い地域だそうであちこちで筍の収穫やおすそ分けが展開される時期となりました。しかし雨後の筍なんて言葉があるように、この春の時期は定期的に雨が降る。面白いものだなあと今朝曇天の天上を見上げて思ったものです。




娘が年少さんに進級したので毎日ご飯を持っていくようになりました。赤ちゃん用丸の3Sというメンパがありますが、それにご飯を詰めて持たせたら多かったようで、実は公表はしていなかった4Sという最小サイズのメンパがありそれを持たせてあげると毎日完食してくれているようです。ついでに漆オン漆塗り箸とミニスプーンをばあばが作ってくれたお箸入れと巾着に入れて持たせています。完全なるメンパ英才教育が始まっております。20年後楽しみですね。

お箸や漆塗りのスプーンや巾着袋も実は店舗で販売しております。安い、綺麗、楽しいです。ぜひプレゼントなどにご利用ください。手作りのセットてなかなかないものですよね。こちらのカトラリー類はフリーハンドで切り出している商品ですので個体差があります。ですから通販は基本的には承れませんのでご了承ください。店舗販売のみです。





お昼のメンパ飯も日々満腹満足の毎日になってきています。今年は本当に恵まれた日々になってきたなあ。メンパ作って楽しいに、食べて美味しいな毎日がついてくる大井屋の仕事は最高だとスタッフ石関も本心で言っておりました。メンパののっけ飯はまじ最高です!ぜひ参考にしてください


さて今日も一日1メンパでございます。また明日!

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング


 

やんばいでございます。井川メンパ大井屋前田です。今朝は雨も止んで徐々に晴れ間が見えてきた奥大井。元気にメンパ作りスタートしています。

昨晩ちょっとfacebookになんとなく書いた内容が結構な内容でしたのでブログにも載っけとこうと。

ちなみに大井屋はfacebook,インスタとかと個別にいろんな呟きぼやきを載せていたりしますので、もう少し前田の変態的な部分に興味がある皆さんはぜひフォローしてみてください。



見えない世界の話

 
別に怖いお化けの話をしたいわけじゃない。今日は確定申告も終わりほっとしているので無駄話みたいな未来の話を少ししたいと思う。
メンパとか漆とかをやり始めて良く感じることがある。僕らは諸々の本質を置き去りにしやすい癖があるということに。
どういうことかというと、メンパのような古代から完成された形があったものがここ数十年の時代の中で恐ろしく中身は変容しているという事実に気づくことがある。
美味い飯を食う為の器がたった数十年で売れるものへ稼ぎの種になるものへと変容しボンドは使うはシンナー混ぜるは下地もやったかやらないかというものへ変わってしまったという事に。
この変化というのは具体的に表現すれば恐らく3世代先くらいから始まっている。昭和初期くらいからだろう。古いものの修理や諸々をみていればわかる。多少の誤差はあれどその程度の時間差だろう確信がある。
昭和元年といえば1925年くらいだろうか。この辺りで世の中が根本的に変わったのだと思う直感がある。航空機の登場で世界が劇的に近づいてきた瞬間だからかもしれない。理由ははっきりわからないけれど世界が縮み始めたころとか、境界が消えた瞬間だとかとも言えるのかも知れない。たった100年くらい前でしかない。
この物理的な接近によってこの100年おそらく僕らや僕らの先祖は継ぎ足すではなく、まずは捨てそして作り直すを繰り返してきたと思う。そう、捨てるとか棄てる事を前提にする様に切り替えたのが100年くらい前だと感じている。
人間はとても自惚れやすいものですよね。新しい技術や新しい世界観がもたらされるとさもそれを自からが産み出した始祖かと思うような振る舞いを始める。
あの頃の時代の絶対感は西洋という定義が日本に馴染み始めたからこそ産まれてきたのだろうと思う。破壊と再生を絶対視し始めたのは如何様にも外の世界から奪い収奪し得るかを根底に考えていた西洋から引き継いだからだろうことが良くわかる。日韓併合、満州国設立、台湾統治。。。結局やってること欧州と同じかそれ以上だったわけで。
本来破壊と再生は自然の摂理じゃコストパフォーマンスが悪すぎて成立しないのが本質だと思う。だっていつかは原資は無くなる。鼠講と同じだろう。規模は果てしなくでかいけれど。
ところが世界が物理的にも知覚的にも近くなり過ぎた現代は、収奪しうる原資はもはやどこにも無くなった。中国、インド、アフリカいずれもあっという間に略奪側に立ち始めている。そう世界は奪い合うことが事実上不可能になってきた
そこでの矛盾をコロナが象徴していると思う
奪い合う事ができないなら、いずれかを奪われる側に落とさなければ成立しないという動きが起きて当然の理だと感じる。
陰謀論だと言いたいのでは決してない。そうではなくて世界とはいずれにせよそのように揺れ動きながら均等を保とうとする癖がある。だから千鳥の癖が強いんじゃはこれだけ世の中にすんなり入ってくる。知らんけど
つまりコロナという要素は至極当然の出来事であり、今後も似たような事象は割とたくさん起きてくる。不均衡が水面化で起きれば起きるほどそうなる。って思ってる。もちろん形は感染症だけではないはずだろう
収奪を前提としない平等というのは恐ろしく困難な目標である。ただし、だからといってそれを見ないふりすれば今の現状と差して変わらない未来しか用意されないと私は思う。平等というのは理念であり目標ではない。そうありたいと願う対象で良いとも思う。ですから誰もが口にして良いはずなのである
ただ振り返って見てみよう。その理念は皆さんの中に生き残っているだろうか?そうありたいと常日頃思うだろうか?
見誤らないで生き抜く為には、己が人生でもって切り抜いたなどとは自惚れず、今あるこの命こそ、この技こそが先祖から賜りし理念であり、その代弁者でしか今生の自分はないという現実の上に謙虚にバトンタッチをいかにして最高レベルで行えるかということに気づくかどうかなのだと思うのです。
私は思うのです。メンパは貧者も盛者も買えるギリギリの値段であり、美味い飯を食うというそれにおいては区別がない。そしてその美味い飯を食らった悦びにも区別がない。そこに立ち返れば一才の衆生には区別が無い。仏陀は早くからそれに気づいて説いてもいた。つまり逆説的には区別が無い事こそが本質だと
最初の話に戻りましょう。我々は本質を置き去りににしやすい癖がある。
メンパは最高に飯が美味く食べることが本来本質なのである。それが売れることが第一義に来て貪欲にそれを時代とともに追求してきてしまった。本質を置き去りにどころかすり替えたようなものですよね。
そこで私は言いたいのです。大井屋はもともとはメンパは美味しい飯を食う為の器でしかない。それ以上それ以下でも無いということは前から言ってきた。それはいっさい揺るがない。ただしその恩寵を受ける事には区別が無い事こそより重要なのである。美味いか不味いかは大事ですが、それをどんな罪深い人間であろうが純粋無垢の聖者であろうが、区別なく食べさすのが1番大事な要素なのです。
そんな霞のような物を食べさすのが本来の井川メンパなのかも知れません。ほんとメンパって難しい。。。。
確定申告終わってほっとして温泉いって帰って来たら着替えもってたのに、脱いだ服着て帰って来た前田です。疲れてると難しいこと言いたくなるんすよね。騙されたと思ってメンパ買うがよろし。ほぼ売り切れてますけどよろしくどうぞ


ということで今日も一日1メンパでございます。また明日

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 

やんばいでございます。井川メンパ川根本町千頭大井屋本店店主前田でございます。こんにちわ

今日は朝から雨がしとしと肌寒い奥大井となりました。まあそういう雰囲気も実は好きなんですね。霧かかった奥泉から梅地のあたりの景色は幻想的だったりしますね。


さて今日の大井屋は令和二年度の確定申告を完了し、納税もしてなんとかこうとか5年目に区切りをつけました。実は2016年の4月にここに移住してきたので丸5年が経ったわけです。石の上にも三年。メンパの上には五年でございましたが、この4月よりスタッフ石関の合流と大井屋のまあまあの納税が重なり何もなかったマイナススタートからなんとかここまでやってきた感が募り、島田税務署からの帰り道車中は一人リサイタルでございました。やっとのんびり寝れる(笑)


メンパ屋の事業もおかげさまでなんとかこうとか人並みにまで来れたようには思います。そしてここからのまた5年でどんな成長曲線を描いていけるか非常に楽しみになってきました。やり続けるものですねえ。


毎日のようにメンパを作り、単純のように見えてその奥深さに惹かれ突き動かされるように走ってきた5年間だったように思います。ほとんど休みもなかった気がします。ただだから嫌だったというよりむしろ幸せの時間だったように思うのです。
幼少の頃剣道を嗜みましたけどもただひたすらに素振りすることに疑問を持つものの、やっているとふと気づく。単純ですが10日振り込むだけで人は結構変われるものです。50日振り込むとちょっと自信がついてきます。100日振り込むと明らかに違いが出てくることに気づきます。1000日振り込めば人よりは大体優れてくるものです。

ただひたすらにメンパに打ち込んでその軌道を磨く。そういうイメージで来たと思うのです。ただこれからはそこから得た自信や揺るぎない土台で持って新しい技を繰り出していく。またメンパも同じようなものでしょうと思うのです。


5年は長いように見えて実はとても短い時間です。意外にやれることは少ないのです。であるからこそ、ここからの5年は尚のことまたシンプルに最短距離を磨く。そういう気持ちで取り組んでいきたいと思います。


確定申告終えてほっとしているので数日はスローペースで 参ります。その後つぎのメンパに向けて爆進していくつもりです。次回生産は恐らく5月末から6月頭を予定しております。毎回鈍足ですいません。今後は石関もおりますゆえ少しは早くできるようになるかと思う次第。どうぞ応援よろしくお願いいたします。


ではまた明日!今日も井川メンパ最高に楽しかったです!


井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 

やんばいでございます。井川メンパ大井屋前田です。こんにちわ

今朝は朝早くから確定申告の準備でずっと帳簿と睨めっこ。そうなんです。夏休みの宿題は最後までやらないで有名な大井屋さんでした。大人になっても何も変わらねえわけです。懲りない野郎ですいません。

ちょっと息抜きにブログ更新しております。


そこでちょっとグッとくる話を一つ。


確定申告をしていましたらば2021年メンパ塗り直しで引き取りに来られたお客様がありました。
何気なく対応させていただきメンパをお渡しすると、なぜか号泣されました。
お話をお伺いするとご主人が生前利用されていたメンパだったとのこと。ボロボロだったので修理は考えていなかったそうですが、近所ということもあり今回修理人出していただけたそうです。

ボロボロだったメンパが生き返ってきた姿に生前のお姿を思い出したそうです。

思わず前田ももらい泣き。。。こういうことがあるとメンパ屋やってて本当に良かったなと思えます。私どもの仕事が時間を飛び越えて少しでも皆様の心の吟腺にこだまするようなことが起きる。どうもお金以上にそういう世界で我々井川メンパ職人はこれからも生きてゆかねばならないと思うのです。




何かを為すことに執着するよりも、何かがそこにあることをあるがままに受け入れることを延々と紡いでいくということの方がより難しいし価値のあることだろうと思うのはこういうことなのです。




誰かの為になどとは思わずとも、誰かの為に成れているそのありのままの幸せをあなたはどう感じますか?


そういう感じる力があればいずれにせよ人はもう少し優しくなれるものだと思うのです。


ネットに依存し、都会の便利に沈殿し、飽食の限りに自我を爛れさせるのはもうそろそろ終わりにしたいものですよね。

お金は関係ねえよという話をしておきながら私は今確定申告に四苦八苦です(笑)

何気ない皆様の日々の中で井川メンパがどんな存在になっていくか、そのような夢想の果てに大井屋の井川メンパは歩みを初めて行こうと思いながら今日もこの瞬間も全てのメンパユーザーにメンパの恩寵が届くことを願っております。


とにかく、


とにかく、


兎にも角にも


今日は嬉しい日ですね。どうぞ皆さんも健やかにお過ごしください。そして確定申告の友よ、ここを読んでいる場合じゃねえ。今すぐ取り掛かれ!今すぐにだ!俺のようになるぞ!


ではまた明日

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください
諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング

やんばいでございます。井川メンパ大井屋店主の前田でございます。こんにちわ。

さてここ数日天気は良いものの肌寒い奥大井。山奥に出向く際はぜひ上に羽織るものをお忘れなきようにお願いいたします。井川メンパ千頭大井屋は在庫不足により4月中の営業は停止しておりますが、作業などは店舗等で行っております。2021塗り直し修理で受け取りに来られる方は対応できますので連絡の上ご来店いただけますのでご安心ください。




川根本町千頭には若い人がかなり多く移住してくるようになりました。その移住組の中でもfolk knotさんというメンパで仕出し弁当を出してくれるところがございます。ここのメンパは大井屋が数年前に仕込ませていただきました。そしてこの春よりスタッフを迎えたため平日は毎日メンパ仕出しを頼むようになったので大井屋のインスタグラムをご利用の方はお昼時になるとこのような美味しそうなメンパ飯がアップされるという地獄を味わうことになります。どうぞフォローしましょう。共に六道をメンパと歩きましょう。



スタッフ石関の合流で井川メンパだけではないところへと歩みを広げ始めた大井屋でございます。静岡で作る完全無添加オーガニック漆器を目指して少ないながらも生産を始めました。
井川メンパのテイストは残しつつもう少し手の込んだ塗りや蒔絵を展開していきます。皆様の人生にこれこれこれ待ってたんや!という器を一枚でも多くお届けできるように日々研鑽と参りましょう。

そして東京方面の井川メンパファンの皆さんにお知らせでございます。

東京は吉祥寺にございます、民藝の器を扱うお店マルクスさんに3年ぶり?くらいになってしまいましたがメンパを少量ながら提供させていただきました。




静岡出身の店主さんでご縁があるため少しづつですが東京へと井川メンパを送っていくつもりです。
10年前私も高円寺に住んでおりましたが、中央線沿線の井川メンパファンの皆様に少しでも届くと嬉しいと思っております。ぜひ問い合わせてみてください。

ということで少しづつではございますが、内から外へと繋がり出でることを目指して頑張って参ります。

これからも井川メンパ千頭大井屋をよろしくどうぞ

また明日!


井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング

やんばいでございます。井川メンパ大井屋店主前田です。こんにちわ。

だんだんと春真っ盛りとなってきました奥大井よりお届けしております。どもども
ここ数日の大井屋は作業しながらもっぱら少し深く物を考える日々となっております。新人石関さんが大井屋に合流したので今後のビジョンが諸々変容をはじめてきている気がするのです。


大井屋としてこの先どんな井川メンパを育てていくのか今一度マテリアルの要素から見直しておく良い時間となっている気がするのです。


伸びてきた漆の目を眺めながら思うのです。漆を育てていく大切さのその先にやはり井川メンパの構成要素としてのヒノキ、そして桜の皮、下地としての柿渋。どれをとっても自然からの恩寵そのもので出来上がっているこの素晴らしさを今一度深く探求していくことが我々にとって重要な使命のようにも感じます。




柿渋を塗っていて感じたのは柿渋が下地材として淘汰されてしまった漆工史や木工史のなかで何が引き金になったのか?

それはまさにボンドの登場に他ならないのです。ボンド留めの木地に柿渋を塗るとわかります。柿渋が乾いていく時に木が引き締まり、木が動くのです。ですからボンドのような固着材は剥がれてしまいやすいことに。

ですから箱物のようなものはボンドの登場で柿渋を塗ることができなくなった。と推測できます。我々のようなメンパ曲物ですらボンド仕様に変遷してしまい、柿渋を何度も塗るリスクを避けるようになったのだと思います。

ただ大井屋が思うにメンパに柿渋をこじっかり塗り重ねるのは重量としてのメンパの存在価値に直結してくるのです。柿渋と木材の重量については詳しくはまた店頭にてご案内しております。


大井屋的柿渋生活のススメ

柿渋ガチ勢な大井屋のお話


井川メンパ大井屋の自家製柿渋への取り組み



箱物に柿渋を塗るとボンド仕様ですと狂いが出てくる。曲げわっぱもそう。かろうじてクリ物には向いているのかもしれませんが、そもそも塗師屋というのはさまざまな木地を扱う中でクリ物専門というのはまずあまりなかったのだろうと思います。


明治大正期の塗師屋が漆器の下地についてどのような変遷をたどったかを考えると容易に想像できます。柿渋の扱いの難しさはボンドの登場が決定的だったろうと思うのです。

ちなみに大井屋のメンパにはボンドはいっさい.使用していません。桜カバだけで縫い止めています。そこに置いても他の井川メンパとは全然違うと思っていただいて結構です。





より良いメンパを目指すとはいかに?つまりそれは全てに置いてメンパ飯の旨さの追及以外にあり得ないと思っております。


正直に申せばシンナー使ってボンドも使ってというメンパでお客様が満足しているならそれでいいと思うのですが、どうでしょう?私が一消費者ならばそういうものがいくら見目麗しい漆塗りで飾られていること以上に、安全に美味しいご飯が食べたいことが最優先だと思うのです。


大井屋の井川メンパはまさにそういう人に生涯の友としての井川メンパを提供したいと激しく思うのです。



漆、檜、桜、柿渋。かつてどんな農村にもあったものでメンパを作る。その単純のように見えて至極困難な現代の命題へこれからもチャレンジしていきたい。今日もそう思っております。決まった!!!


ということで、今日はメンパのおじさんは新人指導しながら発送業務と午後はちょっと体調管理に温泉へ出かけようと思うわけです。そして明日からはやりたくないけどリミットが見えてきてしまった確定申告と戦うわけです。確定したくない申告をするのです。正直税金はいくらでも払うので面倒なこと考えないでメンパと向き合ってだけいたいそういうおじさんなのですが、世の習いというものは大切ですよね。明日、明日から必ず俺はやるんや!確定申告まだお済みでない自営の皆さん共に戦おうぞ〜


ではまた明日

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング

やんばいでございます。井川メンパ大井屋店主の前田でございます。どもども

さて今週は先日少し紹介した新しい大井屋の漆食器制作を進行させながら新人石関さんに色々と大井屋工房のポジショニングを覚えさせていました。

職人というのはどんな環境に行ったとていきなり100%は稼働できません。どんなところにどんな道具があって、そこの工房のルールがあって、時間配分があるものです。そういうのをなんとなく掴んできたのかどんどん言われなくてもなんでも動ける気配が少し出てきています。なかなか器用な石関さんです。

そしてこれを機にお昼ご飯は大井屋の経費で仕出し弁当にしようと思い、川根本町千頭にあるfolknotさんにメンパ飯仕出し弁当を毎日頼むことにしました。

実は2年くらい前にここのメンパを大井屋が制作させていただきました。そして今それを使って毎日自分で食事をとらせていただくというブーメランが起きております。



一人で全てやっているとお昼の時間さえなかなかまともに取れなくて、カップラーメンつくって食べようとしたらお客様がやってきて小一時間喋って振り返った時のあの絶望ともおさらばです。毎日こんな豪華な昼飯が食えるなんて!おいら感激!とか書くとメンパ屋さんてほんと軽薄に見えますが割とそれ正解かもしれません。

でもってついでにこういうメンパ飯が正解ということを知って欲しいです。

どういうことかというと左と右におかずとご飯を分けるのではなく、ご飯は押し寿司の如く下に押し込んでその上におかずを並べるのです。そうなんです。そうするとメンパ飯が劇的に美味くなるんです。どういう秘密かというところについてはもっと話があるんですが、企業秘密なのでぜひ大井屋本店にてこっそりなんでそれすると美味しくなるのか問いただしてみましょう。私も明後日の方向向いてお答えいたしましょう。神秘の力を具体化すると割と科学的に納得できる内容なのです。


ということでこんな贅沢な日々はメンパ屋冥利に尽きるわけですね。ぜひこの勢いで今後も頑張っていきたいものです。確定申告を早くなんとかしなければ!飯食って納税!腹一杯で納税!飛んで火に入る夏の納税!

ではまた明日!



井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング

やんばいでございます。川根本町のメンパ屋大井屋の前田です。こんにちわ!

だんだんと暖かくなりましたが、やはりまだまだ朝晩は冷え込みます。今朝はちょっと油断して毛布一枚でネンネしましたところ、娘と毛布の奪い合いになり最後は二人でくっついて寝ていましたが熟睡というには程遠い朝でございました。こんにちわメンパ屋前田です。おいっすー


最近毎朝のルーティーンは敷地内に植えている漆の木を観察することから始まります。
実は大井屋の裏には何十本もの漆の苗木が植っています。





春になると漆の蕾から葉が一斉に開いていくその様子は毎日眺めていても飽きないものです。

うるしを観察して4年ほど経ちますが一つ確信できるのは、漆はどうやら思われているほどやわではなくもっとタフネス溢れる生命力の強い植物のように思います。枯れたと思いきや翌年また勢いよく横から生えてくる。今までに諦めた株はひとつもないのです。
根っこを切って適当に地面に埋めておけば翌年すぐに目を出す。種もなんだか硫酸につけて脱漏してとかややこしいやり方が主流とされているようですが、適当にまいとけば数年後忘れた頃に芽吹く。そういうもののようです。

伝承の途切れていた漆植栽は兎角ナイーブになりがちなように感じます。漆の種ってやたらと成木からは取れますので発芽率がどうのこうの言う前に適当に刈り集めてドッカーンと蒔いとけ!ってそれでいいのだと正直思うようになりました。むしろ潤沢な農地と水と光の確保が最優先だと思うのです。

メンパ屋ごときが偉そうに吠えても何にも変わらないので、大井屋はやるやると言ってなかなか取り掛かれなかった漆の植栽を本気でなんとかしたいと思っております。漆屯田兵としてこの奥大井の渓谷で漆の森を造った男としていつの日か絵本になることを願っております。諦めずに言い続けてればいつか実現せざるを得ない。そう言う法則でいくしかないのです。まあ見ててください。必ずや静岡の山奥の里の風景に漆の実がなり秋の素晴らしい紅葉の景色を意図的に造ってやろうじゃないですか!紅葉狩りにきたらメンパ買わされて帰ってきたなんて素敵なパターンやったろうやないですか!


と言うわけで?スタッフが増えた大井屋では先日よりお昼ご飯は近所の仕出し弁当フォークノットさんの井川メンパ仕出し弁当を頼むようにしました。

数年前私が制作させていただいた井川メンパで毎日仕出し弁当箱を食べる。お店まで配達してくれる。そしてなんとも素敵なメンパ飯写真が毎回ネットにアップできてこの上ない宣伝効果までついてくるという。なんだこの3段活用のようなメンパ祭りがはじまりました。

メンパで飯を食う喜びをどうやって皆さんに理解していただき還元できるか常日頃考えてはおりますが、このように毎日メンパ飯食うことになるとさらにそれは加速されるかと思います。別次元へと井川メンパを押し上げる為にこれから石関ともに前田も一生懸命メンパ作りさせていただきたいと思っております。

そして申し訳ないのですが、本当にメンパの在庫がなくなってきています。丸型の大きいものは多少あるよと言うておりましたが、ちょっともう心許なく。現在休業中ですが大きい丸メンパを求めて来店される方は確かにおります。できれば在庫状況など逐一電話もしくはメールにて確認してからご来店いただいた方がよろしそうになってきました。各サイズあと数組づつと行ったところです。

と、言うわけで大井屋が早く在庫を復活させれるように皆様ちょっとづつ気持ちをお分けいただけましたらこれ幸いです。励ましのお手紙お待ち申し上げております。


漆を扱う人は漆塗ってるだけじゃ駄目なんです。きっと。漆という自然からの恩寵を貰うだけもらってかえしていかなければつまりこれいつか無くなるのです。どんだけ工藝の技術や叡智を養おうが漆が育っていかなければ消えるは必定。井川メンパ大井屋は漆器業界の大いなる矛盾と全力戦っていきます。漆塗るのも大事。それ以上に漆を植えて来世へ持ち込む。それが一番大事。大事なことに全力一直線であるべきですよね?

漆の苗や種が欲しい人ご相談ください。何か協力できることがあるかもしれません。どうぞよろしく


ではまた明日


井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング


やんばいでございます。井川メンパ大井屋店主の前田です。おはようございます。

さて早いもので4月にあっという間に突入してしまいましたね。そして気づけばメンパの在庫がまたほぼ無くなっている。ということで今月からしばし休業します。そして5月の連休に復活は少し難しそうですが、とりあえずなんとか連休に合わせて店舗営業を復活させたいと思っておりますがどうなることやら?でございます。もちろん修理の受付、お返しはできますのでご安心ください。

ただ全く在庫がゼロというわけではないのです。丸型LL、3L、XL。丸型2寸深口LL、XL。この辺りだけは在庫がまだいくらかありますので、丸型の大きい男性向けサイズでよければ販売は可能です。気になる人は電話かメールにてお問い合わせの上来店ください。


スタッフの石関さんと一緒にメンパだけではなく、漆の食器制作も始めました。大井屋の1番のポテンシャルは実はメンパとともに歩む100%溶剤無しで塗るオーガニック漆器の生産にあると思っています。

井川メンパのお手入れについて


井川メンパの匂いについて

洗剤とメンタルの関係は漆器が関係しているという話

何度でも言いたいのですが、井川メンパ大井屋のメンパは無臭です。それは有機溶剤のシンナーなどは絶対に混ぜないからです。漆器のあの嫌な匂い。あれは実はシンナーなのです。値段の前によく考えるべきことがお弁当箱にはたくさんあると思うのです。

そしてその大井屋イズムを今後は食器という世界へと拡張してま要ります



2021年度の英気を養う為に大井屋の2階を全開放して桜を見る会を行いました。朝から桜を活けたりユーカリを活けたり。そんな宴会の1日となりました。毎年恒例にしようかなと。そういえばこの一年ずーっと自粛で宴会らしいことは全くありませんでした。桜とSLと豪華な食事に感謝でございます。セガちゃんありがとうございました。



またここから一年どんな日々になるだろう。そういう喜びを噛み締めながら生きて行きたいものです。


では明日も1日1メンパでございます。よろしくどうぞ


井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング
 

やんばいでございます。4月の休業に向けて一生懸命掃除と次への仕込みを開始している井川メンパ大井屋でございます。こんにちわ

今日は休業日ということもあり、一日中工房の掃除をしたり店舗周りの藪を切り良い風と運気を呼び込もうとしておりました。どうも改めましてだいたい運が良い悪いは簡単に神さんのせいにする大井屋ですどうもどうも


新体制の大井屋で作業やミーティングルームづくりの為に開かずの間と化していた工房2階の大掃除したりしました。いやはやそれにしてもSLが近え!!怖いくらい近い!!久しぶりに見たこの臨場感。実はこの2階はこの夏にかけて大改装しあんなことやこんなことができる新しい空間にしていくつもりなのですが、とりあえず明日は桜が目の前ということで宴会するために今日は一生懸命お掃除でした。


そして新体制であることをまた殊更に強調するわけですが、メンパだけでなくいろんな漆100%食器の制作に向けて動き始めました。



新しい木地を仕入れてみたり、それを並べて色々計画を練ってみたりしています。

ニュウスタッフの石関さんも一生懸命取り組んでくれており比較的明るい未来が見えてきました。今後の大井屋の活動をどうぞよろしくお願いします。

それではまた明日


井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング
 

やんばいでございます。井川メンパ大井屋店主の前田です。こんにちわ!

昨日から気温がギュッと上がりまして一気に奥大井桜が満開となりつつあります。とても気持ちの良い感じになって来ました。昨日も見頃ですよといいましたけども今日はもっと満開一歩手前まできましたので改めてお知らせしておきます。多分明日か明後日くらいが満開でしょう!そう思います。

そんな中本日より井川メンパ大井屋に新しいスタッフとして静岡市清水区出身の若者で石関華さんが合流いたしました。4年間京都の伝統工芸大学で蒔絵を学んで来た人材になります。川根本町千頭へ移住してきましたのでこれから大井屋のメンパ作りを支える重要な人物になっていただけるように、私と一緒にみなさんぜひ応援して行きましょう。石関さんの最初の仕事は、、、工房のペンキ塗りからでした(笑)



やろうやろうとしていても一人ではなかなかできないのが環境作り。これから始まるメンパの作業の中で薄暗い工房では心も気持ちもギスギスするかもしれないと思いペンキ塗って工房を明るく仕上げました。

作業の合間には視界の中に桜がちらほら見えてくるこの季節はなんとも気持ちの穏やかな感じで新生大井屋がスタートできたことを嬉しく思います。

ついでに?というたらアレですけど長年看板を上げてこなかった大井屋。実際は看板はあるのですが、こっそりと地を這うが如く下の方にひっそりと立てかけてあったものを玄関のリニューアルと共にいつものけんちゃんが手彫りで看板を作って上げてくれました。なんだか諸々新しい感じが一気に押し寄せてくる大井屋でございます。嬉しいですねえ。


スタッフ石関さんの紹介はまた少しづつ本人を交えてお伝えして行きます。


大井屋のメンパ作りも石関さんの登場でいろんな方向性が見えてきました。若い世代の感性と蒔絵という技術とが合わさってくるともはや勢いが違ってくるように思います。昔からある井川メンパのテイストは残しながら、別次元で新しい漆器作りをこの奥大井から発信していきます。

静岡県が明治時代漆器の最大産地だったことは意外に知られていないですが、能登輪島などにも負けないそれ以上だった記憶を静岡県民の皆さんに思い出していただけるように大井屋から少しづつ新たな息吹を送り込んでいきたいと思っております。

石関共にこれからも井川メンパ大井屋の活動をご贔屓いただければ幸いです。よろしくどうぞ

ではまた明日


井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング

 

やんばいでございます。井川メンパ大井屋店主の前田でございます。おはようございます。

昨晩はたくさん雨が降り、今朝はカラッと晴れ上がりました奥大井周辺でございます。千頭周辺の桜が一斉に咲き始めて春到来といった感じになりましたので今年も春が来たよを大井屋がお伝えさせていただきます。今日からしばらく最高な1週間が始まりそうですよ!



まだ三分咲きといった感じですが今週半ばには満開を迎えそうな感じです。ここからが早い!!

ツバメもちらほらと飛んでいるのを見かけるようになりました。山奥の生活は春が来るととても気持ちが緩んできます。嬉しいと気持ち良いとが織り交ぜてやってきます。


夜が老けたら早めに寝よう。そして静かに雨音を聴こう。静寂という中で生きていると自然の音は交響曲のような壮大さを見せてくれたりします。ぜひ都会から川根へ移住をお勧めしたいですよ。


メンパでラーメンも食べれます。お櫃サイズはこういう使い方もできます。面白いでしょ?

メンパを食器としての利用方法をもっと広げたいと思っています。メンパクッキング選手権というのをオリンピックの代わりに開催しようと思っておりますので、ぜひ皆様アイデアを溜め込んでいてください。
割と本気です。


ということで今週もゆるく始まっておりますが、メンパ屋は4月から建前上休業となります。販売できる在庫のメンパもうほとんどなくなってきておりますのでご来店時は在庫確認のメールか電話をお勧めしております。ここまで来たのに桜しかないんじゃ申し訳ない。いや、でも格別ですけどね川根の桜は。

ではまた明日!

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング


 

やんばいでございます。桜が綺麗に咲いたかな?と思ったら雨がどっシャーと降っております大井川より井川メンパ大井屋がなんちゃらこうちゃら今日もわめいております。平和です。改めましてこんにちわ!


この土日修理の返却のお客様と併せてなんだか来客が多いな?と思っておりました。緊急事態宣言解除がこれほど影響あんのか!と思って冷静になってみて思ったのですが、そう言えば先日自分で4月は店舗営業休業します!と言うてました。合点が行くのにめんどくさい野郎ですいません。そうですね。それで来店下さった方も多かったわけですね。

2021年4月休業のお知らせ


念の為もう一度いうておきますが修理引き取りのお客様は対応させていただきます。それ以外は基本対応できませんのでよろしくお願い申し上げます。修理のお預け、メンパの予約、前田へのファンレター手渡しなど全てにおいて対応できませんのでよろしくお願いします。


ここだけ読むとメンパ屋さん痛いやつに見えますが、基本毎回出会い頭は多少ふざけておりますのでご安心ください。通常運行です。



SLも元気良く復活して走り始めました。綺麗な桜を背負って川根路を走り始めました。この春は色々と蠢き始めた奥大井です。そう、井川メンパ大井屋も大きな動きがございましたので少し報告をさせていただきます。

この4月より井川メンパ大井屋には新しいスタッフが入ります。京都で漆の学校に行っていた若者が大井屋に合流しました。数日はまだ引っ越しでバタバタとしておる様子ですが4月から大井屋でメンパ作りを学びながら塗師としてデビューしていきます。いろんな意味で楽しみな春になりました。

大井屋も創業からは4年半となりました。私は川根本町へ移住してから丸5年の節目となりました。

移住当初なんとなく思い描いた未来予想図では、5年後くらいに人が増えて会社組織へと移行して10年後には拠点を増やして15年後にはちょっとみんなが予想できないような展開へ持っていこうというような漠然としたイメージでいたものの、割と第一段階はその通りになりましたね。このブログも気づけばもう丸6年くらいやっている計算になります。最初の頃から覗いていただいているあなたに朗報となったでしょうか?

スタッフの詳細は後日追々と自己紹介をさせてみようかと思いますので、このブログも二元進行となるかもしれませんね?視点が変わったところで井川メンパを俯瞰していくというのは面白いかもしれません。たまに親方前田のダメっぷりが投稿されたりするのもありかもしれませんね。


そういうわけで大井屋の体制も大きく変わりそうですので、諸々のメンパに関する諸条件が変化してきそうです。営業時間や営業日の変更とか修理の受付期間や時期など今後変化していくかもしれません。逐一ブログにてお知らせしていきますので、久しぶりに覗いた方は情報変更が無いかよく確かめてご来店いただければ幸いです。


井川メンパ大井屋の前田は常々申し上げていたように、井川メンパを当代で終わらせるつもりは微塵もございません。未来永劫緩やかな繁栄とささやかな喜びを旨に持続可能な生活を塗り繋いで行く所存です。


その二歩目となった春です。光が眩しいわけです。何も無いところから、いやむしろマイナスからスタートした大井屋ですがこれから若い力とオッサンのこだわりで静岡、いや駿遠のこの山間地に井川メンパを軸に漆でクリエイトする田舎暮らしを実践して仲間を増やして行きたいと思っております。どうぞ昔から大井屋を知っているあなたも、ついさっき検索して辿り着いたあなたも大井屋をご贔屓いただき繋がっていただけますことをお願い申し上げておきます。よろしくどうぞ


ではまた明日!!

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング

やんばいでございます。漆塗りの曲げわっぱといえば井川メンパ。その井川メンパを製造から販売までワンストップで行う世界で唯一のお店。井川メンパ大井屋店主の前田です。こんにちわ。

最近イチオシの記事ぜひ読んで頂戴
川根本町は移住先世界一ですという話

本日は春麗かなお天気の中川根筋には多くのお客様が上がってきていた様子です。大井屋にもメンパの修理受け取りに大勢のお客様が来店いただき春の訪れを感じました。やっぱりお客さんと接するのは楽しい。と言う職人としてはちょっと変態なメンパ屋です。普通職人って接客嫌うらしいんですけどね、っていう先入観あるだけでしょ?っと言うのが私の意見なのですがそういう認識アルアルだそうです。

私の場合むしろ買う気が無い人にスーッと寄っていっておいでおいで〜とか出来るタイプなんで買う気が無いのにメンパ屋に入ると危険ですよ?カードもペイペイも使えない現金主義のメンパ屋で、アレもこれも買うことになり現金が足りずにコンビニへ走る。そう言うお客様も稀にいるわけですね。いやー危険だなー危険すぎるなー気をつけようねーうっかりっていうのはやばいですよねー

と今日もまあまあ調子良くふざけております。改めましてメンパ屋です。


さて今日はというとお店の営業だけではなくて、川根在住の有志が集まって集落の公園遊具をペンキ塗りさせていただくというイベントをやっていました。お店と現場を行き来きすることになって何度かお待たせしてしまった方。大変申し訳ございませんでした。


過疎地の何気ない諸問題の一つ。公園遊具の老朽化問題。どう言うことかというと?

過疎地はどんどん高齢化が進み、子供がものすごく減っていると言うこと。集落に昔からあった児童公園が稼働することがほとんど無くなった為に遊具も管理がされなくなり、朽ち果てていく寸前というものも多かったりします。

そこで、まずはそう言う公園の統廃合も必要ですが議論する前にやれることはやっておこう!と言うお話に至りまして川根在住の有志が集まりみんなで楽しみながらペンキの塗り替えをやりました。今日は川根本町の崎平という集落の公園遊具を塗りました。私の娘もこの公園のヘビーユーザーなので嬉しい限りでした。
子供らもみんな頭や顔をペンキまみれにしながら塗りまくりました。子供の色彩感覚は大人の凝り固まった固定観念や先入観を軽く超えてくるのでアバンギャルドな配色になり、またそれがなんかかっこいい仕上がりになったと思います。川根筋を行き来する人はぜひ崎平の公園に寄ってみてください。

ということでこの有志のネーミングを考えてくれと言われていたので私いつもの思いつきで提案いたしました。


その名も




川根ペンキ隊 



ということにさせていただきました。満場一致で苦笑いという感じで多分このネーミングになったかと思います。いいじゃ無いでしょうか?なんでも塗っちゃうぜ感!なんでも色づくぜ感!遊具だけじゃなくてトンネルもなんか絵かいちゃうぜ!みたいな〜


冗談ぽくいうてますけど、構造物の変化が少ない過疎地で何かカラフルなものが突如現れた時の インパクトというのは結構なものだと感じました。いいんじゃ無いでしょうかね。こういう町興しというか人生の楽しみ方僕は嫌いじゃ無いっすよ。やってて楽しいです。多分半年に一度くらいで緩く活動していくと思いますのでぜひ誰でも参加いただければ嬉しいです。ペンキ隊に入るとひょっとするとオリジナルステッカーやオリジナルティシャツが貰える?なんてことも追々やりたいですね。金かかる遊びやなおい(笑)

ペンキ塗りの指導と準備をいただいた中村さんに感謝です。またやりましょう。



そして午後は大井屋にて接客と発送仕事の合間に新しい企画商品を出しました。溜まり塗りの飯台。蓋が二つに別れていて元々は茶器の類の大きな曲げわっぱだと思います。漆塗りまくってみました。

リメイク 漆桶 25000YEN
リメイク 溜塗り飯台 28000YEN

税別でございます。そしてこちらは通販対応はできません。しばらくはお店に来て眺めながら楽しんでいただく用でもございます。大井屋特製天日黒目漆がどのような経年変化をしていくか確かめるに良いと思っております。売りたいのか?売りたく無いのか?ややこしい感情は純情です。ではまた〜


井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング


 

やんばいでございます。井川メンパ大井屋店主の前田です。おはようございます。

最近イチオシの記事ぜひ読んで頂戴
川根本町は移住先世界一ですという話

さて修理の返却の連絡を終えるとともに数日身体がぐったりして何だかもう何もできないやってなっておりました前田です。

メンパカレー作って食ってみたり

娘と自宅内キャンプごっこしてみたり


そんなのんびりもそろそろやめにして今日は発送対応してい来ます。とその前にブログで桜情報を少し

みなさんご存知か分かりませんが、川根界隈は至る所に桜、また桜、こちらも桜と色々な桜が集落ごとに植えられておりこの時期ドライブしているだけでも何かしらの矜持を感じざるを得ない。そんな風景がある場所です。

私なんてもう手当たり次第に一句吟じさせていただきます!という感じになるので忙しいったらありゃしないです。


春きたし〜やっぱりまいにち〜きを曲げて〜 詠人パの野郎 


こんな時はメンパにおにぎり詰め込んでぜひ山裾の川べりなんかで山桜を眺めながらのんびりと山の空気を吸いにきてください。昨日静岡市内まで下りましたが藁科街道は見頃になってきたように思います。362号線です。清沢あたりは満開みたいな勢いでしたよ?



SNSを眺めてみるとどうやら明日からの今週末は島田市川根町の家山あたりが満開のようです。
徳山や千頭などは来週半ばから週末くらいでしょうか。と言うことは千頭より上の奥大井や井川は多分2週間後くらいかなと思われます。修理のメンパを取りに来る人で桜も楽しみたい人はぜひこのあたりの情報をSNSで確認してみてはどうでしょう?

ちなみに一昨日徳山の川根高校周辺の桜スポット見てきましたがまだ三分咲きくらいかなという感じでした。昨日今日暖かいんで明日明後日でも充分綺麗かと思いますが、狙いは来週半ばくらいじゃねえかなと




ちなみに大井屋周辺の千頭周りは未だチラホラです。来週くらいがベストかと思います。

と言うことで春は曙メンパのお時間です。ぜひメンパ飯をぎゅぎゅっと詰め込んで山の中へおいでください。地元の里山に登るもええもんですよね。ぜひ2021年春のあなたの景色にも井川メンパを連れ出してあげてくださいね。それではまた


井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング

 

やんばいでございます。ねじり鉢巻が東海道一似合いたいでお馴染みの井川メンパ大井屋店主の前田です。こんにちわ!

最近イチオシの記事ぜひ読んで頂戴
川根本町は移住先世界一ですという話

さて今日は天気の良い奥大井です。平日ですがチラホラと人出がある千頭駅前周辺です。ただやはり例年と違うのは訪れる観光客が若い人中心ということ。以前のように高齢者があまり出歩いている様子が無いですね。駅前の商店もぜひ顧客の層が変わったことをキャッチして若い人向けの構成に変えた方がいいんじゃないかと思う前田です。

そんなこんなで昔の景色が戻ってきました。それがSLなのだ


SLとの距離が日本一近い民家として有名な井川メンパ大井屋さんち。30センチ先を通ります。なかなか見ることの無い景色です。三枚目の動画でもわかるように一般人が大井屋の裏手から入り込んで写真を撮りたがりますが、機関士さんに怒鳴られて怒られてますね。うん。慣れてないと本当に危ないですからね。撮り鉄は無茶するので怒られるくらいがちょうどええねん。僕も以前怒ってましたけどほんと言うこと聞かない傍若無人な撮り鉄が稀におります。あんまりひどいとオイラのジャーマンスープレックスが炸裂しますのでこの機会にぜひお伝え申し上げておきます。いるんですよ、本当に、俺の植えてる漆の木を蹴り倒したりするのが。。。

まあそうやって怒られる撮り鉄がいるなあ。と眺めるのも日常の風景なのです。半年も電車こなかったし、確かその前も数ヶ月止まってたので本当にこのコロナの一年大井川鐵道は眠っていたような物でした。でも嬉しい物ですね。また日々汽笛の音に耳を傾けながらメンパを作る日々がやってきそうです。

大井屋にメンパを買いに来た方専用にSLを近くで見れるように今後裏手にベンチを設けましょうね。運行スケジュールで多少変化しますが13時から14時の間は大井屋の前をSLが行ったり来たりします。ぜひついでに眺めていってください。正直大迫力ですからね。


と、そう言うわけで今日も平穏な1日に感謝


修理の返却連絡がほぼ完了しました。まだ連絡がないなと思う方はショートメール来てないか確認ください。よろしくどうぞ

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

漆の神秘について井川メンパ大井屋が考えた話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077892605.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

メンパ飯を美味しく食べる方法
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077312861.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング