大井川めんぱ大井屋千頭本店 KING OF BENTO OOIGAWA MENPA

井川めんぱとは檜の曲げ物に漆を塗った野性味溢れる昔ながらのお弁当箱として主に山仕事をされる方々に愛用されてきた赤石山脈に受け継がれてきた民藝品です。2016年9月より静岡県榛原郡川根本町千頭に移住し制作から販売まで一貫して行う井川メンパの直営店を営んでいましたが、2021年11月より大井川めんぱ大井屋として名称変更し活動を始めた店主の前田佳則と申します。大井川めんぱは修理しながら長く使える機能的な漆塗り曲げわっぱです。赤石山脈周辺に脈々と受け継がれた山人の為の究極に考え抜かれ完成した形の漆塗り曲げわっぱであります。ぜひ皆さんの人生のお供にこの民藝品をお加えいただけることを願っております。

すでに大井川めんぱをご利用されている方もこれから利用を検討されている方も、その造りの良さやお弁当ライフの心地良さが少しでも伝われば幸いです。2016年9月より大井川鉄道終着駅川根本町千頭にて独立開業した井川メンパ大井屋から2021年11月大井川めんぱ大井屋と名称変更しました。漆塗りの曲げわっぱとして最高峰を目指し日々精進して参ります。井川メンパの塗り直しは毎年1月に行います。国産まげわっぱの漆塗り修理始めました。現在在庫は全て売り切れており半年から一年待ちとなります。ご迷惑をおかけしておりますが何卒よろしくどうぞ https://www.facebook.com/ikawamenpa/ https://ikawamenpa.business.site/

やんばいでございます!静岡県榛原郡川根本町千頭駅前大井川めんぱ大井屋千頭本店の店主前田でございます。おはようございます。

今朝もしっかり霜が降りました。どんどん寒くなっていく奥大井から今日もホッとな話題をお届けしております大井屋でございます。

さて今年もいよいよ残すところ一月。12月があっという間にやって来ました。2021は大井屋にとっても激動な日々でしたねえ。この一年を振り返ってみてもよくもまあこんないろんなことが起きるし、やってたんだなあと早々と年末感がある振り返りを今朝布団の中でやってました。

店舗の改修、漆の植栽、ギャラリーの開催、石関さんの雇用、大井川めんぱへの名称変更、そして今私の心の真ん中に湧き上がっていることがあります。それは、、、もっとちゃんと未来を見据えていこう。その為にはちゃんと会社として大井屋を機能させていこう。めんぱの仲間をもっと集めよう。

そんなことを考え始めているのです。未来は僕らの手の中にあるのであれば、その未来を如何様にも導くのも僕ら次第なわけですねえ。唯我独尊を歌ってるのではなくて、自らで勃ち進みやがれこのヤロウですねんなあ





伝統工芸とか、民藝とか、県指定がどうのこうのとか、誰か偉い人がいうてたからとか、そんなものはどうでもいいと前田思います。本当に大事なことを、本当に大事にしたい人たちに向けて自分の命を燃やすように生きることがこういう手仕事に生きる真髄だと日々思っております。よく言われるのが、前田さんてイメージと全然違うねっていうことです。誰が決めたのでしょう?伝統工芸やっている人間が見栄えが小綺麗で思想も従順で権威に阿っているのが素敵なのでしょう。前田はそんなスマートな人間ではないし、そう見せたいなんて微塵も思っていないわけで。
だって人間の本質というのは皆さんが思っている以上に矮小であり、孤立していて孤独であり、攻撃的な本性を持っているのだからいわゆるそれこそが普通の人間なのだと思うのです。そして僕らの世代は皆がみんな普通でありたいと思うておりますしその普通という生き方を目指す限り、実はそういう人間の唯我独尊な本質を背負い続けるというアンビバレントなことが起きるのです。だからむしろ飛び出していく人間が好きだし、自分もそうありたいとむしろ歳を経るごとに思うようになった純度の高いおっさんが前田そのものなのです。


歌が上手いから好き。漆塗りが綺麗だから好き。歌詞が見た目がかっこがいいから好き。


っていうのではうわべしか愛せてない証拠でしょう。めんぱだってそうだろうと思うのです。 大事にすべきはその掌で起きている事象をめんぱを通して感じるかどうかだと思うのです。おっと今日も話が逸れ出した。


というわけで?



12月は石関さんが免許取りの旅に出てしまうので、前田ソロ活動になります。故に平日は大井屋休業とさせていただきます。ただし事前に来店されたいと電話かメールにて連絡いただければ対応するようにしますので、修理の預けに持って来たいなどあればご相談ください。土日祝日は通常営業とします。




そんな変則営業の中でも毎年恒例お正月をちょっと豪華に過ごしましょ企画やります。重箱や野弁当などでお正月を少しリッチにインダハウスしたい方にどうぞ



重箱は二段組 38500円からとなります。ギャラリーの商品は通販対応はできません。ご容赦ください。


ということで、めんぱも一生懸命作っております。皆さんともっと仲良くなれるようにいろんな企画を打ち出していくので来年もアンニュイな大井屋をどうぞよろしく。ではまた〜


2022井川メンパの塗り直し修理についてのお知らせ
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079035212.html

大井川めんぱ憲章 大井屋の守り継ぎたいこと
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079197377.html

大井川めんぱの機能性、精神性、霊性
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079132944.html

大井屋漆ギャラリーくるみんじょオープンのお知らせ
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079126949.html

井川メンパ大井屋から大井川めんぱ大井屋へ名称変更の話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079105560.html
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079114116.html

大井川めんぱ大井屋の覚悟について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079043953.html
大井川めんぱで未来を切り開く為にはの話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079070518.html

大井屋の屋号について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079129335.html

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ヤンバイでございます。静岡県榛原郡川根本町千頭駅前の大井川めんぱ大井屋の店主前田です。おはようございます。

だんだんと朝が厳しい冷え込みになってきた奥大井。昨日と今日の朝は氷点下まで下がりました。静岡県は温暖と思われがちなのですが、少し内陸に入るだけで結構冷えるのです。沿岸部は海流のお陰で暖かいだけなので、本来はこのくらい冷えるのが中部地区なのでしょうねえ。


さてさて大井川めんぱと名称変更させていただいてもうすぐ1ヶ月が過ぎようとしております。ギャラリーくるみんじょのオープン、テレビ出演、前田の腰痛、石関の覚醒。諸々が一緒くたになって押し寄せて来た大井屋でした。


そんな怒涛の日々の中で何を考えていたか?というと、今後の大井川めんぱの目指すべきところ、その全ての有り様を理解しやすい形の言葉に置き換えて、しっかりと誤解なきように大井屋としてはどういう意図でどういうめんぱが作りたいのか?という核心を世の中のめんぱユーザー様にお伝えしておくべきだろうということに想いを走らせていました。腰のせいでリアルでは走れませんでしたけど 



昨日は久しぶりに私も漆塗りを手伝わさせていただきました。もはや大井屋の漆関係はすでに石関さんが担当して前田は常に補助員という感じになって来ております。石関さんは覚醒したということなのです。その分増えた余力で木工の曲げわっぱ造りをここからは前田のメインで向かっていけるわけです。実はまだまだ井川メンパとか曲げわっぱとかの木地の有り様には改善点があるように見えます。木の厚み、重さ、軽さ、硬さ、精度だけじゃない諸々を追い求めていくべきだろうと思うのです。


終わりの無い探求に至っては、ではどういう物差しで歩んでいるのか?ということを自己認識することとその認知を皆さんに理解していただくことが重要だと思うのです。ちゃんとこういうものを目指して、こういうことを守って、こういう未来の大井川めんぱを構築していく気持ちなんです!というそれをお伝えするべきだと思うのです。ですのでタイトルにあるように


2021年11月 大井川めんぱ憲章

それを今ここに

ちゃんとお伝えしておきたいと思います。よかったらよんでね!


一つ 漆に有機溶剤は混ぜないで匂いの無い大井川めんぱを造り続けます
一つ 漆は天日黒目した自家精製で油類など添加物を混ぜない漆を作って使います
一つ 柿渋下地の渋は自家製のものを使い、昔と同じように5回ないし6回以上は塗ります
一つ ボンドは使わないで昔と同じように桜のカバだけでもって縫い留めます
一つ 底板の接着等に使うむぎ漆もグルテンの強い中力粉以上を使います
一つ 錆漆の錆土は大井川流域にあるものを探し出して使います
一つ 木材は底板も曲げ板も大井川流域産の檜を使います
一つ 器として機能性、精神性、霊性をめんぱに投影させていきます
一つ 奴隷扱いすることを容認するような師弟制度は廃止して企業として人材の育成に励みます
一つ 仲間を大切にしてその個人の才能をめんぱ衆に還元させ大きな未来を切り開きます
一つ めんぱとして古来完成された形を復古させ本質を変えずに未来へ繋げる道を作ります
一つ 静岡だけでなく世界に向けて大井川めんぱの恩寵を広げ理解してもらうことに勤めます
一つ これからも皆さんに安全で美味しくて癒されるめんぱ弁当時間を提供します


他の井川メンパがどうのこうのというそんなちっせえ話をしているわけではありません。大井川めんぱ大井屋のめんぱはこうありたい!というのがこの大井川めんぱ憲章なのです。

というような感じのことを今もこれからも大井屋は守っていきたいと思っております。ぜひぜひそれらが本当なのか?この千頭まで来ていただければ嘘偽りなくお伝えするのが私の今生での使命かと思っております。これからも大井屋をご贔屓いただければ幸いです。よろしくどうぞ 


2022井川メンパの塗り直し修理についてのお知らせ
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079035212.html

大井川めんぱの機能性、精神性、霊性
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079132944.html

大井屋漆ギャラリーくるみんじょオープンのお知らせ
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079126949.html

井川メンパ大井屋から大井川めんぱ大井屋へ名称変更の話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079105560.html
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079114116.html

大井川めんぱ大井屋の覚悟について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079043953.html
大井川めんぱで未来を切り開く為にはの話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079070518.html

大井屋の屋号について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079129335.html

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます。川根本町千頭大井川めんぱ大井屋店主の前田でございます。こんばんわ〜

さて本日もお忙しい週末となりました。経理、接客、仕入れの商談、めんぱ作業、子守りとやることてんこ盛りでした!充実の一日!!ということであとはのんびり温泉にでも浸かりたい気分ですがちょっとブログを更新でございます。


大井屋がだんだんとめんぱだけじゃなくて、いろんな漆器を手がけ始めてはや1ヶ月。正直ものすごく手応えを感じております。めんぱで培ってきた嘘つかない漆で我々庶民が日常的に楽しめる漆器をどうやってリーズナブルに提供していくか?そんな何かを掴みに向かう気持ちが昂まってきた11月でした。


大井川めんぱ大井屋が今後目指していくところは、もちろんめんぱについて誠心誠意向き合って未来へ繋ぐ布石を撃ち続けていくことは第一議なのですが、そこから第二議的には町の漆器屋さん復活への歩みをこのくるみんじょギャラリーから始めたということなのです。

街の漆器屋さん?どういうこと??って思うでしょ?実は日本は江戸末期から明治大正にかけては日本全国至る所に漆器屋さんが点在していて、どんな小さな街にも1、2件は塗り屋があったのです。それだけみんな漆器を使っていたのです。漆器はむしろ庶民のものだったのです。それが今生き残っているのは高級漆器の系譜であり、芸術品や美術品を手がけていたところの技術や血筋が残ったと言えると思います。

庶民の普段使いし、傷んだなら塗り直して使っていくという昔どの街にもあったそういう風景のごく普通の街の漆器屋さんというのが今後大井屋がめんぱと同軸にして復活させていくことを目指しているところなのです。実は。

めんぱ屋さんというのはどの街にもあったわけじゃないけれど、塗師屋はどんな街にも存在していたのは間違いないわけで、そういう方向も併せ持ったことによって大井屋のビジョンが確実に広がってきたと前田思うわけです。風呂敷が広がれば広がるほどに燃え上がるのですね。このめんぱ屋さん。


どんな街にも昔、豆腐屋、畳屋、笠屋、籠屋があったように、普通にあった塗師屋を普通に取り戻したいのです。フランチャイズできないそういうお店が今後もっと増えていく為にはどうしたらいいのか?そういう実験場でもあるのがくるみんじょギャラリーの試みでもあります。



酒器を塗ったり、皿を塗ったり、枡を塗ったり、野弁当を修復したりと忙しい石関さん。
駿府の街に将来塗師屋が復活するように、めんぱも含めてなんでもありに塗りまくっているのです。皆さんが先祖から受け継いだ漆器を残すことも大事ですし、古いものを直して使っていきたい人には大井屋はどハマりするはずです。

大井屋が提供できる全てを注ぎ込んで街の塗師屋を復活させていく。そういう道が朧げながらも見えて来そうなのです。ぜひ皆さんも共に参りましょう。庶民漆器の世界はあなたが開く。そう心得ていただければと思っております。大井屋に出会ってしまったが為に、なんだか面白い漆器沼にはまる。そんな怖いことを考えているまえだでございます。ではまた明日!


2022井川メンパの塗り直し修理についてのお知らせ
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079035212.html

大井川めんぱの機能性、精神性、霊性
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079132944.html

大井屋漆ギャラリーくるみんじょオープンのお知らせ
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079126949.html

井川メンパ大井屋から大井川めんぱ大井屋へ名称変更の話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079105560.html
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079114116.html

大井川めんぱ大井屋の覚悟について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079043953.html
大井川めんぱで未来を切り開く為にはの話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079070518.html

大井屋の屋号について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079129335.html

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます。静岡県の漆塗り曲げわっぱこと大井川めんぱ大井屋店主の前田です。こんにちわ〜。


さて奥大井の紅葉も山場を超えて来たので、昨日あたりからグッと観光客が減ったように見えます。今週末からはいつもの川根らしい冬になっていくのかな?静かな川根も本来な気がします。めんぱゆっくりみたい人は12月からは来店の際は要予約でお願いいたします。 


さてさて静岡の奥といえば梅が島とか井川なんですが、NHKさんで今晩新日本風土記というドキュメンタリー番組がやるようです。ちなみに大井屋は一才出演していませんので、ただのオクシズの宣伝したいだけです。





先日どうやら今回の放送に合わせて昔の奥大井バージョン新日本紀行というのが放送されていたようでそこに海野さんが出演していたので井川メンパの問い合わせがたくさん来ました。


 
ここに出てくる井川メンパの海野さんはもう他界されてしまっており、今は井川ではメンパ屋さんはありません。井川に一番近いのは千頭の我々大井屋になってしまいました。 静岡の駅前とか駿府匠宿で売っているのは静岡の街場で生産されているものなのです。だから何?っていう前に、民藝という存在からこういうものを深く捉えるべきだろうと大井屋は思い、千頭にて生産と店舗運営を行なっております。そして今後どうやって井川あたりで何ができるだろうと数年考え続けてみようと思っているのです。


ちなみにこの映像の中に当時の大井屋のこの建物も映り込んでいます。面白いですねえ。


今晩のBS4Kで21時からの放送のようですね。ぜひ皆さんご覧になって、ついでにYoutubeで古いバージョンもご覧になってみてください。井川メンパ海野さんが出てきます。そういうことですね。

さてここから年末にかけてのんびりモードでいきたいものですが、石関さんの長期旅行と前田はしばらく経理仕事に抹殺されそうですので日々これはこれでまた忙しくなっちまいそうです。なんとか年明けに冬めんぱを販売できるように頑張っていきたいです。からの〜めんぱ塗り直し修理も〜なのです

誰かアルバイトしない?割と本気です(笑)
興味のある人連絡してねん!


2022井川メンパの塗り直し修理についてのお知らせ
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079035212.html

大井川めんぱの機能性、精神性、霊性
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079132944.html

大井屋漆ギャラリーくるみんじょオープンのお知らせ
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079126949.html

井川メンパ大井屋から大井川めんぱ大井屋へ名称変更の話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079105560.html
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079114116.html

大井川めんぱ大井屋の覚悟について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079043953.html
大井川めんぱで未来を切り開く為にはの話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079070518.html

大井屋の屋号について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079129335.html

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます。川根本町千頭の大井川めんぱ大井屋店主の前田です。こんばんわ。

しっかり冬らしくなってきた奥大井。本日は大井屋水曜定休日ということで、前田コンディション調整で諸々休みました。そうです。休むというのにも本気になって取り組まないと効果が期待できないそんな年齢になって来てしまったおっさんです。



クルミンジョギャラリーにでっかいストーブを入れました。これで朝一でもギャラリーが一気に暖かくなります。おかげさまでギャラリーの反響も非常に良いです。そしてここを基軸に新しい面白い動きも起きて来ています。今後いろんなコラボが起ってくるでしょう。それから石関さんの金継ぎ蒔絵漆教室もやることになるでしょう。来年はくるみん女な年になりそうですねえ。


ところで最近前田が考えていることは、先日少しお話しした大井川めんぱには機能性、精神性、霊性という三本柱を基軸にじっくり考えていたわけですね。

大井川めんぱ 機能性、精神性、霊性


霊性という表現は何もスピリチュアルなことを言うてるわけではないんです。めんぱという存在に毎度癒やされるそういう役割が実は大井川めんぱには込められていると信じているからです。
仕事で忙しくストレスフルな午前中を過ごし、お昼休みにめんぱを広げた瞬間にふわっと癒やされて飯がうまい。そういうのって実際あるのだと信じているからです。

人間が癒やされるというのはどういう瞬間でしょうね?想像してみてください。

人が癒やされるというのは、心も体もストレスから離れニュートラルな状態に導かれていくそれ自体を言うのだろうと前田は思います。結果ではなく、そこに至る過程が癒しというものだろうと。

ですから、大井屋の大井川めんぱには漆とか曲げわっぱのもっと深いところに眠っている神秘性をどうやって表現するかと言うところから物語は始まっていきそうなのです。


今後大井屋が数十年かけてたどり着くだろうその先へ、今日も日々少しづつ歩み、その一歩の癒しについて考えているわけです。


めんぱというのはとても奥が深いし、まだまだ面白い可能性がありそうです。


ではまた明日!


2022井川メンパの塗り直し修理についてのお知らせ
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079035212.html

大井川めんぱの機能性、精神性、霊性
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079132944.html

大井屋漆ギャラリーくるみんじょオープンのお知らせ
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079126949.html

井川メンパ大井屋から大井川めんぱ大井屋へ名称変更の話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079105560.html
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079114116.html

大井川めんぱ大井屋の覚悟について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079043953.html
大井川めんぱで未来を切り開く為にはの話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079070518.html

大井屋の屋号について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079129335.html

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます。川根本町千頭大井屋店主の前田です。おはようございます。

さて本日は世の中は祝日でございますが、大井屋の営業スタイルは何がなんでもとりあえず水木定休でずっと行くという考えるのが面倒なのでこうなったという感じのルールがございます。

ですので、今日のように火曜が祝日だろうが関係無く営業をしますのでぜひ前から気になってたぜって人は遊びに来てくださいね。逆に水木のどこかで祝日ですがやりますよね?って聞かれてもですね、前のめり気味に、いやお休みですが何か?みたいな感じになります。

つまり、簡単です。大井屋のあの人達は水木以外なら雪だろうと雪崩だろうと台風だろうがめんぱや営業してるんやでっていうことです。水木は動かざる事おっさんの如くですが。よろしくどうぞ



ギャラリーに華ちゃんのリメイク漆器シリーズが少しづつ仲間入りして来ました。今回は野弁当から前回のも含め3組登場して来ましたね。野弁当っていうのは江戸時代後期から明治期くらいにたくさん作られた箱に入った五段組くらいの行楽用弁当セットみたいなやつです。

昔の人はこういうのにお弁当詰めて山行ったり川行ったり海行ったりしたのでしょう。

ボロボロだったものを華ちゃんが一生懸命直しておしゃれな現代風野弁当に作り替えてくれました。これね、普通に0から作ったらこんな値段じゃ出せねえわあとおじさん思います。めんぱとは違うけれどご家族で出かけることが多い家庭やちょっとした小料理屋さんなんかどうでしょう?
食事が楽しくなる事間違いなし。大井屋ギャラリーはなんかいろんなもん出てくるなあとビビッときたらぜひ千頭まで遊びに来てくださいね。


さて修理の受付を相変わらずやってますけど、だんだん年末にかけて数が増えて来ています。12月は平日は基本的にお休みする予定ですので、なるべく早めに持って来てくれると嬉しいです。では本日も良きめんぱ日和になりますことを〜

2022井川メンパの塗り直し修理についてのお知らせ
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079035212.html

大井川めんぱの機能性、精神性、霊性
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079132944.html

大井屋漆ギャラリーくるみんじょオープンのお知らせ
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079126949.html

井川メンパ大井屋から大井川めんぱ大井屋へ名称変更の話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079105560.html
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079114116.html

大井川めんぱ大井屋の覚悟について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079043953.html
大井川めんぱで未来を切り開く為にはの話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079070518.html

大井屋の屋号について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079129335.html

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます!川根本町千頭の大井川めんぱ大井屋店主の前田です。おはようございます。

 今朝もしっかり寒い奥大井です。皆様いかがお過ごしでしょうか?前田は最近YouTubeで古武術を見るのが趣味で、そこから体軸の調整というのを見つけて腰痛を改善させています。俺は一体何屋やねん?

さて今日もどうでもええ感じで始まりましたが、大井屋は至って真面目に制作と営業に取り組んでいる11月でございます。大井屋ギャラリーくるみんじょの稼働が始まり、皆様にはメンパでけではなく諸々の景色や漆器をご覧いただける時間が増えて面白い場所になりつつあります。昔めんぱ買いに来てそれ以来いってないけど気になってブログだけは時々読んでいるよって人は半年に一回くらい来るといろんな変化がある大井屋なんでぜひ遊びにきてね!



例えばギャラリーではこういうシンプルにシンプルを重ね塗りしたような溜まり塗りのお皿などもあります。栃木の皿。個別でも買えますが、三枚組にすると15300円です。ご家庭でこういうシンプル漆器使いましょう。メンパだけじゃなくて、こういう素朴な漆塗りの食器は日々風合いが増していきます。傷んだら塗り直す。そしてずーと使い続ける。そういうのが漆器の良いところ。輪島塗もええですけど、塗り直しでもまたすごい高いお金出すっていうのはちょっと。と考えるならば大井屋の町の漆器屋さんていうコンセプト、いや村の漆器屋さんかな?にぜひのっかてみましょうね〜。一生一緒にいてくれや!っていう歌昔あったやないですか?知ってる人はすでにアレですよね。


ネーム入れは何も名前だけじゃないです。冠婚葬祭の引き出物仕様も承れます。予算を相談してくれればその範囲でやれることはなんでもやりますのです。また店舗で使いたいので屋号やロゴを書いてくれ。っていうので複数枚購入いただいた方にはサービスすることもできるのでぜひロゴ入れなどご相談ください。カレー屋さんもパスタ屋さんもこれでバエルこと間違いなしではないでしょうか?


最近問い合わせが何件かあったので改めてお知らせしときます
11/23(祝)通常営業します

12/4(土)午前中休業します。13時から営業となります。娘の保育園発表会なんで

従業員の石関さんは12月はなんと合宿免許取りで旅に出ております。前田ソロ営業ですので、ご勘弁くださいませ


ということで変則営業となります。それ以外はいつも通り水木定休日ですので、よろしくお願いします。

 
2022井川メンパの塗り直し修理についてのお知らせ
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079035212.html

大井川めんぱの機能性、精神性、霊性
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079132944.html

大井屋漆ギャラリーくるみんじょオープンのお知らせ
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079126949.html

井川メンパ大井屋から大井川めんぱ大井屋へ名称変更の話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079105560.html
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079114116.html

大井川めんぱ大井屋の覚悟について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079043953.html
大井川めんぱで未来を切り開く為にはの話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079070518.html

大井屋の屋号について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079129335.html

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます。静岡県榛原郡川根本町千頭大井川めんぱ大井屋店主の前田です。こんにちわ。

さて今週も営業が始まりましたが、相変わらずほとんど売り切れ状態です。そのため予約中心となりますが、もうね、そろそろね、、予約もね、、、どうしよう(笑)

ん〜嬉しい悲鳴とはこのことなんですが、予約ばっかりになってしまうと結局その後のお店の運営が必要なくなってしまうっていうことにもなりかねないわけですね。どうしたものか。。。。も少し生産が増えていく流れができると良いのですが、そこはなかなかのんびりスタイルが譲れない大井屋。


なんでそんなにゆっくりかだって?いや急いでるねんこれでも〜という訳です。皆さんご存知か分かりませんが、お店を運営して行くのは何もめんぱ作ってるだけじゃなくて諸々のタスクがあるわけですね。そこでさらにギャラリーとか始めたもんだからもうううう毎日あたふたあたふたとやっているわけです。

そんな忙し日々でも社員及び近所の若い衆との遊びは欠かせません


先日鹿肉を分けていただきました。そしてお客様から心機一転がんばんなってたくさんお酒もいただけた今月。みんなでわけわけして騒いで飲みました。田舎はお店はあんまりないけど、こうやって大井屋に集まってみんなで騒ぐのとても楽しいのですね。川根にもいろんな魅力ある若者がやって来出したので大井屋のおっさんは懐も場所も開放して無料で飲ませて食わせて楽しませて。なんてホワイト企業でしょうか?


そんな毎日めんぱな毎日な大井屋さんですが、結構真面目に考えることもあります。めんぱって漢字ないのかね?って

メンパ族について



前から時々中国のチベット系少数民族にメンパ、門巴族がいるんだよねっていうて来ました。


曲げわっぱとかメンパの古代ルーツについて考える


漢字を当てるならメンパは門巴になるかもしれないし、日本語的語感で行くなら面把、つまり木と木を繋ぐ柄を捉えるみたいな表記がよろしかろうと思うのですね。もしくは全く新しい漢字を産み出すか。


何が正しいとか正統とかもはやどうでもいいと前田は思います。当て字なんぞは古代の王朝や文化が入れ替わってどんどん変わっただろうからです。大事なのは発音でしょうね。
自分はメンパよりもひらがなのめんぱがしっくりくると思っています。なぜ井川メンパとカタカナ表記されるようになったのかな?想像するに、明治大正期にはすでに井川メンパと呼称されていただろうことが何となくわかる証拠とも言えると思うのです。

戦前はカタカナだった


カタカナをあまり使わなくなっていき、ひらがな主体の文字になったのは太平洋戦争以降のことだそうです。確かに戦前の新聞なんかはカタカナ多いですよね。

メンパをめんぱとするかどうかなんてのはどうでもいいですが、自分らの言語感覚に寄り添ってみれば前田は断然ひらがながしっくりくる。そういう時代の生まれなんで大井川めんぱとひらがな表記にしてみたんですね。まあ、そんなこたどっちでもええと言えば確かにほんとどうでもええねんけども(笑)


日々何かにこだわるのであればそういうどうでもいいことの積み重ねだろうと思います。ひらがなのめんぱが欲しい人はぜひ千頭まで遊びにおいでませ。ゆっくりお話しいたしましょう。


2022井川メンパの塗り直し修理についてのお知らせ
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079035212.html

大井川めんぱの機能性、精神性、霊性
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079132944.html

大井屋漆ギャラリーくるみんじょオープンのお知らせ
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079126949.html

井川メンパ大井屋から大井川めんぱ大井屋へ名称変更の話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079105560.html
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079114116.html

大井川めんぱ大井屋の覚悟について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079043953.html
大井川めんぱで未来を切り開く為にはの話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079070518.html

大井屋の屋号について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079129335.html

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング





 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます。静岡県榛原郡川根本町千頭にございます大井川めんぱ大井屋店主の前田です。おはようございます。

今朝の冷え込みはそこまででもなかったかなと。今のところ朝方は5度くらいまで下がるくらいですが、来月あたりになれば0度くらいまでは下がって来そうですね。1月の厳冬期ですと氷点下まで行くことも結構ある奥大井。静岡県って温暖だと思われているのですが、実際ほとんどが沿岸部に市街地があるので確かに向こうは暖かい。しかし内陸に少し入っただけで結構気温が下がる地域になるのも静岡県の特徴です。冬は海辺で。夏は山間部で。という理想的な近場2拠点生活を考えている人にはもってこいの地域です。ぜひ何か未来は都会から地方へと考えている方にはこの奥大井を中心に静岡という土地へ足を運んで感じていただきたい諸々がございます。今日はそんな未来の地方生活についてのお話を少し


さてさて今日は定休日ですので普段できない掃除とか、諸々の経理仕事なんかを進めながら気分転換に大井屋の前田がここ5年かけて移住して創業して事業を立ててきたお話を少しさせていただきたいと思います。


自分は2016年の5月にこの川根本町に移住して来ました。簡単にその辺りからざっくりいくと、めんぱ修行の後に手持ちの資金などがあるはずもなく、ですので銀行から融資を受けて古い住居兼店舗を買って、木工所を建てて、少ない資金繰りの中からちょっとづつ店舗の改装したり、途中漆かきの修行もしてみたり、ああでもねえこうでもねえとやって参りました。気づけば子供を授かり、子育てもできる環境となっています。

元々は学生時代は京都、流れ着いた大阪、30歳を機会に東京、横浜と渡り歩いて来ました。36くらいで静岡に戻って来た時に、その後の人生をどうすべきか。ちょっと悩みました。そして出した答えが先祖の元へ帰って行くという人生設計だったのです。どういうことかというと、自分の母方は井川の出身であり静岡県最北のちょっと独特な文化に憧れたというところでしょうか?

静岡市の用宗というところが自分の生まれ育った土地であり、とても温暖でよく言えばカリフォルニア、悪く言えばデトロイト(笑)最近は用宗がなぜかオシャレに再開発されてカリフォルニア感がすごいですが、自分の子供の頃はデトロイト(笑)

それが同じ静岡市なのに最北端の井川まで行くと気候も違えば言葉も違う。井川ってよく言えばジュネーブ、悪く言えばカトマンズみたいなものです。いや違うかw

まあ、とにかく沿岸の温暖な気候とは違い、寒く厳しい山の生活という両極端な世界観に自分は憧れていたわけです。欲を言えばこのどちらも今後の人生で行ったり来たりするそういう生活が理想だなと漠然とながら考え、井川メンパというメソッドを武器にそういう人生を歩んでみたいなと思ったのが始まりといえば始まりなのです。


気づけば井川までは辿り着けなかったものの、大井川の上流部に住むことから始まったのも2016年ですね。楽しくもあり、諸々大変だったこともありますが、今こうして大井川めんぱと仕切り直して歩み出したというのもあり、なぜか清々しい気分で2022を迎えていけそうな気がするのです。もうすぐ年末ですねえ、、、、塗り直し修理は大晦日までしか受け付けませんのでそこんとこヨロシクです。




でもって、自分がこの移住とかめんぱ事業を始めてから感じた諸々のことがたくさんあります。

田舎移住についての色々

会社移住という話

日本にはいろんな地方と過疎地がありますが、この奥大井も例外ではなく静岡県下でもトップな部類の人口減少地域であります。自分が移住してきた2016年では確か人口が8000人切るくらいだったはずが、たった5年で7000人切って今や6000人台かな。

2021/10 川根本町の人口

多分来年には5000人台に突入するでしょう。それだけ加速している人口減少が始まって久しいわけですね。


ただ悪い感覚だけでも無いのです。自分が移住してきた5年前とは明らかに状況が違って来ている光明が見えて来た出したような感覚を前田は感じています。


若い移住者が増えた。というかだいぶ若い20代が格段に増えていると感じるのです。実際統計はどうなっているんでしょうね。気になるところですが。大井屋に就職してやってきた石関さんも23歳。こんな山奥に若い子一人で移住させてもうたらかわいそうやあなと思っていましたが、意外にも大勢の同世代の仲間が移住して来ており彼女なりにあっという間に仲間が出来て日々仕事と生活を充分楽しんでいる様子です。


面白いことに仕事がきっかけで移住してくる子が多いように見えます。コロナ以前に世の中の流れがだいぶ変わり始めている証拠だろうとも思います。


実は自分もサラリーマン時代には、都会で住む皆さんと同じようにローンを組んで新築のマンションなんかを買ってみて普通というかオーソドックスな生活を営んでいた時もあるのですが、なんだかそういう生活は自分には全くもって合わなかったのを覚えています。


なぜみんな新しいものばかり欲しがるのか。手直ししてあげればめんぱと同じように家とか地域とかも充分機能的に使い続けられるのに、社会も、物質も全て新しいものに作り替えようとすることで何か前進してきた雰囲気がするのです。

自分は井川めんぱに出会って一番面白いと思ったのは、塗り直してずっと何回も使っていくことができるそういうお弁当箱だったところなんですね。実のところをいえば。自分所のめんぱを買ってもらうというのは将来の修理を担保することだとも言えます。売ったはいいけど、自分が死んだ後は俺知らんで!ということであるならばそれは未来に繋がっているとは言えないのだろうと思うのです。

井川めんぱ海野さんが亡くなられて、それを修理することが叶わなく困った人がこれからも大勢出てくることでしょう。でもそれはご安心ください。大井屋が請おって未来へ繋ぎます。大井屋がなくなろうとも、めんぱをちゃんとやれる職人がおりさえすれば皆さんのお手元のメンパは未来へと繋がっていきます。大井屋の真意はまさにそこです。ですから名前を変えたとてやることは何も変わらないし、むしろめんぱ職人をもっと増やして世に貢献させて行くには今このタイミングだったように感じています。


さて自分の話は置いといて、これから川根に移住したい、地方に移住したい、都会での生き方にはもう未練がないぜっていう人にお伝えしたい所なのですが、自分が思うに川根はクラフトやアーティスト活動するにはもってこいの立地とバックアップと人材集合が起きる場所だと考えております。

自分が工房を立ち上げた時にネット社会とはいえ、やはり諸々の小道具やメンテナンス材料などを買い出しに出て行くことがたくさんありました。市街地まで実は40分程度もあれば出られる川根は結構便利なポジショニングです。また、工房を構えようとした時に自分は直撃で川根本町の役場に出向き、当時の鈴木町長が後押ししてくれたことによって工房を短期間に構えることが出来ました。何事も指喰わ得て待つのではなく、自分で押し込んでみることが大事だと思います。

民藝でいけば、木工も、竹工芸も、編み物、石工とかなんでもやりようがあると思うのです。そういうのを自分で作り出して生活諸共に生業にしていく生き方はむしろローコスト、場合によってはハイリターンにもなり得ます。都会でしんどいから移住するのではなく、山間地なら自分の理想をより早く具現化できるここはフロンティアなんだと思う思考ロジックが大切かと思うのです。


お試し移住でもいいでしょう。いきなり本気移住でもいいでしょう。安く住める公共住宅も実は結構ある。古民家買うにしても、移住してから諸々見て周りチャンスが到来したら物件買って自分で直したり、仲間増やして手伝ってもらうっていうのも田舎の生き様だと思うのですよね。


ぜひこれをきっかけに奥大井へ関心を向けてくれる若者が一人でも増えますことを願います。


ではまた明日!


2022井川メンパの塗り直し修理についてのお知らせ
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079035212.html

大井川めんぱの機能性、精神性、霊性
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079132944.html

大井屋漆ギャラリーくるみんじょオープンのお知らせ
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079126949.html

井川メンパ大井屋から大井川めんぱ大井屋へ名称変更の話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079105560.html
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079114116.html

大井川めんぱ大井屋の覚悟について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079043953.html
大井川めんぱで未来を切り開く為にはの話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079070518.html

大井屋の屋号について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079129335.html

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます。静岡県の曲げわっぱこと川根本町千頭の大井川めんぱ大井屋の店主前田でございます。こんにちわ。

さて大井川めんぱ大井屋の最近はもう怒涛と呼ぶのにふさわしい日々が続いております。前田、もうしばらく休んでなさすぎてちょっとしんどい(笑)

ただ我々めんぱ職人はマグロみたいなもので、常にめんぱを作り続けるという自動操縦モードに心技体が至らなければ余計に疲れたりする物なのです。なんというか世の中にあるような一般的な仕事とはちょっと違うということを石関も最近理解し出したように見えます。深くはまだ話してはいないけれど



最近大井屋クルーは朝一の時間帯は数時間木工所でいろいろやってから大井屋で漆塗ったり接客したりジム仕事こなしたりいろいろやっております。石関さんは漆関係が学校でしっかりと仕込まれて来ているのでほとんど前田の言うようになんでもやってくれるようになりました。そして最近は処理速度の向上も自分なりにトライアンドエラーを繰り返して意識しているようです。もはや大井屋の塗りは全て石関姉さんにぶん投げていこうとすら前田思っております。

でもめんぱ職人としては当然木工もできないといけない。いや、むしろ木工の方が奥深い。だって漆塗れる人は世の中には結構存在する。曲げわっぱ作れる人はものすごい少ない。だから大事だと言えるのです。

ただこの木工という世界は結構危ないんです。新しい機械はいろんな安全機構がついているので安心感も増しますが、我々の持っている木工機械は大体が前時代のもの。しっかりとした安全意識が無い人はいつか怪我をしでかすのです。そして怪我することが一番職人としてはアウトな事象なので、石関さんにはゆっくりと時間をかけて無理をしないように一日数時間という小分けにして知識と意識の定着を図ってみております。

伝統工芸だとかなんとかいいますけども、実際のところ職業訓練校の方がよっぽどしっかり学べます。木工を覚え、漆工を覚えれば割と曲げわっぱというものへのチャレンジは難しくないと思います。めんぱなるものはそれを創始した古代の人の発想を追憶してリビルドさえできれば良いのです。誰かに教わる近道を選ぶなら、怪我をしないという前提の導きを得て欲しいと前田は思います。

職人として大事な意識は生涯において怪我をしない。その為には何を大事にすべきか?どう経験と知識を積み上げるか?だと心底思います。若い人のチャレンジは嬉しいものの、そういうハードルを越えるにはちゃんとした道を自らがしっかり吟味し選択するべきです。そのお手伝いなら前田厭いませんのでいつでも未来の話を語りに来てくださいね。特に若い人こそです。


大井川めんぱが未来へ向けて歩み始めて早くも半月。めんぱはすでに一年待ちの商品だらけになって来てしまいました。早いものでも3ヶ月から半年となります。ただ我々は今だけをみているわけではないし、怪我をしない為にもゆっくりとじっくりと制作に当たらせていただいております。なんなら石関は来月からドライヴィングスクールへ旅立ちます。そんな感じなんすスイません。


なぜこんなにじっくり身構えていられるかといえば、前田が思うにしっかり嘘つかないで本気で大井川めんぱ作っていきさえすればいつでも皆さんに求められるものが大井川めんぱだと感じておるからです。つまり、この先どんな時代、どんな社会体制、どんな経済状態になろうとも大井川めんぱは善良なる人々に求め続けてもらえるそういう存在だろうと確信しているからです。借金大変やけど。


めんぱの予約は現在店舗のみでの対応とさせていただいております。電話、メールでは予約は受けられません。遠隔地の人は申し訳ございません。地元をまずは優先する大井屋です。時々当ブログを覗いて通販対応できる在庫が出た瞬間連絡していただければ多分なんとかなるとは思います。


そういうわけで今日も皆さんめんぱで美味しいご飯食べてください。また明日!


2022井川メンパの塗り直し修理についてのお知らせ
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079035212.html

大井川めんぱの機能性、精神性、霊性
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079132944.html

大井屋漆ギャラリーくるみんじょオープンのお知らせ
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079126949.html

井川メンパ大井屋から大井川めんぱ大井屋へ名称変更の話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079105560.html
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079114116.html

大井川めんぱ大井屋の覚悟について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079043953.html
大井川めんぱで未来を切り開く為にはの話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079070518.html

大井屋の屋号について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079129335.html

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます。川根本町千頭の大井川めんぱ大井屋の店主前田でございます。こんにちわ。

さて今朝もぎゅぎゅっと冷え込んできた奥大井。しっかりとした冬の到来といった具合です。これからしばらく後は2週間おきくらいに雨が降り、その度に少しづつ気温が下がっていき氷の世界に突入していくのが1月から2月前半くらいでしょうか。

その頃には大井屋も冬のメンパのリリースと2021井川メンパ塗り直しの大詰めになっていることでしょう。予定がすんなりいくのであればあああああ。ということでみんな祈っててください!

もうね、本当に予約が多く詰まって来てしまっていて、正直来年は半年くらいお休みしながらでもなんとかしないといけねえかもと考える始末です。いやいや、人増やしてなんとかセーやとお思いかもしれませんが職人を一人養うというのがどれだけたいへんか?石関さんがまだ有能だからなんとかなっているようなものの、やっぱりこういう工藝の世界のハードルはかなり高い!でもオレ達はやるで!なんとしでも静岡の大地に漆で生き抜いてやろう!というそういうのが大井川めんぱでございます。皆様応援よろしくどうぞ


さて大井屋のギャラリーが段々と威力を発揮して来ております。僕らもギャラリーでの商品の提案の仕方や皆さんのお気持ちなどを勉強させてもらって、より良いギャラリーコンセプトを段々と明確化できるようになって来たので、ここらでちょっとくるみんじょギャラリーのことをもう少し説明しておこうと思った次第でございます。



どどん。どん、どん。一般家庭では絶対必要のないビッグサイズ。食篭君です。大井屋ギャラリーではここにしかなさそうなものをなるべく出していきたい。と考えながらも同時に皆さんが本物の漆を塗った漆器を日常使いできそうな値段で提供するというものを目指したいと考えて考えていろいろやっております。

でもって、これは食篭という大ぶりな炊いた米を入れておく漆器の容器のことです。使用人が多い大きな商家や武家では日常的にこういうものを使ってみんなでご飯を分けて食事したということです。ですから蓋にはその家の家紋が蒔絵で描かれていたりします。

大井屋くるみんじょギャラリーは実は一般の人にリメイク漆器でまずは漆器の神秘を安価で感じて欲しいという活動だけではなくて、こういう食篭のような商売で使えそうなサイズを飲食店さん向けに提供していきたいと思っているのです。だってうまい飯食いたいし、そういうお店に行きたいじゃない?自分自身が。

お鮨屋さん、鰻屋さん、ケータリングサービス、お弁当屋さん。どんなところでも米をよそうという行為をお客様にお見せすることがある商売の方には必ずバエルと大井屋思うですよ。


漆器の抗菌力。酵素力。プラ容器に入れるよりよっぽど理にかなっているのですが、新品買うと代用漆の物でも相当値段がはります(漆器というても本物の漆ではないものでも漆器と表記されることがありますのでそういうことをみんなもっと調べて欲しいですよ)こういう補修も必要ですが古いものを治しさえすれば味のある、コストパフォーマンスの良い事業用の漆器も生産ができると思うのです。

そうです。漆器には事業用の需要があるはずですが、ここにフィックスできる企業ってほとんど今の日本の漆産業には存在していないように見えます。そばのねりばちだってほとんどがプラスチック整形のものしかないと思います。蕎麦屋の友達に木で漆塗った煉鉢あげるから使えっていうても、重たいからやだとか言いやがります。でも、大事なのは漆の神秘で米や蕎麦粉の旨味がますことだろうと前田思うです。だってみんなうまい蕎麦食いたいやんか!蕎麦食って温泉入って大井川眺めてみろ!うつ病ってななんだっけ?ってなりますよきっと。

最近徐々にではありますが事業者さんからも問い合わせがいろいろ増えて来ておりますが、めんぱだけじゃなくていろんな漆塗り容器をご要望に合わせて提案しております。こんな感じで仕事に使いたいなど要望があればむしろオンリーワンの漆器が出せると思うのです。ぜひご相談ください。二階くるみんじょギャラリーにて商談承ります。


さてところでなぜギャラリーの名前がくるみんじょなの?って誰かいつか聞いてくれるだろうと思ってるのに今のところ誰にも聞かれてないのでもう言っちゃいます。

くるみんじょというのは、実は大昔しにこの川根の上流部で井川側からも寸又側からも信濃俣という場所を抜けて信州の伊那谷や飯田の方へ抜ける山の街道があり、そこを行き来する人を監視や検視をするために、井川の大名海野家がその役割をになっていたといいます。そこをくるみんじょと呼び、おそらくは来るのを見る場所がそうなったんだろうと思うのです。

大井屋の二階はSLが来るのを見る場所としては日本一かもしれませんので、SLが来るを見る場所としてくるみんじょのネーミングをもらったのでした。


もしくは大井屋プレゼンツ、本気漆ムーブメントが来るのを見るギャラリーとしても機能させていただきたいので、大井屋前田ご来店いただいたお客様とじっくり話ができるくるみんじょとしても活用いただきたいと思っております。ギャラリーができて、いろいろ商売の幅が広がりつつあります。静岡のみんなでもっともっと面白い食文化作っていきませんか?そのために大井屋をどんどん使っていただきたいと思っています。よろしくどうぞ!


2022井川メンパの塗り直し修理についてのお知らせ
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079035212.html

大井川めんぱの機能性、精神性、霊性
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079132944.html

大井屋漆ギャラリーくるみんじょオープンのお知らせ
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079126949.html

井川メンパ大井屋から大井川めんぱ大井屋へ名称変更の話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079105560.html
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079114116.html

大井川めんぱ大井屋の覚悟について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079043953.html
大井川めんぱで未来を切り開く為にはの話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079070518.html

大井屋の屋号について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079129335.html

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます。川根本町千頭の大井川めんぱ大井屋店主の前田です。おはようございまーす!

さて本日も朝は少し冷え込みましたが昨日ほどではなかったですね。日中は陽も出ていますので過ごしやすい感じになる1日かと思います。紅葉を見にぜひいらしてくださいな!

っていうことではあるのですが、目の前で真っ赤に紅葉している景色をのんびり見に行くこともできない大井屋さんたち。今日も必死にめんぱ作ったり、営業してます。この必死感伝わりますでしょうか?

 
在庫状況ですがいよいよもうちょっと予約が、、、これ以上、、、おおおおお、、、、という感じで丸型の組子(セット商品)がMセット、Lセットが一年以上待ち。LLセットが半年から一年待ち。
小判形を含め丸型の単品商品も半年待ちくらいになって来ました。とにかく、ちょっと今後はすぐにはメンパを供給するのには時間がかかる状況になって来ております。これでもメール電話での予約は受けないとさせていただいているのですが、もう如何にもこうにも。。。ありがたいですが、心苦しい。。。


すみませんが、大井川めんぱはしばらくはかなり時間がかかると思ってください。ですので、プレゼントでいついつまでに欲しいというのはちょっと難しくなって来ておりますのでご容赦願います。




寒くなって来たので例年通り薪ストーブの上でメンパをじっくり茹でております。大体二晩くらい煮込むと油類が抜けて曲木が素直にもなるし、軽くなるのです。なぜかというとヒノキに含まれている精油の重みやミネラル類の重さというのは実は結構馬鹿にできないくらい重みがあるのです。古代のめんぱがやたらと軽いというのはまさにこういうアク抜きをしっかりやっていたからだと思います。

大井川めんぱ大井屋ではこの曲木をじっくり煮込むことを大事にしております。夏場は茹でるのが難しい時は時間をかけて2ヶ月くらい水につけて充分に油分を抜いてから曲げていきます。ですのでとてもめんぱが軽くなるっていうそういうミラクルが起きるのです。


皆さんはメンパを求めるときに見た目や値段は気にしますが、この重量について考えることはあまりないと思います。ただ前田が思うにメンパの大事な特性、軽いのに丈夫。丈夫なのに米がうまい。というそういうのと同列におきたいくらい重さというものへのチャレンジを繰り返して来ました。

ですからそのフィードバックとして重さから解放されたお皿メンパや家庭用のお櫃というのは近年曲木も底板も分厚くしております。メンパにおいては限界までの厚みの上に、さらに軽いという命題を両立させていくにはということで、このような木材のしっかりとしたアク抜き工程を入れ込んでいるのです。それは何も重さだけではなく、しっかりと細胞内の灰汁を抜き切ることによってその後の柿渋下地の入りやすさや漆の染み込みやすさというものへと繋がっていくだろうということです。
同じように作ってみても、毎回違う気づきがあるものです。かつての職人もそうだったように、我々めんぱ職人に大事な要素というのは気づきを興させて常にシンプルの中に真理を求め続けようとする心意気を持つということだと前田は感じております。


大事にしたいことの本質をしっかり見つめていく。世に色々めんぱあれど、木が分厚いのに軽いというめんぱが存在するということを大井川めんぱで実践していきたいと考えております。よろしくどうぞ!!


大井屋漆ギャラリーくるみんじょオープンのお知らせ
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079126949.html

井川メンパ大井屋から大井川めんぱ大井屋へ名称変更の話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079105560.html

大井川めんぱ大井屋の覚悟について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079043953.html

大井屋の屋号について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079129335.html

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます。川根本町千頭の大井川めんぱ大井屋店主前田でございます。こんにちわ。

さて紅葉本番となりつつある奥大井。連日たくさんの車が川根筋を上がって来ております。大井屋にも大勢のお客様が来ていただきありがとうございます。今日もめちゃくちゃ忙しかった。今やっとのんびり出来ておりますが、皆様如何お過ごしでしょうか?


毎日大井屋の前田と石関はギャラリーの片隅でお昼ご飯をめんぱ飯。略してパ飯を楽しませていただいております。めんぱ仕出し出してくれているフォークノットさんいつもありがとうございます。

そんなパ飯タイムは大体ギャラリーの真横をSLが通り抜けていきます。




ふと見ると紅葉したポプラを借景になんとも哀愁ある電気機関車が通り抜けるではありませんか。
絵になるギャラリーくるみんじょ。メンパや漆器だけではなく、ぜひこの風景も楽しんでいただきたいと思っております。今月中は鋭意ギャラリーも営業していきますので是非是非ご来店の際は2階くるみんじょギャラリーへ足を運んでいただけると尚のこと大井屋喜びます。よろしくどうぞ


大井屋漆ギャラリーくるみんじょオープンのお知らせ
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079126949.html

井川メンパ大井屋から大井川めんぱ大井屋へ名称変更の話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079105560.html

大井川めんぱ大井屋の覚悟について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079043953.html

大井屋の屋号について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079129335.html

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます。川根本町千頭大井川めんぱ大井屋の店主前田でございます。おはようございます。

今朝のギャラリーの温度はいよいよ10度を切っておりました。今ストーブでお店を温め始めております。今日も奥大井はピリッと冬の入口といったところ。上着を忘れずにお出かけください


さてさてこの10月は秋めんぱのリリースと大井屋ギャラリーの開設とメディア取材から改名など諸々のことがあった大井川めんぱ大井屋。現在緩く冬のめんぱの仕込みを始めているところでございます。最近は日中接客対応が多い為、なるべく朝早い時間帯は木工所で作業を進めて日中は店舗にいるように心がけておりますが、それでもやはりお客様をお待たせしてしまうこともございます。都会の感覚で来るとお店に来ても10分近く待たなければいけないということにイライラする方もいるかもしれません。ただここは奥大井。のんびりタイムで大井川の景色や千頭駅など眺めて少しだけお待ちくださいね。


ギャラリーも出来て大勢のお客様に長く大井屋に滞在していただくことが多くなって来ました。それゆえに我々も制作に当てるという時間配分が随分と難しくなって来たことも実は感じております。今の所ギャリーとめんぱ店舗のどちらも解放して対応しております。今月11月中は少しそのまま様子を見させていただこうと考えております。


ただ来月12月はなんと石関の華ちゃん自動車免許を取得しに1ヶ月大井屋をお休みすることに。。。寂しい。。。ではなく、俺一人でギャラリーもお店も制作も回せるはずがねえぞオイオイ!っていう事実に数分前くらいに気づいた前田。しかも年末にかけて修理の持ち込みが増えるわけですね。ということにも数秒前に気づいた前田ですね。鳥みたいな脳みそですいません。


と、いうわけで12月は今と同じようにはちょっとやれないなということですのでお店の運用を少しだけ変更してお知らせします


2021・11月は通常通り水木定休日でくるみんじょギャラリーとめんぱ店舗運営と修理の受付、めんぱの予約対応など承ります。


2021・12月
くるみんじょギャラリーは全面お休み(要予約で対応することもできますので遠方からの方はご相談ください)
めんぱ店舗は土日月曜のみ営業します。 火曜から金曜まではお休みとさせてください。
ただし、前田は木工所もしくは工房にて作業はやっておりますので修理の持ち込みは水木以外なら対応しますのでこちらも事前にお申し出いただければ対応できます。ご相談ください。
 

そいった事情もあり、今回は修理の受付を静岡県中部地区の方も持ち込みだけではなく郵送対応可能とさせていただいております。ただしその際は電話かメールにて相談の上年末に合わせて郵送ください。そして修理の返却はコロナが拡がらない限りはなるべく健康な方は店舗まで引き取りに来ることを前提とさせていただいておりますので、その旨ご理解いただきたく存じます。

と何度言ってもやっぱりそんなの関係ねえかわかんないですけど、水曜日だろうが木曜日だろうが朝の5時だろうがめんぱ修理して!って持ってくる人が割といたりします。流石に朝の5時はビビるのでやめてください。今から山登るところだったんでついでに〜とかやめてください。できれば生きて帰って帰り道に預けていってください。それがお互いの為だと思うのです。早朝突撃は流石に怒るで俺も。


そんなわけで12月はちょっと縮小営業となります。石関さんは12月はまるまるいないと思いますので、そこのファンの人には申し訳ない。来年出直してこいと言うておきます。

漆の塗枡で日本酒飲みながら娘が描いてくれたお絵かきを眺めているとまあまあ幸せになったりするものです。人間の幸せなんてそんな程度で充分ですよね。大きな欲望に身を委ねるのではなく、手のひらの喜びに気づいて生きいける人にこそ大井川めんぱお届けしたいと思っております。これからも一生懸命作るのです。よろしくどうぞ

 大井屋漆ギャラリーくるみんじょオープンのお知らせ
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079126949.html

井川メンパ大井屋から大井川めんぱ大井屋へ名称変更の話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079105560.html

大井川めんぱ大井屋の覚悟について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079043953.html

大井屋の屋号について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079129335.html

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照くださいにほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます。川根本町千頭大井川めんぱ大井屋の店主前田です。おはようございます。

今朝はピリッと晴れておりますが、かなり風が強い。なんだか冬になったんだなあという感じ確かにして来ましたね。ここから例年ですと、紅葉シーズンで大勢の観光客が奥大井を訪れてくれて温泉入ったり、SL乗ったり、山登ったり、めんぱ買ってくれたり、お土産に井川銘菓めんぱモナカも買ってくれたり、カモシカ目撃したりするものですね。

さてそんな大井屋今日は定休日ですが、遠くからどうしても今日来店くださるお客様がおりのんびり午後はお店を開ける予定でおります。そんなのんびりモードに見えてそろそろ確定申告の帳簿作りなんかを初めておるわけで、まあ自営業ってのは休みがねえもんです。


そんな年がら年中メンパ屋さんではありますが時々神楽のサークル活動みたいなことをやっております。



自分が川根本町に移住してここの文化で良いなと思ったのがまさにこの神楽。よくわからないままにやってみたいです〜昔サックス吹いてたことあるんでやってみたいです〜いうてたらお誘いいただき千頭神楽会に入団させてもらったのももう5年前。メンバーの高齢化に伴いあまり練習という練習が今までなかったんですが、今回大井屋に就職した石関さんは業務命令みたいなノリで神楽参加セーということになり、おじさんたち一念発起して練習を再開することになったわけです。

実は川根本町の青部という集落にこんな素敵な設備が2年ほど前にできました。伝統文化伝承館




利用料金も格安です。いつも練習はクソ寒い神社の参集殿というところでしたが、ここは暖かいことこの上ないので親分達もノリノリで練習しました。実際五年にして初めて教わることだらけでちょっと笑えました。今まではなんやったんや、、、、

大井屋の石関さんもこれを機会に伝統と生きるみたいなことに少しでも何か想いを馳せていただければうれしいなと思っております。ただ、、、石関さん、、、革ジャンで練習に参加する。。。っていうとてもかっけええ女なんですよね(笑)

石関だけではなくて、今回からよしかわちゃんていう若い女子も参加してくれて、それはもうおじさん達浮き足立つわけですね。練習にも身が入る入る。きっと良いグルーヴが産まれてくると前田思いました。

冗談はさておき、この川根の神楽文化のちょっとした危機を話しておきたいです。

元々神楽というのは各集落にたくさん神社があり、昔はいろんなところで神楽が奉納されて来ました。集落には大体踊りの名人、笛の名人、太鼓の名人がいたものです。それが、現在は川根筋でもほとんど神楽が舞われなくなって来ております。

神楽が舞えなくなったというのは集落として格段に勢いが落ちたという目印的なことなんだとも言えます。自分たちのコミュニティの勢いを落とさない為には、やはりこういう伝統文化をもっと気軽にやれるという流れを作るべきなのだと思うのでとりあえず前田流れを変える為に神楽の勉強からおっ始めてみました。

川根筋の神楽は大井川に沿って、井川の方から降りて来たとの伝承があります。安倍川沿いの神楽とは系統が違うというような話です。それはおそらく大井神社信仰の為かと思われます。


大井神社信仰


大井川めんぱと名称変更したことにより、さらにこの大井川というものと対峙を初めた大井屋でございますが、神楽は1番の実践的勉強にもなりますし何より結構楽しいのです。秋と春の大祭りの時に本殿に上がって笛を吹かせてもらうのもなかなか移住してきたばかりの人に許されるものではないのですが、神楽会のおかげでこのコミュニティの中に溶け込ませていただけたと感謝しております。


実際のところ、神楽の笛名人達の多くも現在は仕事や家庭のために川根ではなく市街地に住んでいる方も多くいます。ですのでもはやこの地域に住んでいなければできないという時代ではなく、こういう文化に興味がある人であれば神楽参加できますので、少しでも川根に縁があり興味がある人はぜひ話しかけてみてくださいね。お待ちしております

ということで、今日ものんびり一日一めんぱで参りましょう。ではではー


大井屋漆ギャラリーくるみんじょオープンのお知らせ
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079126949.html

井川メンパ大井屋から大井川めんぱ大井屋へ名称変更の話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079105560.html

大井川めんぱ大井屋の覚悟について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079043953.html

大井屋の屋号について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079129335.html

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

YANBAYでございます。川根本町千頭の大井川めんぱ大井屋店主の前田です。おはようございます。

さて奥大井。今朝は寒さよりも風が強い。もちろんちょっと肌寒いですが、なんせ南から強風が吹き上がって来ております。南からの風は結構暖かいんですよね。夕方になると河口に向かって風は流れる。そんなことを5年かけて気づいた大井屋前田です。おはようございます。


今日は休日ですが、またちょっとしたメディア取材がありますので今日は普通にお仕事する大井屋クルーです。先日めんぱでワインクーラー今度作るね!っていうてた大井屋ですが

大井屋のワインクーラー


実は早速ワインクーラーの木地をもう少し深くして直径を小さくして細長いものへと変えてみようとはしていたり水面下でいろいろやっておりましたところ、素敵なワイン木箱を分けていただけました。これはなんという巡り合わせ。ということでもうね、ちょっとコンセプトを変えて大井屋プレゼンツ漆塗りの葡萄酒グランピングセットなるものを作ってみようかと思い立った前田です。

早速昨晩旅行帰りの石関先生をとっ捕まえてどんな塗りにするか考えてみましたよ。そんなたくさん一気に作れるものではないのでめんぱ生産に合わせて毎回少しづつギャラリーに出していく商品になりそうです。ソムリエさんがこれにワインを入れて、お客様本日はどちらの御ワインにされますか?なんつってやってほしいそんな木箱にしたいと思うですよ。




そんなこんなで秋深まりし今日。奥大井はばっちり紅葉しております。風強いです。気をつけてアガ的てください。

ではまた

大井屋漆ギャラリーくるみんじょオープンのお知らせ
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079126949.html

井川メンパ大井屋から大井川めんぱ大井屋へ名称変更の話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079105560.html

大井川めんぱ大井屋の覚悟について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079043953.html

大井屋の屋号について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079129335.html

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます。静岡県榛原郡川根本町千頭駅前大井川めんぱ大井屋店主の前田です。おはようございます。今朝は雨から始まる肌寒い奥大井です。明日あたりから晴れたら紅葉も凄そうですがぜひ、上着を一枚忘れずに登ってきてくださいね。


さて最近の在庫状況といえば?申し訳ありません。現在一生懸命冬のめんぱ制作しておりますが、まだまだそれが上がってくるのは先のこと。最近はギャラリーの開設や名称変更とともにいろんな雑務、石関さんのファミリー旅行、前田の温泉通い。というようにどうしてもめんぱ制作が遅くなってきてしまっています。大変申し訳ございません。とりあえず新しいめんぱは年内には上がって来なさそうです。12月は車の免許取りに石関さんが行くので塗りの作業的には新年に移行しそうですし並行して塗り直し修理も来年の頭にはじまって来ます。1月は怒涛の塗り月間です。休み明けの石関姉さんの大回転期待しております。店主は休みなく働き、社員には旅をさせる。優しすぎる大井屋です!高評価お願いしまーす!


とまあ、ふざけてみるものの、実際現在ある在庫はお櫃15センチモデル、17センチモデルと丸型2寸XL。めんぱですと在庫はこれだけになります。通販対応できるのもおひつサイズのこちらになります。ですのでいわゆるお弁当サイズのめんぱは申し訳ありません。一つも在庫がなく、売り切れており、、、、大変、、、申しアフェ、、、、にくい。。。。。のですが、、、、

現在組子のセット商品は一年待ち
それ以外の単品商品も半年待ち 
という状況になっており、電話メールでの予約は承れませんのでごめんなさい。予約は大井屋の店頭のみでの対応とさせていただいております。ご容赦ください
もちろん先日紹介したギャラリーの商品群はたくさんあるのですが、めんぱに限っていえばもはや全て売り切れております。


そういことなので申し訳ありません。多分まだ数年は静岡以外の人に大井川めんぱを安定供給できそうもありません。しばらく眺めていてください。時々生産した余剰分が通販在庫として登場しますので、それを狙って出会えてたらラッキーくらいに考えておいてください。あとはこのブログで前田のしょうもない呟きを楽しむくらいでしょうか。。。ごめんなさい。


石関さんが登場してくれたおかげでこの冬以降はおそらくだいぶ仕事が手早くなってくると思われます。実際そんな雰囲気になってきたのが夏以降にそう感じております。きっと次の春は明るいだろうと思うのです。そうなってきたらまた新しい力を借りれる状況にもなるかもしれません。そうやって一歩でも早く皆さんの期待と希望に叶えられる大井屋になっていきたいと思うのです。ニヤリ



ちなみに大井屋は祝日や祭日に関係なく水木定休日でございます。ですからそれ以外は盆だろうが正月だろうが子供の運動会だろうが絶対やるというのを心がけています。でも、水木にしか絶対来れない人もいるでしょう?そういう人は事前に電話で相談してください。場合によっては開けられると思います。ただそういう時はもうのんびりモードですのでゆっくり喋りますし、なんならお茶でも飲みますか?という感じなのでゆっくり来てくれる方限定となります。よろしくどうぞ



ではでは今日は多分雨だからお客様少ないだろけど、奥で経理の仕事していると思います。声かけてくだっさい。ではでは〜

大井屋漆ギャラリーくるみんじょオープンのお知らせ
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079126949.html

井川メンパ大井屋から大井川めんぱ大井屋へ名称変更の話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079105560.html

大井川めんぱ大井屋の覚悟について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079043953.html

大井屋の屋号について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079129335.html

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます。川根本町千頭駅前の大井川めんぱ大井屋店主の前田です。こんにちわ!

さて今日から暦の上では冬が始まるということですが、夜は冷えるものの日中は結構晴れてれば暖かい奥大井です。山の上を見上げると山上はすでに紅葉真っ盛りで真っ赤か。特にこの千頭から奥は植林されていない広葉樹林帯がいずっと続いているのでみていて飽きないです。今週いっぱいが見所かと思います。紅葉を楽しみたい人はぜひこのタイミングで来てください!


さて石関さんがいない久しぶりの週末一人営業でしたが、やはり2階のギャラリーと1階のめんぱ店舗の行ったり来たりは一人の時は事実上不可能だと気づきました。ということでくるみんじょギャラリーの運用についてお知らせしておきます。

基本的に土日祝日はギャラリーを解放してご案内できることとします。平日は余力がある時は対応しますが、スタッフ一人でというときには申し訳ございませんがギャラリーを閉じていることとします。 平日にギャラリーでゆっくりSLも見たいぜよ!という方はよう予約ということでよろしくお願いします。予約はメールか電話でお願いします。石関さんは基本塗り担当ですので店舗にいることが多いですが、前田は木工所にいることも多いのでどうぞよろしくお願いいたします。


ギャラリーをやり始めて感じていることは、めんぱのように長く先達が培ってくれた物ではなく、自分たちのオリジナリティを出していくことは怖くもありワクワクもあるなと感じているところです。 共感をもらえるところもあるし、皆さんの求めているプライス感とかをゆっくり測りながら大井屋にしか出せないような漆の器や道具をどんどん出していきたいと思っています。

漆器といえば高級なイメージもあります。しかし井川めんぱというのは漆器の中ではとてもコストパフォーマンスを重視している日常漆器の部類にあたるので、どうやら相対的に何か新しいことにたくさんのコストをかけて出してみても高いと思われてしまいがちなところがあるのだなあという気づきもあったりしました。

そこで特に蒔絵なんていう高等技術が乗っかってくるともう皆さんの相場感とは違う物でございますから、ですからギャラリーという形式をとってみたわけです。面白いものでそうなればなるほどまた大井川めんぱが相対的に安く感じるようでこれはどっちを売るべくもなく、面白い関係性でちょうどいいなという雰囲気になってきております。

ギャラリーで楽しんでいただきたいのはその面白い時間です。買う買わないは別にしてこういうみたこともない系のもので楽しんで、SLで楽しんでください。そして振り返れば大井川めんぱがどれだけその作り込みの割には安いかということをご理解いただける良い遊戯場になりさえすればそれでいいと思うのです。石関さんも思いっきり自分らしい商品を開発して展開してくれるでしょう。期待しとります。


ということで、今日も楽しかった。また明日も大井川めんぱ頑張っていきますのでよろしくどうぞ〜

大井屋漆ギャラリーくるみんじょオープンのお知らせ
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079126949.html

井川メンパ大井屋から大井川めんぱ大井屋へ名称変更の話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079105560.html

大井川めんぱ大井屋の覚悟について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079043953.html

大井屋の屋号について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079129335.html

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ヤンバイでございます。静岡県榛原郡川根本町千頭の大井川めんぱ大井屋店主の前田です。おはようございます。

さて今朝は小雨がパラパラと散っています。肌寒くもありますのでこちらに上がってくる方は上着を一枚お忘れなきように。今日も薪ストーブに火を入れて今お店を温めております。お昼くらいにはぬくぬくになるでしょう。

とここまで書いてから接客の嵐でこれを投稿しているのがもはや夕方。時系列がおかしいですがせっかく書いたのでこのまま投稿しておきます。気にしないでください。午後はすっかり晴れて暖かいです今日。

さて今月より大井川めんぱ大井屋へと名称変更しましたが、従来の井川めんぱと何が違ってくるのか?というところですけども、今この時点で作っているものはまだ何も変わっていってはいない。ただ今後10年、20年かけて変わっていくものがあるというか、そこにこうありたいというもの。目指していきたいもの。込めたい想い。そういうものが確かにあるので、そこを少しお話ししていこうと思います。


我々が日々作っているめんぱというのは日本人が古来から自分達の生活で必要だったからそれを具現化して必要な時に必要な場所で使い続けてきたからこそ、今ここに私達の目の前に残っているわけです。歴史を紐解けば過去に生まれては消えた道具や民具、器。それこそ星の数ほどあるわけです。


ではなぜ井川メンパがこうして残っているのか?


単なる偶然だけでは説明がつかないと思うのです。どんな形にせよ残っているという事実において、恐らくそれは今皆さんにとって必要でもあり、未来でも我らの子孫が必要としているからだろうと前田は考えます。

大井屋という屋号について

では先日も言ったように、日々変容を繰り返すその工芸の有り様を眺めながらどの道が一番よろしいのかということを、個人の主観ではなくもっと時間軸と空間軸を真上から俯瞰したような感覚で見守ることが大事なようにも思うのです。



現時点で前田がめんぱの存在価値というものについて考え、大井川めんぱにお米以外で今後詰め込みたい ものを三つにまとめてみました。


一つ 機能性

一つ 精神性

一つ 霊性


まず機能性

丸型の組子を眺めてみましょう。もちろん小判形も組子になります。

0222EA76-EEAA-472C-9520-6E08525DC9AA 



























曲げわっぱとして何が一番他の器と違うところがあるかというのが一番のストロングポイント。
機能性の極地という器だと思うのです。

まずこのように複数枚の器がコンパクトに格納される収納性。持ち運びは言うに及ばず。キッチン周りの収まりが非常に良くなり、多くを見せないというのが非常に禅的な要素を持っています。
_MG_3904

















コンパクトに収まりが良い。この時点で他の食器とはすでに大きく違うと思います。
とかく飾り華美に見せたいと思ってしまうのが我々の現代的な価値観だと思うのですが、それとは対局にある思想があります。物を多く持たない。ミニマリストにも響くのがこういうめんぱの格納性だと思うのです。


IMG_4811



















めんぱ単体を見てみましょう。そして手に持ってみましょう。大井屋の大井川めんぱのその軽さを感じてみてください。そうです。機能性にはまだその重量というお弁当箱としての大事な命題があります。
めんぱで使うのはヒノキです。檜というのはそもそも柔らかい軟木です。それが長年の使用、耐久度、そういうものを考え込んで先祖は漆をかけるようになったのだと思います。

IMG_4801








































 その檜を硬木になるように、そして軽さを産み出す為に渋下地を選択したとも言えます。


めんぱの渋下地が大事な理由


元々井川めんぱというのは井川という特殊環境に則した木器だと言えます。井川から駿河に降りるにも遠州に下るのも、甲州へ登るのも信州へ上がるにもどんなに健脚であろうと数日を山の中を駆け巡っていく必要があったわけです。その際に携帯したお弁当がより美味しく、長持ちするという物を作る必要があったからこそ井川めんぱのような器が完成したとも言えるのです。


機能性の中に、収納性、軽さ、保存性。そう言ったものが全て込められてきた井川のめんぱ。大井川めんぱはその存在理由に則した物を大井川めんぱとして今後も生産したいと思っております。



一つ 精神性
こういうものを作るときに大事な心意気とでも申しましょうか?例えば井川メンパというのにそれが東京で作られているのであればそれはもはや江戸めんぱという方が正しいでしょう。すでに井川では作られなくなってしまった井川めんぱを今後どうやって取り戻していくのか?そこへの布石が我々大井屋に求められている最大のミッションでもあります。それをどうやら分かっていない人が大勢いらっしゃるようですのでちゃんと申し上げておきたいと思います。郷土を知り、歴史を知り、そこで初めてその土地を司る。めんぱとはそういう物だろうと思うのです。実際そこへいけば大井川めんぱへと歩みを変えたのもそういうことでしょう。今この時点で我々に則しているのは大井川なのです。そこを今一度見つめ直してみるべきだろうと思うのです。

_MG_8829


















邪なものは不動明王が払ってくれる。そういうことすらもめんぱには諸々が込められているべきでしょう。井川に即していくのであれば、大日如来がよろしかろうと思うのです。大日峠とはまさにその現れでしょうと思うのです。


仏教、神道、修験道。そういった精神性の発露が本来の井川メンパだろうと前田は考えております。そのメタファーを汲み上げてめんぱの阿頼耶識に忍ばせていく。賢い人ならもうお気づきでしょう。前田が目指すめんぱとはなんなのかという本質をできれば見抜いて欲しいと思っております。



一つ 霊性
精神性と繋がるようでいて、霊性はちょっと違うと思うのです。精神性と表現できるものはわかりやすく表現するなら哲学的なものなのですが、現代の我々というのはこの日本の先祖が一番大事にしてきた魂の真理の霊性という部分を全て捨て去ってきたことに令和の今その物事の不調和を産み出してしまっていると前田は考えます。

我々は霊性のことを簡単にスピリチュアルとかオカルティシズムのような言葉に置き換えてしまい、なんだか胡散臭くさせてしまうところがあると思います。前田も若い時はリアリズム全盛ですから微塵もそういう世界を感じることがありませんでした。


しかしめんぱというものに誠心誠意向き合ってチャレンジしていく過程において、どうしても自分ではというか今までお覚えた全部の価値観では説明ができないような事象や現象を体験するに至ったわけです。詳しくは言えませんが、目に見えない世界というより我々が感じている世界以外の何かというのは確実に存在しているといえます。それはもう体験した人にしか理解のしようないので、人外の感覚を現世において説明することほどナンセンスなこともありません。

山奥の環境や鋭敏に追い込まれていく手仕事のその先に、人智の未だ及ばざる世界というものと対面することというのは物質面においても、精神面においても起きてくるものだと思うのです。


_MG_3586


















なぜ我々はいまだに神社や神楽というものをやり続けていくのか?それはやはり皆が皆長く信じて来た余波がいまだに消えることがないからです。それだけ長く日本の先祖はその霊性を保つ生き方というものを目指してきた証だとも言えるだろうと思うのです。


漆の神秘性を考えてみましょう。漆という物をなぜ日本人は永らくその生活にふんだんに大事なところへと使ってきたのか?それはひとえにその未知ではあるけれど確かな力を感じていたからだということに他ならないからだと思うのです。

我々漆芸をやっていると漆と水の関係性を考えたりする物です。漆とどのような水を混ぜたらどんなことが起こるのか?これはまだあまり人に話したことはないですが、麗しとは漆とは水との大切な出会いを表していることでもあると思うのです。


人智の及ばない真理というものはこの世界に確実にあります。全てを科学的に捉えることなど不可能だと前田は思います。であるならば、自らの霊性という物をより高めてその先祖が掴もうとした本質に迫るのが大井川めんぱのあるべき未来像であろうと思うのです。


また前田が変なこと言いやがると思っていただけたのであればこれほど嬉しいこともございません。自分でも頭おかしいんじゃない?って思うこともあるしそういう理解できない体験をしてきたからこそ大井川めんぱには諸々を詰め込みたいと今思うのです。


ではこれからも前田の小難しいめんぱのお話に日々お付き合いいただきたく存じます。


大井屋漆ギャラリーくるみんじょオープンのお知らせ
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079126949.html

井川メンパ大井屋から大井川めんぱ大井屋へ名称変更の話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079105560.html

大井川めんぱ大井屋の覚悟について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079043953.html

大井屋の屋号について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079129335.html

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング



 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ヤンバイでございます。川根本町千頭大井川めんぱ大井屋の店主前田でございます。おはようございます。


今朝は少し曇天で肌寒い奥大井。こちらに上がってくる人は少し厚着をするとよろしかろうと思います。大井屋ギャラリーを含めてご来店の際はなるべく暖かくしてお迎えできるように今ストーブでお店を温めております。よろしくどうぞ


さてさて先日大井川めんぱと名称変更した大井屋。時々マニアックな人に聞かれるのは屋号として使っている大井屋のその由来についてです。

元々井川メンパというのは海野さんとか望月さんとか個人名にて司ってきたところがあります。メンパに押されている印も個人名が記載されているようにです。前田がめんぱをやり始めた時に一つ未来へ託したい想いというのがありました。この先幾年もこのような漆塗りのめんぱが世に残り、人々に愛されていく存在であり続けるには何が必要かと?

前田がこの世を去ったとしてもそれが盤石に皆様から求められる存在であり続けるには、たかだか前田個人の生死でもってその存在が揺らいでは意味がないと思ったのです。現在の千頭駅前に居を移した時にこの場所が元々、大井屋という屋号で商売を営んでいたという過去があったのです。そこに偶然にもお譲りいただき移住することができ、地域の方々からも大井屋さんといつの間にか呼ばれるようになったのもあり以前の持ち主さんにお願いして屋号の大井屋を使わせていただき今の大井川めんぱ大井屋へと繋がってきたのです。


屋号を背負ってめんぱの商売を続けていけば、皆様はいつしか大井屋という集団に仕事を任せるようになると思ったのです。今までは一人でやってきたのでその必要は当初はなかったのですが、実際このように新しい従業員を入れて衆でもって商いをさせていただくに至り、やはりその選択は間違っていなかったなと思うようになりました。


大井屋という屋号はそれだけでエネルギーに溢れているネーミングだと自分では思っています。大いなる井戸はなぜあるか?それだけ大勢の人の生きる糧を産み出すだろうからです。懇々と湧き出でるその恩寵を大井屋に集う人間に注ぎ込んで、力強い生き方を生み出していくその源泉になるであろうということです。


お客様も大事ですが、ここで働きながら大井屋としてめんぱや漆器と向き合い人生を突き抜けていける人に見えない強い力を興していくにはこの大井屋という屋号を持って他にないだろうとすら今は思います。


大井川の流れの中で大井屋という集団が何もめんぱだけを目指して生きていくミニマムな生き方を目指すのではなく、このもっと大きな流れを引き寄せて諸共に大勢の人とその力で生き抜いていくというそういうビジョンが私には見えてきているのです。そこに気づける人はすべからく大井屋へまずは足を運んでみてください。色々お話ししましょうではないですか

さてくるみんじょギャラリーの商品とサービスをさらに紹介していきましょう


大井屋的漆器ルネッサンス!!江戸末期から明治大正期にかけて日本ではとてもたくさんの漆器が生産されました。漆器のスゴいところはそれら器が時代を経ても大事にされて結構捨てられずに残っていることです。ただ近年においてはその価値が忘れられて邪魔になると破棄されてしまうことが多くなったように思います。

漆器はどんなにいたんでも塗り直して使っていけます。そしてそのくたびれたところを繕うように記憶として残った器こそがまた意味合いがあるように大井屋は思います。

漆器生産者の多くが新しいものを作ることに注力する現代は、ある意味その漆器の本質として使い続けるという系譜を置き去りにしていると大井屋の前田は考えました。そこで古く傷んだ漆器を直してリメイクとして世の中でまた日常品として使ってもらうには?コストやその思想への共感をクリアしてこそだと思ったのです。今回大井屋のギャラリーができて、ここを舞台に漆器のリメイク品を販売していくことにしました。そして共感を得てくれたお客様のうちにもし古い漆器があればお持ちください。大井屋が塗り直してこれからも日常的に使い続けていただけるサービスと考え取り組ませていただきましょう。



そのような思いからリメイク漆器は小皿からどんぶりまで2000円から6000円程度で取り揃えてみました。状態の良いものはもう少し高値となるものもありますが、概ねこのくらいの値段で本物の漆の器を使えるというのはとても魅力的だと思うのです。

石関さんの登場でこのような新しい試みが産まれてきました。やはりいろんな人の力を汲み上げて大きな糧になる。大井屋とはまさにこのような集団でありたいと前田思っております。

ぜひ今後ともよろしくどうぞ


井川メンパ大井屋から大井川めんぱ大井屋へ名称変更の話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079105560.html

大井川めんぱ大井屋の覚悟について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079043953.html

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

お酢で拭け、米櫃に入れておけは間違いだの話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079004321.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

蒔絵メンパサービスの値段
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892683.html

メンパネーム入れサービスについて
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077960438.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます。大井川めんぱ大井屋の前田です。こんにちわ〜

今日から始まった漆ギャラリーくるみんじょの品出しとか諸々の仕事を並行してやっている今日。こちらのブログにも最新情報を載っけにゃならんとまあ今日は忙しい。

くるみんじょオープンのお知らせ


さて大井屋2階の漆のギャラリーくるみんじょでは大井屋が井川めんぱの制作を行ってきた5年間のフィードバックを詰め込んだオリジナリティと刹那さと愛しさを詰め込んだ新商品をたくさんご用意させていただきました。それをぼちぼちご紹介して行っているわけです。



こちらは大井屋の箱物弁当箱。溜まり塗り2段小箱です。石関さんの手描き伝統文様が施されたものもできてきています。そしてシンプルなものももちろんあります。ゴムバンドもつけちゃうんですけどめんぱだけじゃ飽きちゃったよという人。ぜひここにこんな素敵な箱弁当がございます。見に来てね!

シンプル二段小箱 9900円税込
蒔絵仕様二段固箱 17250円税込


箱物第二段。大井屋のリメイク角めんぱ。曲げわっぱの四角い菓子器茶器に新しく蓋を作ってお弁当箱にしました。水漏れも防止するために四隅にむぎ漆と錆漆で補強しております。これを二段重ねてお正月のミニ重箱とするのもオシャレでしょうね。きっと皆さんの日々のちょっとしたハレを演出もするし、二人でお出かけお弁当箱としては容量的にも最適解だと思う大井屋

15センチ角メンパ 13200円税込
17センチ角めんぱ 15400円税込


川根本町特産品の茶箱と大井屋が出会った漆塗り茶箱が出来上がりました。
元々ある茶箱としての機能ももちろん利用していただけますし、内側のトタンにも漆を塗っているので実は大井屋では糠床箱として活用しています。漆の抗菌力によってすっぱくならない漬物ができるわけです。これはある意味コペルニクス的転回ともいえますが、やってみりゃわかる。漬物が生きている!そんな感じになるわけです。超絶おすすめです


漆塗り茶箱 
すりうるしタイプ 20000円
刷毛ぬりタイプ 25000円


タッパーおかずメンパ改め、こちらも改名しました。日の丸弁当専用めんぱ!!!

よく考えてみてください。ぱかっと開いた時の勢いでおかずが吹っ飛びます。おかずなんか入れちゃダメなんです。誰や?おかずメンパいうて売ってたんは?恥ずかしくて死にそう(笑)

そうなんです。これはご飯だけ詰め込んでしかも梅干しを板で押し込むことで完全なる日の丸べんとうとなるとても珍しい商品だと思うのです。しかも通常のめんぱの7割の値段。安い!!もういっそ将来は大井川めんぱはこれだけでもいいかも。いやよくないか。。。

大井川めんぱとしてはあまりメインコンテンツとしては生産しておりませんので、あったらラッキーという一品となります。こちらは使い方に癖があるので、通販対応は致しません。店舗にて前田の使い方講座を受けた方にお譲りできるものとなりますので、ぜひお店までおいでませ。


今週末のギャラリーですが、日曜から石関がミニ旅行に行くそうなので、親方前田のワンマンプレイです。1階のめんぱゾーンと行ったり来たり大変なんで、空気読んでみてくださいね。よろしくお願いします。


 ということで、今日はまだまだここから品出しをしていきます。

井川メンパ大井屋から大井川めんぱ大井屋へ名称変更の話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079105560.html

大井川めんぱ大井屋の覚悟について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079043953.html

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

お酢で拭け、米櫃に入れておけは間違いだの話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079004321.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

蒔絵メンパサービスの値段
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892683.html

メンパネーム入れサービスについて
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077960438.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます!奥大井の漆塗り曲げわっぱ屋さん大井川めんぱ大井屋の店主前田でございます。おはようございます。

さて今朝は結構冷え込んだ川根本町でございます。カラッと晴れていますが、ちと肌寒い日中にもなりそうですので服はちょっと着込んできてくださいね。


さて本日11月5日金曜日より大井屋2階を漆ギャラリーくるみんじょをオープンさせました


というわけでくるみんじょギャラリーで販売していく大井屋の漆器群をご紹介仕りたいと存じます。ドドドドん


大井屋の栃木溜まり塗り応量器

応量器とは元々は禅僧が托鉢した時にいただけるものの量に応じてというところからの応量器。入子椀というのは非常に機能的でかつキッチンのスペースを取らない。大井川めんぱでいうところの赤石セットに通じるものがあると思います。物が散漫にならない。ちらばらないというのは禅の思想とあい見えていてとても面白い食器だと前田は前から思っており、自分でも実は漆塗りを始めた5年前に1組己用に求めて使ってきました。その上でこれはもはやみんなに使っていただきたい逸品であると思ったのです。

めんぱというのはその軽さを求めて具現化されているのでそれはそれで存在価値がありますが、お椀という世界においてもこういう入子の物があるのは嬉しい限りですよね。ぜひ人生のお供にこういう食器を仲間入りさせていただけることを願っております。

応量器 六枚組 29800円税込


大井屋トチノキ料理皿三枚組セット


こちらもシンプルな漆塗りの料理皿が欲しくてというところがスタートになったお皿のセット。

小と中 二枚組 8250円
大 8250円

三枚セットになると、、、、なんと15300円。
スプーンは別売りなのでつきませんが、大井屋の手作り二十四節季スプーンを一緒にカレー皿として使ってみてください。もはや中東と東洋の融合かと思うのです。パスタ皿としても活用いただければと思います。こちらも皆さんの食卓を彩ること間違いなし。ぜひぜひ日々の食事を楽しでくださいね


大井屋の渾身の一撃。ヒノキと漆のシンプルプレート

めんぱを製材からやる大井屋。無節の檜の一枚板を贅沢に切り出して、シンプルな漆をぶっかけた最高なお料理映えプレートです。大井屋の檜は大井川流域産の地物を使っていますが、大井川の檜は肉厚で重厚感があります。キュッと身がしまっている感じ。それを贅沢に分厚いまま切り出してきたものというのが大事だと思っております。数年後こいつはもっと分厚く成長するかも知れませんねえ。成長の楽しみな商品です。


サークルタイプ(檜のアースプレート)
四枚組 直径26 17000円税込
四枚組 直径28 18500円税込
スクエアタイプ
三枚組 12600円
五枚組 19800円

ワインとか大好きな大井屋の前田と石関。なんかワインにバエルそういうの作るべ!というところから始まりましたシンプルプレート制作。生ハム乗っけて、ポテサラ乗っけて、ソーセージ乗っけて大ぶりに塩振りかけて胡椒落としてみたいなんしたいわ!ってことで完成しました。
ワインを片手に食卓でシンプルに食材と向き合いましょうね。もはやここは東洋のベネティア!古代ローマとの融合でございましょうか?

めんぱ道略してパ道の心得


というような感じでしばらく大井屋ギャラリー特集になりそうです。めんぱもしっかり制作進めてはおりますのでご安心ください。ただ、やりたいことが溢れてきている大井屋です。もう少しアンニュイな目線でご覧いただければ幸いです。


井川メンパ大井屋から大井川めんぱ大井屋へ名称変更の話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079105560.html

大井川めんぱ大井屋の覚悟について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079043953.html

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

お酢で拭け、米櫃に入れておけは間違いだの話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079004321.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

蒔絵メンパサービスの値段
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892683.html

メンパネーム入れサービスについて
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077960438.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます。全国へめんぱ道をパ道として広めたいで有名な川根本町千頭の大井川めんぱ大井屋でございます。おはようございます。


さてまだ今日は少し時間があるのでも一つお伝えしておきたい情報を一つ


先日といっても夏の終わりの頃のことですが、大井屋は山を降りて久能海岸の裏まった日本平に行ってきました。


自分が2016年に井川メンパ大井屋として活動を初めてすでに2017年の時点から大井屋周辺には漆の木を植え始めて色々と観察してきました。どんな虫がつくのか?どんな土壌なら育つのか?どんな気候なら育つのか?どれくらい水を欲しがっているのか?そんなのを日々眺めながらいると、漆かき職人の高橋さんと出会い漆かきも教えてもらえて、だんだん未来の大井屋の成すべき使命というのはめんぱとは別軸で動き始めてきていました。


大井屋で現在使用している漆は全て中国産です。なぜかと言えば国産漆は現在非常に高価で希少であり、日用品のめんぱには到底塗ることは難しいからです。中国産といえど近年の大陸の発展著しい現在、50年先に同じような環境でいられることなどあり得ないと思っているからです。



漆が枯渇した時がめんぱ屋を辞める時だ。とならないようにするためには今どんなアクションが必要でしょう?未来の大井屋の職人を護るには今動かなければどうにもならないことがあると思うのです。

農業が衰退著しいと聴くものの、やはり換金作物としてはかなり遅効性な漆という農作物を植えてくれる人なんているのかな?そう思っていましたが、ご縁があり今回から少しづつでも植えさせていただけるということになったのです。今回はたった三本でしたが、それでもやはり抜いて、運んで、植え替えるというだけで相当な労力になりました。

我々大井屋にはいくつかの使命があると思っております。

元々あった道をなんとか元に戻すこと。それとは別に新しい未来を切り開いていくこと。その両軸を回転させてこそより大きなエネルギーになっていくと思っております。


思うに何事においても誰かに縋っていては目指す頂には結局のところ辿り着けないのだと思います。 
漆の植栽が必要であれば、必要であろう場所に、必要なタイミングで未来において必要な分だけ確保していかなければならないのですが、大井屋には静岡の漆はまだまだ不充分に見えているのでこういうアクションを起こしていきました。裏稼業などとふざけて見せたのは、これをやっても自分たちの世代ではほとんど何も利益を産まない行為だからです。漆を植えてその漆を利用できるまでに最速でも10年近くかかるのです。

でも10年なんてあっという間というのもあります。30年は少し先ですが、その時に安心できる礎を築くために今何が必要か?大井川めんぱへと名前を変えたのも実はそういう意味を込めているのです。 

人間の認知なんてたかが知れているのです。1年で忘れ、2年でそういうものだと思い込み、3年ではすっかり飼い慣らされている。そうならない為に僕らが今できることは何か?皆さんにもお手伝いいただけるとより大きな未来が開かれていきます。大井屋2階の漆ギャラリーでは今後石関さんによる、金継ぎ、蒔絵、漆塗り教室が来年のどこかで始まります。そのオプションとして大井屋前田の漆学校がいやでもついてきます。金継ぎしに通ってたらいつの間にか漆の苗作ってたり、植えたりを手伝わされたりするでしょう。


大井屋漆ギャラリーくるみんじょ


この空間は何も商売の為だけじゃないのです。未来の静岡で活躍する漆やりたい人と出会う場所だと考えております。若い人も、仕事引退してても、トランスジェンダーでも、筋トレしすぎた人もぜひ石関の漆教室と前田の漆学校においでませ。一緒になって漆を楽しむライフスタイル築いていきましょう。


面白い未来の為に。今日も全力です。よろしくどうぞ

井川メンパ大井屋から大井川めんぱ大井屋へ名称変更の話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079105560.html

大井川めんぱ大井屋の覚悟について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079043953.html

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

お酢で拭け、米櫃に入れておけは間違いだの話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079004321.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

蒔絵メンパサービスの値段
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892683.html

メンパネーム入れサービスについて
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077960438.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます。大井川めんぱ大井屋前田です。おはようございます。

さて昨晩は久しぶりに川根温泉へドボンして参りました。職人って身体を動かす仕事ですので身近に天然温泉がある生活というのがとても大事な気がしています。そしてやっと最近気づいてきたのですが、肩甲骨の稼働と股関節の柔軟性がこういう職業には超絶大事だなあということに。

そんな温泉の中にドボンしながら考えていたのは、自分はサウナも好きなのですがサウナ好きの人たちは最近はサウナ道という言葉を産み出し、略してサ道というものをやっている人たちがおります。

正しいサウナの入り方。正しいサウナの楽しみ方。正しいサウナの有り様を求める。それがサ道。

であるならばめんぱの正しい道があっていいじゃないかと前田思うのです。

メンパ道、略してパ道はどういうものであるべきか?考えていました。




一つ。ご飯の詰め方は山盛りに盛った米を蓋で押し潰すが如くぎゅうぎゅうに。
一つ。米は熱いうちに暖かいまま入れなさい
一つ。米が整うには大ぶりな梅干しが尚のことよろし
一つ。長持ちさせたいなら開け閉めはせずに米が整うのを待つべし
一つ。お昼に食べるときはめんぱの神様に思いをはせるべし

サ道では整うと表現するのは水風呂に飛び込んでジーンとしてきて、全身の交感神経と副交感神経が緩んでリラックス状態へと導かれていくことを通称 整う と表現するようです


ですからパ道では米が漆のタンパク質分解を酵素反応で導き出して、アミノ酸、グルタミン酸が増えてタンパク質の旨味成分が上昇している。そういう状態を 整う というそうです。知らんけど


大井屋では今後めんぱ道を開いて全国にこのパ道を広く普及していこうとさえ思っております。どうぞ一緒に皆さんもめんぱ道歩みませんか?千里の道も一歩から!

ではまた明日

井川メンパ大井屋から大井川めんぱ大井屋へ名称変更の話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079105560.html

大井川めんぱ大井屋の覚悟について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079043953.html

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

お酢で拭け、米櫃に入れておけは間違いだの話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079004321.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

蒔絵メンパサービスの値段
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892683.html

メンパネーム入れサービスについて
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077960438.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます。川根本町千頭の大井川めんぱ大井屋店主の前田です。さて先ほどテレビ静岡夕方の報道番組ただいまテレビにて少し大井川めんぱ大井屋が出演させていただきました。ご覧になって大井屋を知っていただいた皆様ありがとうございました。



今月から井川メンパ大井屋から名称変更して大井川めんぱ大井屋になった我々ですが早速メディアに出れたことありがたく存じます。これを機会に静岡の山奥で漆塗りの純朴な曲げわっぱ作りをやっている大井屋と仲良くしてくださいね。


さて井川メンパの塗り直し修理について早速お問い合わせがまた来ていますので、こちらの情報を参考にしてください

2022年新年の井川メンパ塗り直し修理について


例年通り年明けにまとめて対応させていただいております。年末までに店舗へとお持ち込みくださいとアナウンスさせていただいておりますが、今回より大井屋へ郵送などにて送っていただけるように条件を少し変更させていただきました。

基本的に静岡県中部地区の方は店舗に直接修理品を持ち込んでくださいとお願い申し上げておりましたが、郵送でも構いません。しかし修理が終わり返却させていただくのは4月以降となりますので、その際には店舗まで桜見物がてらご来店いただける方に限るとさせていただきます。
中部地区以外の遠方の方は以前と同じように郵送していただければ、塗り直し修理して返却していく流れとなります。よろしくどうぞ

そして郵送する際ですが、必ずメールもしくは電話にて相談ください。拝見しても修理が必要ない場合が多いからです。メールに写真を添付できる人は痛み具合を撮影して送ってください。修理が必要かどうかご案内させていただきます。わからない人は電話でも構いません。お気軽にお問い合わせください。


ということで、日々大井川めんぱ大井屋の活動を応援していただける皆様へこれからも愛と平和な大井川めんぱをお届けするべく毎日頑張って制作しております。今後ともよろしくどうぞ

井川メンパ大井屋から大井川めんぱ大井屋へ名称変更の話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079105560.html

大井川めんぱ大井屋の覚悟について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079043953.html

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

お酢で拭け、米櫃に入れておけは間違いだの話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079004321.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

蒔絵メンパサービスの値段
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892683.html

メンパネーム入れサービスについて
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077960438.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます!OOIGAWAめんぱ大井屋の店主前田です。グッモーニン

さて本日は11月3日。なんの日かご存知でしょうか?そうです。大井屋の刈り上げ系めんぱ蒔絵師の石関華さんがめでたくも23歳となりました!!!おめでとう!!!


石関さんも大井屋に就職して早くも半年が経過しました。日々環境に慣れて地域でも大勢の人と交流を持って仲良く生活しめんぱ仕事に勤しんでおります。京都の伝統工芸大学で学んで来た知識を、少しづつめんぱ作りへてと貢献してくれ出しました。


蒔絵の技法はたくさんあるものの、今はまだ伝統文様に絞った形で日々新たなオンリーワンな商品を産み出してくれてありがとう。伝統文様にはさまざまなこめられた意味、つまりメタファーがあります



石関さんの登場で大井屋ではこの中から麻の葉文様、青海波、市松、矢絣、七宝を選び大井川めんぱに書いたり、木のお皿に書いたり、リメイク漆器に施したりしてだんだんとめんぱ以外の生活漆器を広くクリエイションし始めました。


蒔絵というと豪華なイメージがありますが伝統文様蒔絵ならば華美になりすぎず、伝統文様にこめられたそれぞれのメタファーを込めて縁起物、プレゼントのめんぱに最適だと思います。


例えば、麻の葉文様は大麻の成長の速さを子供の成長に願いを託して産着に書き込んだり、市松文様は商売繁盛で商店の内装等に書き込まれたり、矢絣は事業繁栄や初志貫徹のように突き抜けたい時の道具に書き込んだり、青海波は繰り返す波の如く穏やかな日常を表現し退職祝いなどに良いでしょう。

それぞれに込められた願いを一緒にお弁当箱を誰かにプレゼントするもよし、自らの人生の記念の場所で作るもよし。そういうことが出来る大井屋になったのは完全に石関さんの存在があったからこそです。本当にここにたどり着いてくれてありがとう。といつも前田は思っております。今後もよろしくどうぞ


さてそんな華ちゃんの誕生日に合わせて?というか何となくですがそうなりましたが、いよいよ大井屋工房2階に大井屋漆ギャラリー くるみんじょ が11月5日金曜よりオープンさせます。

なんでいきなりこのタイミング?っていうのは大井屋の親方前田から石関さんへのバースデープレゼントみたいなもんに据え変えてしまおうと思ったのです(笑) でっかいプレゼントやでえ


そうです。こちらのギャラリーくるみんじょは石関さんの蒔絵めんぱやその他の漆器全般を展開する石関ワールドになりますので、通常の大井川めんぱは今まで通り店舗1階にてご案内させていただきます。よろしくお願いします。


やはり若い女子というのはこういうのが大好きなようで、昨晩は遅くまで残業して一生懸命ディスプレイしてくれました。実は石関さんは高校生の頃は静岡の科学技術高等学校というところの建築デザイン科にいたそうで、こういう家具の配置やディスプレイをやる時にとてもセンス良く展開できる才能も持っています。あっという間にデッサンを仕上げて親方にこれはここでこんな雰囲気でいきましょうとか。もはやこの子は多分一人で生きていけるようにさえ思います。逃がさないけど(笑)




いろんな大井屋漆器がこの川根本町千頭を舞台に生まれ始めました。石関の繊細さとは真逆な前田の豪快というか大雑把な感性で、あまり見たことない民藝を産み出していきたいと思っております。


ぜひこの秋は紅葉見に奥大井へ来ました、大井屋にも寄って頂戴。お待ち申し上げております。

2022新年の井川めんぱ塗り直し修理のお知らせ


ではではまた明日!ちなみに本日夕方静岡ローカルの夕方番組に大井川めんぱとしては初メディア出演させていただきます。どうぞお楽しみに。


井川メンパ大井屋から大井川めんぱ大井屋へ名称変更の話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079105560.html

大井川めんぱ大井屋の覚悟について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079043953.html

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

お酢で拭け、米櫃に入れておけは間違いだの話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079004321.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

蒔絵メンパサービスの値段
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892683.html

メンパネーム入れサービスについて
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077960438.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます。川根本町千頭駅前にございます、大井川めんぱ大井屋店主の前田です。おはようございます。今日はたくさん寝て元気一番朝からやる気満タンな前田。早速薪ストーブに火を入れて仕事の準備に取り掛かっています。

さてそんな朝イチ。昨日の大井川めんぱ大井屋としての旗揚げに想いを馳せて、そんな初日に私が何をしていたのかをお知らせして行くのも大事なことかなと思いましたのでログに残しておきます。


大井川めんぱ大井屋へと名称変更した件について


皆さんからしたら青天の霹靂みたいな勢いでいきなり大井屋さんがめんぱの名称変更したなと思ったことでしょう。実際自分も急転直下、あれよアレよと展開していった1週間でございました。


元々考えていた構想ではあるものの、ではその名称変更をいつやるかなどはなかなか惹起してこないものなのです。数年寝かせてえ、なんてワインみたいなことを考えていたわけですが、ここに来てまあこのタイミングはおそらくはご先祖の御思し召しみたいなものかなという気持ちになったのです。


そんな名称変更を正式に起こした2021・11・1に大井屋の前田は大井川の最上流部井川へとお邪魔させていただいておりました。





現在は静岡市葵区井川地区というように静岡市の一部となっている井川。実は私の母方のルーツでもございます。



今でもてしゃまんくメンパモナカを作り続けてくれているところでもあります。これ美味しいです。井川の小河内で望月さんや西川さんたちが作ってくれています。昨日もお伺いしてみましたが売り切れてました。小河内に店舗があるので皆さんも井川まで行ったらぜひ小河内のここ



行ってみてください。おすすめは実は山羊のミルクの雑穀クッキー。濃厚な味に雑穀の純朴な滋味。井川らしいお菓子だと思います。大井屋もこれでコーヒーと一緒に休憩したりしてます。



そう、なんでこの小河内に昨日行ってきたか?というと

木地から読みとく井川メンパのルーツ


以前諸々に書き出しておりますが、まとめてみるとこの小河内に井川めんぱのルーツとなるイセソーホーさんという方を祀った祠があるのです。つまりめんぱの神様がいるんですね。


イセソーホーとひよんどり


伝承を簡単にまとめます(脳内日本昔ばなしバージョンでお聞きください)

いつの時代か定かじゃないがだいぶ昔のこと。赤石山脈の山奥の井川小河内という集落へイセソーホーなる人物が流れ着いたそうじゃあ。

イセソーホーは言うたそうじゃ、木を曲げて器にできる技術があるぞ。これで生活が楽になるぞ。その代わりわしを末代まで祀るのじゃあ。そう約束するのならこの曲がりめんぱの技をここに教えてやるぞ〜とな。

そしてこの小河内ではそれを起源にヒヨドリとかひよんどりと呼ぶ正月の神事を行うそうになったがじゃー


話を戻しますが、この小河内で起きた曲げわっぱ作りと相まって井川湖の橋を渡った対岸にある上坂本という集落がありそこに多分何らかの漆の技術があったそうでそれが合流して井川メンパになっていったんだとなんかの本に書いてありました。何かの本て、、、、


上坂本も小河内も駿河側で笹山金山系の麓なので、恐らくは元々は集落集団の同一コミュニティだったと思われます。神社の管理とか寄り合いは一緒だったような話を昔の人から聞いたことがあるんで。

修験道と井川
井川メンパってやっぱりいいもんだねえの話


そんなメンパの聖地が実は大井川最源流部の集落にいまだに鎮座していること。それを我々大井川めんぱ大井屋は無視できないのは当然なので、改名と共にそれが未来へと繋がる事を願い言祝ぎに行ってきたのです。


前田が作った日の丸弁当専用めんぱに石関が書いた青海波の模様。つまり穏やかに陽だまりの中でたゆたゆ如く、繰り返し繰り返し落ち着いた波の中で大井川めんぱがこの先幾年も我々の手元に残ることをコトホイデきたんです。


この小河内のどこかにこのめんぱは埋まっています。我々大井屋はいつかまたここに戻ってくることがあるでしょう。それがいつになるのか。それはどういうタイミングなのか。それは何においてそのような未来が訪れるのか。まずは穏やかなる波に全てを任せようと言うそんな会話をしてまいりました。


帰り道の農道で第一村人発見。お袋が子供の頃にお世話になった近所の佐野さんというじっちゃんに出会い、枝豆持ってけーといただきました。ですので今晩はこいつを肴に一杯でしょうね。


と、いうことで未来を見つめるには同時に過去を見つめ直すと言うことが諸々の本質だと前田は考えております。初仕事が枝豆取りってなかなかに面白いじゃないすか(笑)
 

ではまた明日。そうそう。明日11月3日は大井屋の刈り上げ系めんぱ蒔絵師こと、石関華さんのお誕生日です。明日で23歳になるそうです。ファンの皆さんはプレゼント速達で送ってください。
ちなみに前田は43歳です。ファンの皆さんといってもファン層は純度の高いおっさん層ですが、4月19日が誕生日なんで覚えといてください。それと明日は夕方大井川めんぱ大井屋として初めてのテレビ出演もございます。小刻みに震えて待て!!!!


井川メンパ大井屋から大井川めんぱ大井屋へ名称変更の話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079105560.html

大井川めんぱ大井屋の覚悟について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079043953.html

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

お酢で拭け、米櫃に入れておけは間違いだの話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079004321.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

蒔絵メンパサービスの値段
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892683.html

メンパネーム入れサービスについて
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077960438.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング





 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます。川根本町千頭駅前に店舗を構えてはや5年半。本日より正式に名称変更させていただきました井川メンパあらため、大井川めんぱ大井屋店主の前田佳則です。おはようございます。

さて昨晩は衆議院選挙の日でしたね。皆さんは投票に行かれましたか?結果を含め今後の未来についてどのように感じましたでしょうか? 

前田が感じたのは2年ほどのコロナという状況に世の中の価値観が大きく変わったのであれば、 結果はもっと大きく変わるはずだと考えておりました。結果はどうでしょう?諸々の価値観、社会の思潮、社会体制はどうやらほぼ何も変わらない結果になったように見えます。
ここからどんなことを感じたのか今朝は少しお話をしようかと思います。どうやらコロナで変わったと思っていた社会はそれほどというか根本的には何も変わることがなかったのだろうなということに。


日本の社会システムや価値観を広く眺めて感じてみるとよくわかると思います。平和や安全に浸りすぎてテレビやネットで流れ続けてくる表面的な情報に沈殿してしまっていて、国会でどのようなことが行われて運営されているかということをほとんど知ることがないと思います。


新聞やテレビというメディアが衰退激しいといえど、有権者の最大勢力の60代から70代の世代というのはほぼそこをずーと眺めて生活しているのです。業界の斜陽して行っている現行メディア業界ではどういうことが起きているのでしょう?スポンサーへの忖度や要望を優先した情報提供というものへ傾斜せざるを得ないのです。そういうものだという前提で見ているあの世代はどれほどいましょうか?


前田はこのようなメンパという古代から受け継いで来た器を日々作るという生活において民藝という言葉では表現しきれない程に、生きるという行為にもっと敏感になるべきだということに薄々気づいてきています。

日々何気なく人任せに生きている自分もいます。誰かが何とかしてくれる。誰かが決めてくれる。自分は自分のやりたいことをまずはやっていたいし、自分のお金がもっとどんどん増えればいいし、美味しいご飯と美味しいお酒をもっと飲み食いしたいし、ちょっとめんどくさいこととかは後回しにして我慢しておきさえすれば今日もガハハと笑ってぼんやり過ごせるね。そういう自分に気づきます。
メンパ作りをやっていると、ふとした瞬間にそのような脆弱な己が心に出入りしている瞬間を眺めるに至ることが日々ございます。


自分の心の内でさえそういう状況である以上、では今の日本社会ではどうだろう?と考えます。


全く同じようなもので、もしくはもっともっとどうやら僕らの世代は薄らぼんやりと日々を生きているのです。それがこの変化の乏しい時代を産んでしまっているのかも知れないと思うのです。




先日よりアナウンスして参りました改名の件ですが、本日2021年11月1日をもちまして正式に井川メンパ大井屋は大井川めんぱ大井屋と名称変更いたします。

ぶっちゃけ

何も今後やることは変わりませんが、名前を変えたのは何かを変えていこうというそういう気持ちの表れだと思っていただければと思います。

自分達の生業だけでなく、現状の民藝という言葉を眺めてみてもただそこに昔からある美しさの姿勢を常に正し維持して行くことがいかにして難しいことなのかがむしろ見えてきたからこそ、姿勢の崩れてしまった現状とは決別して己が道を歩むべきだと大井屋は考えてここに至りました。


私達の未来は私たちで作るんだと思うのはメンパのことだけでは無いのです。私達の社会も私たち40代前後が今舞台に上がらなければ意味がないのです。そう確信しています。


民藝を愛し民藝へと回帰していく若者の礎になるべく今の40代50代の我が業界の人々にも感じて欲しい何かを持っています。そして要はそれは我々の親世代がまさしく現在の政権を担う価値観の中心地なのだと前田は思っているので、そこへのドロップキックを一緒にぶちかましていきましょうということをかなり遠回しにラップ調でお届けしている前田がここにいるだけなのです。韻は踏んだこともないのにです。



永久に何かが変わらないという前提などあり得ないのです。諸行無常です。良くも悪くも変化するものというか変化せざるを得ないのが人間やそれを取り巻く世界の真理なのです。その真理を誤解しているとこう思うでしょう。全ての物事は変わらないものであり、変えようと考えることは間違いだと。変わらないものを変えるということを中心に置いてしまうことは間違いであります。全ては変わるもの、つまり変容して行くものだからこそ変わって行くその過程をしっかりと見極めて次に繋げられるように促せ。というようなことなのです。

伝統工芸は変わらないことが真骨頂だと思うことがまず間違いだということと同じなのです。物事は流水の如く揺れ動き常に変化の胎動の中にあるのだから、我々人間の仕事の根本はこの流れを事前に察知して良き流れだろうと信じる方向へ常に、常に次の瞬間にも気を抜くことなく誘導すべき気持ちを持つかどうか?なのだと思うのです。伝統工芸が変わらないというか変わってこなかったというのはあり得ないのです。いろんなことが常に入れ替わってきている。その真理を掴んで、かつての変化のどれが真理であり、どれが不条理だったのか?しっかり眺めて正していくその姿勢を心の中に置くかどうかで後の世の大井川めんぱが決まるのだと信じることなのです。



仏教においては常に掃き清めよと言いますし神道でもただひたすらに祓いたまえ清めたまえとも言います。何事も、揺れ動くのが真理である以上それをただひたすらに何とかしようとする姿勢を持つかどうかが人間の生きる真髄であるのだと大井川めんぱ大井屋は考えております。何が正解か不正解かなどは立場が違えば逆転するものです。もっと高みから見てどちらの流れが自然であり、大河となり大海原へ押し出して行けるのか?大井川めんぱをご利用の皆様ならばお気づきいただけると思います。


 自分の内面を全て言葉に置き換えて皆さんに伝えるのは難しいですが、この大井屋ブログから常に私を吐き出し唱えるこの姿勢を今後も眺めていただき、皆さんの人生の一助にメンパとともに大井屋そのものが寄り添えることを願っています。それがわたくしの本音でございます。


さあ、今日からまた大井川めんぱを0から育てて行くことになりましたので、どんなものが大井川めんぱなのか?ぜひ千頭までお越しください。何も変わらないように見えてなんと、なんと、なんと、、、、じゃんけんに勝つと大井屋オリジナル手ぬぐいがもらえます。そんな11月になりましたので、ぜひ会いにきてね!ではこれからどうぞ

大井川めんぱ大井屋をよろしくお願い申し上げます


井川メンパ大井屋から大井川めんぱ大井屋へ名称変更の話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079105560.html

大井川めんぱ大井屋の覚悟について
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079043953.html

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

お酢で拭け、米櫃に入れておけは間違いだの話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079004321.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

蒔絵メンパサービスの値段
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892683.html

メンパネーム入れサービスについて
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077960438.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます。大井川めんぱ大井屋店主の前田です。おはようございます。

大井川めんぱ大井屋からの名称変更挨拶

昨晩は千頭駅前の河原にて大井川鉄道さんの大花火大会が行われました。山間の花火は音が反響するのでものすごい迫力です。これはぜひ毎年やってほしい!そんな大迫力な夜に先日発表した名称変更のことをまずは集まってくれたご近所さんに報告できてよかったです。


私が千頭に移住して早くも5年半の歳月が流れました。大井屋に石関が合流してから半年。諸々の変化を起こして行く中で我々の目指すべき先というのが見えてきた気がしています。

 


自分達が大事にしたい未来のメンパを作るにはやはり乗り越えていかなければならないことが山ほどあります。その中でも名前を変えるという行為はなかなか厳しいように思えますが、いやしかし10年後20年後のメンパ職人達のことを考えれば今この決断は何ら間違いはないだろうと確信しています。

大井川めんぱ大井屋へ名称変更しましたの話

やることは今もこれからも何ら変わりません。ただひたすらに大昔から受け継いできたこの漆塗りの曲げわっぱを作り続けて皆さんの手元に届けて行くのが我々大井屋の使命なのです。


花火のように今まで背負い込んできた私どもの罪汚れは祓い、浄めて前に進むん田。というところですね。常に掃き清めよというそういうのが大事だと思っています。

今後は井川メンパとは名乗らなくても皆さんに大井屋の作る大井川めんぱがぜひ欲しい。と思わせるところまで自らを高めて邁進して参ります。

正式には2021年11月1日の明日をもって名称変更として、今後の活動を行って行きたいと思う所存です。

ですから伝統工芸とか県指定とかは一才今後も求めませんし、そういうものに縛られて生きて行くのは辞めにしました。ですから昨年度まで毎年出ていたようなデパートの催事やイベントには今後一才出展しないだろうと思います。それができるのものこのような情報発信を自ら行うことが出来る時代だし、そういう権威にしがみついて商いをする時代ではもう無いのだろうと信じているからです。


井川メンパの名前を捨て、井川を裏切ったと思う方も多いでしょう。確かにそうかもしれません。しかし、井川メンパはもう一軒あります。そちらが今後も井川メンパを作って行くことになるでしょうし、井川メンパの名前に執着している人はそちらを応援くださればそれでいいと前田は思っています。世の中から井川メンパが消えたわけでは無いわけです。そこは誤解の無いようにお考えください。

今後も井川メンパとしてやっていかれるのは

井川メンパ望月栄一

こちらの私が以前井川メンパを修行させていただいた望月栄一氏となります。よろしくどうぞ




大井屋が名前を変えたことで何か変わるのか?と問われれば実はやっていること、これからやって行くこと。何一つ変わらないのです。ですから皆さんが大井川めんぱという未来に諸々を託していただけるのであれば大井屋は今後も命を削る覚悟で この赤石山脈の山間に受け継がれてきた漆塗り曲げわっぱの民藝をこれからも生き様諸共にお見せできるだろうと思うのです。


また明日11月になればいよいよ大井川めんぱ大井屋の旗揚げとさせていただきます。


せっかくなんで何か面白いプレゼント企画でもやりたいなと思う大井屋です。とりあえず現在残っている井川メンパ表記のメンパ手拭いを捌きたいので、11月中にご来店いただいた方でジャンケンで前田に勝った人はオリジナル豆メンパ手拭いをプレゼントさせていただきます。予約、修理の依頼でこられたらぜひジャンケン勝負しませんか?とアンニュイな表情でおっしゃてくだされば、こちらもニヤリ対応いたします。よろしくどうぞ


井川メンパ大井屋から大井川めんぱ大井屋へ名称変更の話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079105560.html

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

お酢で拭け、米櫃に入れておけは間違いだの話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079004321.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

蒔絵メンパサービスの値段
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892683.html

メンパネーム入れサービスについて
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077960438.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング


 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます。井川めんぱ大井屋店主の前田です。こんにちわ。

さて本日新たな決意をしましたのでこのブログの場を借りて諸々を皆様に宣言させていただくこととしました。

本日は井川めんぱ大井屋の名称を変更させていただきたくご案内仕ります。


大井川めんぱ大井屋から名称変更の挨拶

井川めんぱ大井屋前田は2016年9月より川根本町千頭にて井川メンパの大井屋として活動してまいりました。開業当初は未熟な技術を情熱だけでカバーするような感じで、それはそれはお客様やご先祖さまに申し訳ない日々だったように思います。この当時私を大井屋を応援していただいた皆様は生涯において寄り添わさせていただきたく思っています。そういうメンパが戻って来れば見ればわかるものなので。

大井屋はその後2021年になり、従業員として新社会人の石関さんをスタッフに雇いれることが出来ました。そしてその辺りから今後の井川メンパについて深く考えるようになりました。旧来の師弟制度を辞めた以上、今後辿る道すがらは自ずと新しい道であるべきだろうと。


以前から忖度無く物申すスタイルの前田に不愉快を被った方もおられるでしょう。それについてはただただお詫び申し上げます。誰かに何かを批判されれば嫌な気持ちになるものが人間です。それについては甚だ申し訳なくお詫びを重ね重ね申し上げるつもりです。特に私が独立以前に修行した井川メンパ望月さんには心よりお詫び申し上げます。色々言っちゃってごめんね。長生きして下さい。それが私の本音でもあります。


そこから色々自分なりに考えて今後自分達はどのような漆塗りのメンパを作っていくか?作っていきたいのか?以前からブログにて漏らしているように100年先にもこの井川メンパのようなものがそれを歪めずに世にあり続けて利用され続けていくということそのこと自体を最優先に考えてみました。



私なりの結論としては『井川メンパ』という言葉に執着していても何ら道が見えず、そこに足を取られて生きていても仕方ないだろうと思ったのです。ですから今後大井屋が作る漆塗り曲げわっぱは井川メンパではなく

大井川めんぱ 

と表記を改めて活動していこうと考えるに至りました。関係者各位にはまだ連絡はこれからしていきますが、今後前田の覚悟とともに今ここに新しい道を歩む決意をさせていただきましたので広くご案内申し上げます。


己から井川メンパではなく、大井川めんぱと謳った以上今後はお客様に井川メンパですか?と聞かれましたら、いいえと答えることにします。我々は井川メンパではなく大井川めんぱをこれから作って行く大井屋ですとさせていただきます。THE OIGAWA MENPA  IS BORNでございます。


しばくはいろんな変更が必要になりますが、少しづつ対応して変えて行きたいと思っております。


井川メンパという名前は捨てました。そして新しく自分達で 大井川めんぱ というものをこの川根の千頭の大地にて産み落として行くつもりです。今一番お伝えしたいのは、名前が何であろうと大井屋の心意気に共感して共に人生を歩んでくれる弁当好きな皆さんと今後も出会い続ける為に、一番の最善を選んだつもりです。誤解して欲しく無いのは、前田が、大井屋が井川メンパを捨てたと思って欲しく無いことです。名前を捨てただけです。長年背負い込んできた、一才の執着を捨てるに及んだということです。


おいおい、ただ大がついただけやないかい!って思ったそこのあなた。愛しているがそうではない。ただの大ではないところを今後人生かけて見せて行ってやろうということです。大井川が俺を呼んでいる。そんな気がするのだよ。


心が身軽になって思うことは、自分の体重ももうちょっと身軽にしておきたいということです。誰れか簡単に痩せる方法教えて!メンパ作るよりよっぽど難しいわい。



では皆さん。今後は大井川めんぱの大井屋をどうぞよろしく。早速ブログのタイトルを変えてみました。よろしければ眺めてみて下さい。ではまた

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

お酢で拭け、米櫃に入れておけは間違いだの話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079004321.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

蒔絵メンパサービスの値段
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892683.html

メンパネーム入れサービスについて
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077960438.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます。川根本町千頭井川メンパの大井屋店主の前田です。こんにちわ。


大井川めんぱ大井屋から名称変更の挨拶

さて今日も朝晩は須く冷え込んでいる奥大井ですが、山の上の方は一気に紅葉を始めております。今週末は奥大井はとても観光客が増えるでしょう。ぜひ交通安全にお気をつけて上がって来て下さいね。レッカーで帰っていくなんてならないようにご安全に。


さて井川メンパ大井屋から少しお知らせをしておきます。

以前から大井屋の井川メンパにはテレピンシンナーなどの有機溶剤を一才使用していませんとお伝えして来ました。そしてそれは今後も変えないで行くつもりですし、そのストロングポイントは大事にしていきたいと思っています。

でもって、大井屋以外の井川メンパについてですが、私が以前から指摘していたこととは状況が変わって来たので改めてお伝えしておこうと思います。

世の中には大井屋以外にももちろん井川メンパが存在しております。そちらの方でも最近は有機溶剤は使用していないとの良い知らせが入って来ております。ですから皆様においては前田の情報発信すらも鵜呑みにせずにしっかり何がどのように作られているものかを見抜いて欲しいと思っております。


自分としては波風を立ててもメリットは微塵も無いのですが、このように言い続ければ井川メンパの底上げに向かって諸々が変わっていく。そう信じて結果そのような道が見えて来たのだと確信しています。大事なのは皆さんが健康に美味しいご飯を井川メンパでもって食べていけるそう言う道が見えるかどうかだっと前田は思っているのでなんら後悔は無いです。

ですので今後も皆さんにお願いしたいのは、メンパの匂いをまずは嗅いでみて下さい。その一つの行為があってから諸々を求めていくべきだろうと思うのです。



井川メンパが共に歩んできた大井川という河川があります。私は今この大井川の川縁に住み、井川メンパを作っておりますがそれはこれからも間違いなく大井川と共に歩むのが井川メンパだと信じているからです。 その川端を十年先、二十年先にも笑顔で歩いていけるように、諸々の物事が本来あった大河の一滴に向かって遡上していくことを願っています。


と言うことなんで、皆さんにはぜひ知りたいことは全て知って欲しいと思っている前田です。それがこの稀有な漆塗り曲げわっぱを今後も未来永劫育んでいくことそのものだと信じております。

井川メンパ大井屋から大井川めんぱ大井屋へ名称変更の話


しっかりと歩むにはしっかりとまずは己を見続けていくことでしょう。そう考えています。

よろしくどうぞ


井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

お酢で拭け、米櫃に入れておけは間違いだの話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079004321.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

蒔絵メンパサービスの値段
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892683.html

メンパネーム入れサービスについて
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077960438.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます。井川メンパ大井屋店主の前田です。今日は穏やかな秋晴れの定休日。メンパ屋はお休みですが、前田はあれやこれやと忙しい。

大井川めんぱ大井屋から名称変更のご挨拶

数日前から謎の左半身の痺れに悩まされておりましたが、今朝朝イチで川根本町のカイロプラクティックケア奥野治療院さんで施術してもらって生き返ってきた私ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?

もうね、メンパばっかりやっていると時々体が悲鳴を上げる。そんなお年頃なわけです。無理は禁物。でも全くもって生産が間に合わない。命削るつもりでやっておりますが、手が痺れて動かないとかなるとワリとこんな私でもヒクわけですね。でもご安心ください。川根には色々身体をケアしてくれるところがあります。カイロもそうですし、タイ古式マッサージがあったり針とか気功とかもあります。そのうちそういう情報もお伝えしていかなければ、、、

今回は奥野さんところでいつも面倒見てもらっている前田ですので、その情報を少し

ネットにはほとんど情報が乗ってないですけどここでやってもらってます。川根に来てメンパ買って温泉入って、ついでにカイロも受けて帰ればもはや翼の生えたエンジェル。そう、川根本町はヘブンです。なんの話やねんと。。。。


どうでもいい話はこれくらいにして大井屋秋のメディアジャック第二弾のお知らせです。


NHK BSプレミアムで明日の夜再放送がございます。四年くらい前に取材受けたものですが、秋の奥大井特集みたいな感じで再放送してくれるようです。見逃した人は土曜日の朝にもやるそうですのでぜひ見てね!


実はまだ来月もいくつかメディアジャックが予定されております。楽しみにしといて下さい。別に狙ったわけではないのですが、取材が立て続けに来たのとこういう再放送が重なっただけ(笑)そうです。ご存知のように日々ほぼなんも考えずに目の前のメンパを作るだけが俺の人生ですの前田です。そう言うことでスノで安心してご覧いただければと思います。


ではでは今週末も営業しておりますので、良かったら紅葉を眺めに奥大井へぜひ遊びに来てついでにメンパ見に来てね。在庫少ないけど。。。予約はできるんで。。。。もうそろそろ一年待ちフラグが立ちそうです。。。。覚悟はしていたのですが、、、


ではまた明日!

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

お酢で拭け、米櫃に入れておけは間違いだの話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079004321.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

蒔絵メンパサービスの値段
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892683.html

メンパネーム入れサービスについて
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077960438.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます。川根本町千頭井川メンパ大井屋本店前田でございます。おはようございます。

今朝は石関さんが冷蔵庫を貰い受けるって言うことで近所まで軽トラ回して、ご自宅まで配送をさせていただいた前田。なんと社員に優しい前田。と言うことで午前中は部分休業な大井屋となりました。午後からまた普通に営業します。


さて先日蒔絵メンパ小判型 Lセット告知しましたけども


これと同じタイプで蒔絵描いてないスタンダートタイプの小判型Lセット1組在庫出しました。欲しい人いましたらメールください。お値段は18800円税込みです。通販も出来ます。よろしくどうぞ

あと現在漆塗り枡が全て売り切れております。取り急ぎ制作してますが、もう少し時間がかかりますので欲しい人は早めに取置きの連絡をどうぞ。メンパより売れてんじゃね?っていう漆塗り枡。おすすめでございますよ。

では皆さん今日も良きメンパ日和となりますことを願っております。ではでは

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

お酢で拭け、米櫃に入れておけは間違いだの話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079004321.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

蒔絵メンパサービスの値段
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892683.html

メンパネーム入れサービスについて
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077960438.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます。井川メンパ大井屋店主の前田です。

今日はしっとり雨が降ったり止んだりな曇天奥大井からお送りしております。昨日は千頭の敬満大井神社で神楽隊として笛吹いて来ました。そのせいか左親指が謎の腱鞘炎に(笑)ちょっと思うように動かないので休み休み仕事をやっております。そろそろ事務仕事もしっかりやらないと。。。



さて今年も年末にかけて色々やらなければいけない仕事が増えて来ておりますので、冬のメンパを作っているもののどうやらまとまったメンパが在庫として出てくるのは新年になりそうです。年末まではちょこちょこと単品商品が出てくる感じです。今回もそんな感じで蒔絵で伝統文様を描いた小判形セットを1組出しました。通販対応も可能な商品です。Lサイズの方には七宝とSサイズの方は市松を描いたセットです。二組の4段使用です。お値段は32000円税込。記念の一品にどうでしょう?


ここからしばらくはちょっとづつ商品が小出しに出てくるかと思いますので、三日に一回でも大井屋ブログを眺めていただければ嬉しいです。普段出てこないような商品が出るかも?お楽しみに


井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

お酢で拭け、米櫃に入れておけは間違いだの話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079004321.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

蒔絵メンパサービスの値段
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892683.html

メンパネーム入れサービスについて
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077960438.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます。静岡県の郷土工芸品漆塗り曲げわっぱこと井川メンパを作っております川根本町千頭の井川メンパ大井屋でございます。こんにちわ。


さてコロナがだいぶ落ち着いて来たこの秋口。奥大井にはまたたくさんのお客様が戻って来ています。千頭駅前もだいぶ人出がございました。明日もこんな感じなのかな?明日は前田は千頭大井神社にて神楽奉納して参りますので日中は石関が初めて一人で接客対応いたします。どうぞお手柔らかにお願いします。困ったときは前田が神社からすっ飛んで帰ってくるつもりでは居ますのでどうぞよろしく


さて最近大井屋は相変わらずひたすら千本ノックの如く井川メンパを作り続けておりますが、なんだか面白いものを作り出しました。そうワインクーラーをメンパで作ってみようと思ったのです。


本当は特大のお櫃を作っていたんですが、ちょっとお櫃にしては容量が大きすぎてこれ、、、あまり需要が、、、ないんでは、、、、と石関先生に仰られますので思わずワインクーラーやと口走った前田。そう。メンパでいよいよワイン業界に進出しようかと言うのです。えへんえへん


現在試行錯誤してはいますが、サイズ的にもこんな感じでそのままでええやんとは思うものの、もう数サイズ試作して来春くらいにメンパワインクーラーを打ち出して行きたいと思います。おらなんかワクワクすっぞ。と言うアレです。


まあ、メンパは要は曲物なのですから曲物の特性として軽く、そして水にも耐える漆塗り。そう言うものが現代のニーズとマッチしただけですのでどうぞ期待してて下さい。ただのワインクーラーにはならないようにもう一工夫欲しいところですね。この冬は色々チャレンジが待っていそうです。


さて明日もどうぞよろしく。メンパの在庫だいぶ薄くなって来ていますが、まだ幾らかは残っております。大きすぎるのと小さすぎるのと蒔絵のメンパをどうぞよろしく

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

お酢で拭け、米櫃に入れておけは間違いだの話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079004321.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

蒔絵メンパサービスの値段
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892683.html

メンパネーム入れサービスについて
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077960438.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます。千頭の前田です。いや、千頭の井川メンパ屋です。こんにちわ。


秋すっ飛ばして冬になった奥大井です。寒いです。こっちくる時は厚着して来て下さいね


この季節ストーブが唯一の楽しみです。

ところでここ数日の大井屋クルーは木工所に詰めています。しばらくは木工所通いとなりますので店舗を不在にしていルコともあります。立て看板に前田の携帯番号が書いてありますので、見当たらない時は電話ください。

また今週日曜日ですが、前田は千頭大井神社の神楽奉納で10時から14時位の間は不在となります。石関が対応しますので、お客様が重なったら順番待ちをお願いします。店舗前に席を出しておきますのでよろしくどうぞ

ということで前田が不在で携帯も持ってないしどうしたらいいんだ?と本当に困った方は店舗周辺に伝書鳩か糸電話をご用意していますので探して見て下さいね。よろしくどうぞ

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

お酢で拭け、米櫃に入れておけは間違いだの話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079004321.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

蒔絵メンパサービスの値段
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892683.html

メンパネーム入れサービスについて
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077960438.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます。川根本町千頭の井川メンパ大井屋店主の前田です。こんにちわ。

今朝は結構グッと冷え込んだ奥大井。10度切るまでは行きませんでしたが、かなり低く感じました。夏から一気に冬が来た感じです。秋は何処行ったんや?誰か拾って持って来てください。オレ達の秋を。

ただこういう一気に気温が下がった年は紅葉が抜群に綺麗に染まっていくと聞きました。ぜひ来月11月も川根や井川に遊びにいらしてはどうでしょう?

最近の私のおすすめは接岨峡温泉です。



川根本町の温泉といえば秘境寸又峡温泉は言わずもがなですが、実はこの井川と川根の間にある接岨峡温泉もかなりの名湯だといえます。ヌルヌルな上に体にも効く!
どういうことかというと実は今回運営会社が替わり体制が変わったのですが、前田リサーチによるとかなり源泉の投入量が増えてますますいい感じなのです。以前は一体なんだったのだろうかと思うくらい違います。
接岨峡温泉は駅前の森林温泉と街道沿いの温泉会館になります。どちらも泉質ともに最高なんで川根にメンパ買いに来た人はぜひよって見て下さい。夜なら高確率で前田と混浴となりましょう。むっちり筋肉質なハゲたおっさんが居たらメンパ野郎ですよおそらく。

川根本町温泉情報



さて先日在庫として投入した丸型もSSとかM浅口とか小ぶりなものは瞬殺で売り切れて行きました。
残っているのもあとこれだけ。大ぶりな二寸メンパと小ぶりな一寸メンパ。一寸については実は今初めて情報を出しておりますが、皿メンパとレギュラーメンパのどちらにも対応できそうなシリーズとして今後出して行きます。来年度は石関が担当して出していく小ぶりなメンパになります。今回少量ですが出しましたのでぜひ店舗まで眺めに来て見て下さい。

そして二寸 LLとXLの組子セット。その名もヤンブシセット!!初めて商品化しました。
ヤンブシとは山伏。そう井川には山伏峠というところがあり、そこを超えてメンパの先祖がやってきたとの伝承があるわけです。山伏も使いそうな超弩級の大きさ。XLに至っては容量は1リットル近く入るでしょう。そのセットですので、もうお相撲さん専用のセットとも言えます。ドカ食いしたい人どうですか?

ヤンブシセット 27600円 限定2組

もちろん通販対応できる商品ですので、もっと写真みたい人は言うて下さい。インスタ等でオンライン商談できます。そう言うのも今後やりたいですよねえー


お櫃としても機能し、大ぶりなメンパとしても機能する商品です。ぜひキャンプなどの野営にご活躍いただきたい逸品です。よろしくどうぞ


井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

お酢で拭け、米櫃に入れておけは間違いだの話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079004321.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

蒔絵メンパサービスの値段
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892683.html

メンパネーム入れサービスについて
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077960438.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます。井川メンパ大井屋店主の前田です。今朝はいきなり寒くなりましたね!今年初のストーブを焚いています。薪ストーブは10度切ってからなんでまだしばらくは灯油ストーブで乗り切ります。

さてさてそういえば大井屋の2階はどうなった?と自分でも思うのですが、9月に概ね完成してましたが完全に自分達の休憩室みたいになってました(笑) というのも手すりがついてなかったんであの階段は手すりが無いとお客様大変だからね。ていうことにしましょう。

でもって相変わらず特にまだ準備してませんがこれからギャラリーをちゃんと作りたいと思うので乞うご期待しといてください。メンパの在庫も2階に移すと思いますので、展示品だけ現在の一階土間に置いておくみたいなスタイルになってくるかと思います。よろしくどうぞ



わざわざギャラリー作って何すんの?ていうところなんですが、メンパだけじゃなくて大井屋では最近いろんな漆器を作っています。というか大井屋の特性黒目漆を贅沢に塗ったとてもシンプルな椀やプレートなどがたくさんできて来ています。



漆器というとどうしても華やかな蒔絵で鳥だとか花が舞っている装飾性の強いものが古い時代には多かったと思うし、現在も似たようなものかなと思うのですが、大井屋前田が思うに漆器というのは別にあまりそういう装飾はむしろ必要なくて、シンプルな漆を塗ってそれが使い込むほどにこなれてきた時の美しさの方が断然グッとくるように思うのです。

それにそういうシンプルなものほど皆さんが手に入れやすい値段で提供もできるのです。漆器の飾らないのにそのままで美しい。という世界ほど奥深いものも他にないなあと思うのですよね。で、そういうのやろうと思って、お椀を塗ってみて、それでも自分達の足跡だけは残したいよねってことで井川のロゴっていうか井桁に三本川書いただけなんですが、そういうリメイク漆器を出して行きます。

実は古代の井川メンパはこの井桁に川のロゴが入っているものが結構あるんですよね。すごい大昔の話ですけど。


今月後半は経理とギャラリー制作に時間を割いて行きます。っていうとかないと逃げ出す前田なんで宣言しておきます。


では今日も営業しながら一日一メンパです。よろしくどうぞ


井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

お酢で拭け、米櫃に入れておけは間違いだの話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079004321.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

蒔絵メンパサービスの値段
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892683.html

メンパネーム入れサービスについて
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077960438.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やんばいでございます。井川メンパ大井屋店主の前田です。今日は奥大井シトシト雨降ってます。おはようごぜえますだああああ!!!!

大井川めんぱ大井屋へ名称変更のご挨拶

さてさて大井屋の新人石関華(就職して半年経ったので新人とも呼びづらくなって来たねえ)を引き連れて、先日井川の本村にある井川メンパ海野さんのお宅を訪問させていただきました。その時に感じたいくつかのお話を今日はのんびり語っておきたいと思います。

実は井川メンパというのはかつて一旦途絶えた経緯があるのをご存知でしょうか?

それを復活させたのがこの井川メンパ海野の創業者海野想次さんなのです。そしてそこを継いだ海野周一さんがお亡くなりになられてすでに五年半。そこには奥様とおばあちゃんがまだいらっしゃり、当時の工房をそのまま保存してくれているのです。



葵区井川の本村にビジターセンターというところがありますがその横が海野さんのご自宅です。すでにご商売はされていないので用も無いのにむやみやたらに訪問をするのは失礼ですので、興味を持たれた方はちゃんと手紙を出したりしてお伺いしたい理由がある方はコンタクトとられることをお願いいたします。

海野周一さんのお母さんは高齢ですがまだまだお元気の様子でした。時々往年のお客様がメンパの修理に持ち込んでくるときにおばあさんのお話をされます。独特の語りべでメンパを売って来たのでみなさんの記憶に残っているようですね。今回石関も半年頑張ってきて色々と井川メンパの何かしらを感じるように成長して来たように見えたのでご挨拶をさせていただいて来ました。


井川メンパ海野工房は当時のまま時が止まっていました。まるでまだそこに居るかのような息遣いすら聞こえてくるようなそんな感覚がしました。実は五年前に自分が井川メンパ望月から独立して千頭でやるようになってからすぐにこの海野工房を訪問させていただきましたが、その時はまだまだ未熟で何かを感じられる余裕は自分には無く奥様から塗り部屋にもどうぞと言われましたが、まだ周一さんが最後に塗ったメンパが室に並んでいるのを見てあまりに厳かな空気に部屋には入れなかったのを覚えています。今の自分ではここに足を踏み入れるにはあまりに不遜であると感じたのです。


ただこの5年間は自分にも諸々の成長があったのでしょう。感じる何かが格段に違って来たのを感じました。道具を見て、残された曲木を見て、作業台を見て、そこに残っている諸々の事象を眺めているとまるで会話をしているような錯覚に陥りそうになりました。
自分が思っていた孤独とか、井川メンパはそうあるべきだろうと言うイデオロギーの残滓。そう言うものが残されたものから実は読み取れるというか感じ取れるようになったのがわかりました。ああ、なるほど。海野さんが見ていた景色と未来はこういう感じなんだと。

ですから私は思うのですが、この工房がここにそのままの姿で今後もあり続けていただけることが石関含め未来の井川メンパ職人とか静岡の民芸をやる人間の1番の勉強になることを確信しました。今すぐに何かアクションできることは少ないですが、海野さんの残した工房をできるだけ長く維持していただきたいと須く立場のある人間は動くべきだと思うのです。例えば井川や静岡において政治力のある人間だとかがです。まあ、それは置いといて。



自分が感じたのは職人とはその手仕事の積み重ねの修練は、このような物から感じる能力を磨いていくというに似たようなものだろうと思うのです。言葉を超えた意識の共有とでも申しましょうか。

作業を覚えて、見たように動いて、考えることを忘れるほどに修練した時に産まれ出るものがあるでしょう。さらにはそこから先は、このように先人の残した躯体からそれらの思考を読み取る感性を磨くに至ればより早く前に歩めるように思うのです。ただ無闇に暗闇を歩けば人はいつか命を落とすでしょう。光明が僅かでも遠くに射してさえいれば、それを目指してなんとか歩き行けるものだと思うのです。その光明とはタイトルにあるように実は過去を眺める事だろうと前田は思っています。


先日ピーコさんとテレビで対談したのですが自分の口から思わず出て来た言葉がありました。 僕の師匠はこう言うメンパという存在を考え抜いてある意味完成した形に持っていきそれを原初に発想して具現化した人であり、それらを司ってきたその後の多くの先達全てであると。自分で言っておいて、まあまあかっけえこというようになったな俺って思いました(笑)


そうなんです。こういうネットを駆使できるようになった時代なのですから師弟制度、門閥制度から抜け出してどんどんと若い人はチャレンジして欲しいです。で、その時に大事なのは今言ったような感覚です。師を得るには深く過去を眺めよという事です。必ずヒントがある。そしてそこから得たものを未来へ投げ返していく。数十年先、数百年先のその人に投げ返す。未来への話なのに投げ返す?と思った人はまだまだ硬いです。未来だからこそ投げられるのです。我々の先達の中の突き抜けた感性人はおそらくそういう意識でいたと確信しています。


 ここで大事にして欲しいのは、己が為にと生きている人間は未来へ投げかけることなど最初からできないのです。自分の足元に、自分の為にしか投げれないのです。でもそれもその人の人生でしょう。ただ出来得るならばそういう境地に自らを向かわせて、己が生き様を未来へ投げかけるそういう井川メンパ大井屋的な生き方を一緒に誰かしませんか?という言葉を私も未来に向けて投げる良い機会になりました。

海野さんの奥さんにはお時間割いていただいてありがとうございました。



 久しぶりにおかずメンパとかタッパーメンパとか勝手に言ってますが、蓋付きの井川メンパをまとめて制作し在庫として店舗に出しました。実はこれ、お弁当箱としてもいいですけども、むしろ味噌入れなんかに使うのがベストだと前田は思います。昔の人もそういう風に使ってたんだと思います。味噌入れるとなんだかものすごくそれっぽいです。


ということで、このタッパーメンパも前田が井川メンパの過去を眺めていたからこそ復活させれたものだと思います。ぜひ民藝を目指すみなさんに於いては、過去からの暁光を感じる力を目指して欲しいと思ったりしました。今日は比較的真面目な前田くんでした。


ではお店ものんびりやっております。ご来店お待ち申し上げております。よろしくどうぞ

井川メンパを購入する前に知っておきたい10のこと
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076721216.html

お酢で拭け、米櫃に入れておけは間違いだの話
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079004321.html

伝承は本当だったメンパ飯の美味しい食べ方
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1079034901.html

メンパ修理の持ち込み先(島田市と静岡市)
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078909057.html

メンパやまげわっぱの修理
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077028710.html

井川メンパ大井屋価格表
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892706.html

蒔絵メンパサービスの値段
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078892683.html

メンパネーム入れサービスについて
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077960438.html

井川メンパの通販 
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1076988181.html

井川メンパのお手入れの仕方
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077332205.html

大井屋までの道順
http://ikawamenpa.blog.jp/archives/1077358319.html

井川メンパ大井屋の提携店
https://ikawamenpa.blog.jp/archives/1078329902.html

Twitterアカウント maedapassion
インスタアカウント 01234chandesu
Facebookアカウント https://www.facebook.com/maedapassion

日々情報発信しております。どうぞお気軽にフォローしてください諸々のお問い合せは井川メンパ大井屋まで

静岡県榛原郡川根本町千頭1225-8
050-5894-2806
maedapassion@gmail.com

営業時間 9;00-17;00
定休日 水曜 木曜

井川メンパの塗り直しは1月にまとめて行っております。塗り直し代金はSサイズ3千円から。静岡県中部の方は店舗までお持ち込みください。

ただし大井屋で販売した大井屋印の井川メンパは年中いつでも修理対応いたします。また全国どこからでも郵送にて送ってください。優先して対応しております。

メンパは塗り直しだけではなくリメイクしてタッパー型のおかずメンパにすることができます。お弁当として引退したメンパはタッパーメンパにリメイクしてぜひご家庭にて使い続けてください。

ネーム入れのサービスも開始しました。詳しくは大井屋ブログを参照ください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り民芸品へ
にほんブログ村


工芸ランキング 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック